ハイエナ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索

ハイエナとは、地球上で最も無駄のないエコロジスト。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「ハイエナ」の項目を執筆しています。

目次

[編集] 概要

外見はに似ていて、生活スタイルも狩りの方法も犬のインスパイア。これでは著作権侵害でイヌ科に訴えられてしまうと判断したハイエナは、首を下げて歩き、笑い声のような鳴き声を発し、毛皮の質も変化させてこの危機を乗り越えた。しかし、それに納得いかない犬に睨まれながら苦しい生活を送る事になり、そこで独自の文化を生み出した。その文化とは、「獲物は神様からの贈り物。感謝と責任を忘れずに骨まで食べ尽くせ」という掟である。オオカミライオンも、獲物の肉や内臓は食べても骨は残してしまう。こうして残った骨は野晒しにしようが土に埋めようがなかなか分解されず、いつまでも残って自然界のエネルギー循環からはみ出てしまう存在なのだ。その骨を食料とする事で、食糧難からの脱出と環境保護を両立したハイエナは、今日もどこかで骨を齧っている。

[編集] 誤解

ハイエナほど誤解を受けている動物はいないだろう。地球に優しいだけでなく狩りも上手いのに、人間からは

  1. 「外見が不潔で骨まで食べる残虐性と賎しさを持った外道」
  2. 「狩りが下手でライオンの獲物を横取りしないと生活できないヘタレ

といった悪評を受けている。1.については概要で説明した通り、2.もライオンとハイエナではハイエナの方が狩りの成功率が高い事を示す信用できるデータがあるので、どちらも噂も全くの嘘である。きっと人間がハイエナに劣る事に気付きながらも、それを認めたくなかった誰かが流したのだろう。ハイエナの研究者やある程度の理解を示している人は例外なくハイエナに敬意を持っている。当然の事だ。

[編集] 女王と下僕

ハイエナの群れは1頭の雌と複数の雄から出来ている。たった1頭の雌はリーダーとして君臨し、雄も大人しくそれに従う。 繁殖期になるとお互いの性癖が覚醒し、女王様と下僕の関係に成り変わる。下僕は女王の前で何度も土下座して懇願するがなかなか受け入れられず、次の下僕、そのまた次の下僕が同じ事を繰り返してやっとアーン♥♥にこぎ付けるのだ。

[編集] 関連項目

個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語