忠犬ハチ公

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ハチ公から転送)
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「忠犬ハチ公」の項目を執筆しています。
Quqpacmanlogo3.png
忠犬ハチ公が放った発言は、後世の物好きのために、有志たちによって「Unquotable/キャラクター」へ収録されています。
愚犬ハチ公
ストーブ犬ハチ公

忠犬ハチ公(ちゅうけんはちこう、1923年11月10日(12月16日説もある) - 1935年3月8日)とは、秋田県大館市出身の秋田犬。「条件付け」されたために、飼い主が亡くなった後も渋谷駅前で帰りを待ち続けた。死後、犬の姿を借りた神として渋谷に降臨。渋谷周辺の乱れた風俗を是正すべく、数々の天誅を下す。名の「ハチ」とは「恥」に由来する。

経歴[編集]

1923年11月10日、秋田県大館市大子内の斉藤義一宅で生まれる。父は大子内号、母は胡麻号。
1924年1月14日、東京大学教授、上野英三郎宅で「条件付け」の実験対象とされる。
1925年5月21日、上野英三郎が大学で急逝。いくら待っても帰って来ない主人のことを思ってか、ハチは3日間何も食べなかった。
1925年5月25日、上野の通夜が行われる。「条件付け」されたハチは上野を渋谷駅まで迎えに行った。
1934年4月、渋谷駅前にハチ公像が建立される(作:安藤照)。除幕式には300人もの著名人が参加した。
1935年3月8日午前6時過ぎ、ハチは普段行かない駅の反対側の稲荷橋近くにある、滝沢酒店北側路地入り口で死去。享年13。ハチの告別式は渋谷駅で盛大に行われ、八重や小林夫妻、駅や町内の人々が参列し、妙祐寺から僧侶が来てお経が読まれた。 ハチは初めの飼い主の上野と同じ青山霊園に葬られ、亡骸は本田晋により剥製とされた。お肉は韓国人がおいしくいただきました。
1980年頃、降臨。

関連項目[編集]

この項目「忠犬ハチ公」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)