ハニートラップ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ハニートラップ」の項目を執筆しています。

ハニートラップとは蜂蜜がねばねばするのを利用することによって相手の動きを鈍くする罠である。また場合によっては相手が蜂蜜に夢中になったときに相手を殺害することもある。

歴史[編集]

ハニートラップはの時代からあった。

ハニートラップはが蜂の巣に侵入した外敵を排除するために作られたトラップであるため、蜂が存在した時代からある。つまり、少なくとも人類の歴史より長い。今では蜂だけでなく人間も使用している。

蜂による方法[編集]

  1. 蜂蜜を作る…どう作るかはウィキペディアを参照。
  2. 塗る場所を決める…なるべく相手が嫌がる場所を選ぶ。
  3. 蜂蜜を塗る…蜂蜜をけちったらあまり効果がないので十分な量を塗る。

文章にすれば簡単に見えるが、蜂蜜を作る時点でかなりの労力がいる上、うまいこと蜂蜜を塗るのはかなりの重労働でかつ大多数の蜂が必要なため大変である。

派生[編集]

即死トラップ[編集]

蜂蜜によってはトリカブトのような有毒なものもある。こういう蜂蜜は人間にも多大なダメージを与えるため、小動物などにとっては致命的であることは間違いないと思われる。ただしこのトラップが仕掛けられる地域はかなり限定される上、その地域に生息する生物は大抵毒耐性、即死耐性を持っているため実はあまり効果がない。

納豆[編集]

ハニートラップは蜂蜜でなくてもべとべとしたものなら代用可能なため、納豆を使ったものもある。また納豆は蜂蜜と違って匂いで相手の戦意を喪失させることができるというメリットも持つ。主に茨城県でよく使われていた。

[編集]

人間相手には上記のものでは体格的に考えて量がものすごい必要なためコストがかかり、かなり非効率なものであった。そこで発想を変えて女による粘り強い誘惑を仕掛けたところ、大成功した。この方法は相手を撤退させたり殺害するだけでなく相手を脅し逆に操ることもできる。

欠点[編集]

壁を登るのに見事に利用されてしまった。このように塗る場所を失敗した場合、相手を助けることになってしまう。

ハニートラップは知能的な罠であるため、使用者が馬鹿だった場合には効果がないどころか逆効果となる。また、そもそも空中浮遊できる敵や蜂蜜の効果がない敵には無駄な作業としかいえなくなる。ほかにもこのトラップに使った蜂蜜は別の用途では使えなくなる可能性が高いため、せっかく作った蜂蜜がもったいないという状態にも陥ることになる。また、大型の敵相手は蜂の巣自体を潰す戦法をとるため蜂自身の戦闘力およびチームワークを強化したほうがよいという声も多い。

また、人間が女を使ってのハニートラップも相手がホモだったり異性にまったくもてないが故に完全に警戒する人だったらまったく効果がない。素直に金を積んだほうがよい上、金でだめな相手はこんな罠にかかる可能性はかなり低い。

関連項目[編集]