ハレ晴レユカイ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

ハレ晴レユカイ(はれはれゆかい、Sunny Sunny Happy)とは、SOS団が製作したポピュラーダンスミュージックである。日本国の国歌にしようという運動があったという噂もある。

歌詞は和やかで日本的なものとなっており、旋律も高尚なクラシックを思い起こさせる、上品な仕上がりの曲。実際は究極の電波ソング

オーディオヲタの間からも「マスタリング下手杉」「ランティス氏ねや」「曲は良いのに」と大・絶・賛を受けている。アキバ系アイドルグループ(笑)AKB48(爆笑)の歌謡映画(失笑)にも使われる気がした。

構想数分、制作五分未満の超低予算ながら10万枚を売り上げゴールドディスクをガチで獲得。マジかよ。売り上げは当然SOS団の活動費に当てられている。団員(主に団長)の小遣いになっているかもしれない。

恋のミクル伝説冒険でしょでしょ?と共に2006年度の日本の音楽界を席巻した。

鎌倉時代にはこの曲は既に存在し、町中で踊られていたという
その人気は超大型ネットワークようつべにて世界中に広がっている。日本の国歌とする動きも麻生太郎を中心に起きている。

また、逆再生してみると、眠い眠いと連呼される。日本ブレイク工業社歌の逆再生「日本冷え冷え工業」以来の画期的発見。つか、そんなにねむいんなら歌っとらんで寝てろ!

岩手県知事もよく聴いています

テーマソング[編集]

2007年伝説的大男軍フランケン投手が、の策略によりこの曲を登場テーマソングにしようとしたが、大人の事情により球団側に却下された。一説によるとキャラ名義だった為、権利関係が複雑なので採用されなかったらしいけどどうでもいいや。

もし採用されていれば、フランケン投手は2007年の終盤戦において毎試合のように登板しており、この曲がほぼ毎試合からくりドームに流れるという素敵な事態になっていたことであろう。

ハレ晴レダンス[編集]

涼宮ハルヒ朝比奈みくる長門有希キョン古泉一樹のフォーメーション。本編DVDの第7巻にテレビ版EDを全てダンスシーンにしたスペシャルバージョンが収録された。さすが京都アニメーション。寸分の狂いもなくダンスしている。

まだフルサイズのヴァージョンをリリースしないあたり、サ・ス・ガのビジネススタイルである。追加されたシーンにも、そこら中に萌え要素がちりばめられており、見るものを飽きさせない作り。画角が手ブレのごとくゆれたり、微妙にフォーカスが調整されているなど、かゆいところに手が届きすぎて血が出そうである。しかし、何度見ても、右上の古泉一樹に目がいってしまう、このクオリティは本当に素晴らしいとしか言いようがない。

早速「ニコニコ動画」にて吊るしにあった同ダンスシーンだが、朝比奈みくるの下記歌詞の部分では、お約束のようにアスキーアートの「 ⊂二二二( ^ω^)二⊃」が大量に投稿されていた。一見の価値ありである。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ハレ晴レユカイ」の項目を執筆しています。

外部リンク[編集]

Haruhi.jpg この項目「ハレ晴レユカイ」は団長に関連した書きかけ項目よ!パソコンの前に座っているSOS団員諸君!早々とこの記事に加筆しちゃいなさい。わかったわね!以上! (Portal:スタブ)