ノコノコ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ノコノコ」の項目を執筆しています。

ノコノコとは、史上最強のカメである。

どのくらい最強かというと、色々と凄いことで有名な某配管工が触れただけで即死するくらい強い。 ちなみに原種はある下水道に生息している「シェルクリーパー」と言われている。たぶん。

ノコノコ.gif生態ノコノコ.gif[編集]

キノコ王国の1-1地区に始まり、王国全般に生息する。

天敵はクッパと配管工である。

穴に飛び込み自殺することが確認されており、レミングというねずみと同じように、種の個体数を一定に保つための行動と考えられていたが、近年の研究により、穴の存在を認知できていないだけであることが発覚した。また、甲羅を赤にしたものは他のノコノコよりは賢く、穴があったら引き返すことが確認された。またノコノコも進化するようで、近年では穴に落ちて死亡するケースは稀有になっている。

普通の亀とは異なり、甲羅と中の人が分離可能で、甲羅と合体状態にあるノコノコを攻撃しただけでは退治できない。

黄色い甲羅に中の人(ハダカガメ)が合体すると凶悪形態のノコノコとなり、虹色に輝いて暴走する。こうなってしまうと最早成す術が無い。

よく、配管工に無限1UPに利用される。どれだけ踏まれようがどれだけ壁にぶつかろうが生きている。(無限1UPの後、止めれば確認できる。)本当に生き物なのか・・・。

Nokonoko.gif亜種ノコノコ.gif[編集]

甲羅にトゲを生やしたトゲゾーや、洞窟に特化したメット。さらにはそれにトゲを生やしたトゲメットや空を飛ぶパタパタ、踏むと爆発するノコボンもいる。コウラを蹴り続けるコウラシューターや、姿を消すことができるノコレオン、ひっくり返ると逆に強くなってしまうウラノコ………などなど、亜種は多数存在する。中でも、トゲパタメットは手の付けようがない。 甲羅にトゲを生やすのは、主に踏みつけるしか攻撃手段のないヒゲ男に対抗するための進化で、キノコ王国特有の進化であるといえる。

また、性懲りもないカメ大王の下で派遣業もしているようで、鎧等で武装したトゲノコも確認されている。そして、なぜか鎧で武装しただけで突然強くなる習性も確認されている。 が、しかし、時にはマリオの味方でもあり、銀行家でもあり、レーサーでもあったり、マリオに助けや悩み事の解決を求めるだけの役になったりする。 多忙な割に実収入が少ない不憫な奴である。

Nokonoko.gif主な利用法Nokonoko.gif[編集]

イタリア人兄弟によって踏まれたり甲羅を当てられたりファイヤーボールで焼かれたノコノコは、画面下に転げ落ちるようにして回収され、死体を洗浄、調理された後、缶詰にされて日本に輸出されている。リサイクルというわけではない。

これを日本ではすっぽんといい、まれに生の状態で輸出されることもある。 すっぽんがやけに人間に噛み付くのは、ノコノコの最後の抵抗である。

ノコノコ.gifエクストリームスポーツへの参戦ノコノコ.gif[編集]

ノコノコは、エクストリームスポーツであるマリオカートに参加している。たまに、自分の甲羅を敵にぶつけ、自分を犠牲にしてまで他のレーサーに嫌がらせをしていることがある。また、この甲羅は他のレーサーも普通に投げていることから、レース前にサインのように他のレーサーに配ってると思われる。

関連項目[編集]

Mario.png マリオ土管に入れません。
とりあえず早く入れるためにパックンフラワーを倒すか穴をあけてください。
できるだけ早くお願いします。 (Portal:スタブ)
Clay pipe.jpg