ノンアルコールスピリタス

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「ノンアルコールスピリタス」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。
(参考画像)アルコールを含む一般的なスピリタス

ノンアルコールスピリタスとは、ポーランドの蒸留酒であるスピリタスをベースにしたノンアルコール飲料として実現が期待されている概念のこと。

概要[編集]

近年の日本では、飲用しても運転が可能であるノンアルコールのカクテルビールが酒造会社各社により開発され、スーパーや酒屋などで販売されていた。そこに目をつけて、電球の交換技術などの様々なユニークなテクノロジーで知られるポーランド人の業者が提案したのがこの「ノンアルコールスピリタス」である。元来スピリタスはそのアルコール度数の高さ故に飲んでいる際には火気厳禁であるなど、非常に危険な飲み物(あるいは消毒液)であったため、業者は安全なスピリタスとしてのノンアルコールスピリタスの実現に期待の眼差しを向けることになる。

理論と探索[編集]

こうして概念として提示されたノンアルコールスピリタスであるが、スピリタスはいうなれば純粋なエチルアルコールと同義であるため、ノンアルコールスピリタスを実現するためにはスピリタスの瓶の中に完璧な真空を実現しなければならない。しかし現代の宇宙論によれば、この宇宙の中のあらゆる空間は素粒子で満たされていて、完全な「真空」というものを作ることはできない。つまりノンアルコールスピリタスという「もの」が「存在」したとしても、それは我々の宇宙とは別の時空にある何かで無くてはならない。また、ノンアルコールスピリタスはビッグバン以前に「存在」した「無」に近いものではないか、とする研究者もいる。その場合には、ノンアルコールスピリタスの中には、時間空間といった概念さえも存在しないと思われる。

このような飲料が理論的に存在するのかは、N極あるいはS極のどちらかしか持たない磁石であるモノポールの存在と並んで、現代物理学における大きな謎の一つであり、ポーランド出身の火星人として有名なフォン・ノイマンもノンアルコールスピリタスの存在について、一時期研究をしていたとされる。また2011年に欧州原子核研究機構(CERN)は、加速器を用いてエチルアルコールを光速の99.9%の速度で衝突させたところ、ノンアルコールスピリタスの存在に関する兆候が見られた、とする論文を発表したが、これに関しても異論は多く、未だに統一した見解は得られていない。

哲学[編集]

画家によるノンアルコールスピリタスの想像図

ノンアルコールスピリタスに関しては、古来から多くの哲学者たちの頭も悩ませてきた。ノンアルコールスピリタスの存在は、「世界はもので満たされている」とするアリストテレス的な西洋哲学の空間論に真っ向から反しているため、その存在に対する疑問が数多くの哲学者から提出されている。中世ヨーロッパでは、ノンアルコールスピリタスの開発に成功したと主張した酒造業者が、「そんなものが存在するはずがない」として異端審問にかけられた例もある。東洋哲学的な視点から見れば、飲み物とされているのにもかかわらず、液体として存在しているわけではないノンアルコールスピリタスは、老子の思想における、何もない空間が意味を成すという「無用之用」の一つの例ではないか、とする思想家もいる。

関連項目[編集]