ハローキティ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

ハローキティ(1974年11月1日 - )は、イギリスロンドン生まれを自称する、を擬人化した小さな女の子である。スッゴイふわふわでカワイイの。

基本データ[編集]

  • ロンドン生まれにもかかわらず、日本着物を上手に着こなすことなどから、実は日本を擬人化した小さな女の子ではないかという噂がささやかれている。
  • 身長がリンゴ5コ分なのに対して体重は僅かリンゴ3コ分と非常に軽く、水にも浮きそうではあるが吸水性が高いため水に浸かってしばらくすると無惨にも水中へと沈んでいく。
  • 日本のアニメーションおねがいマイメロディの大ファンであり、毎週欠かさず見ている。
  • を擬人化した小さな女の子であるので、好物がウォルトのネズミであるというのは根も葉もない噂と思われる。
  • 「チャーミー」という名の猫を飼育しているが、キティちゃんはを擬人化した小さな女の子であるので、奴隷制度を表しているというのはまったくの言いがかりである。
  • また、常軌を逸するほどハローキティを好む男性のことを“キティ・ガイ”と呼ぶことがある。
  • 1977年に「あの子はキティ」で歌手デビューしている。

タイ王国[編集]

タイ王国ではキティのマークを身につけることは最大の恥辱とされ、警察が規則違反者にハローキティをあしらった目立つ腕章の着用をさせるハローキティの罰が制度化されている。 こため、タイではキティマークを身につけている者は刑罰を受けている犯罪者であると見なされるため一般人はだれも使わない。

NHK紅白歌合戦出場歴[編集]

ハローキティはNHK紅白歌合戦1997年に初出場。以後「擬人化枠」を利用して2007年現在11年連続で出場している。1999年と2000年にはトリ出場。しかし、ハローキティが紅白歌合戦の一つしかない擬人化枠を独占していることには批判も多い。実際、1998年以後ニャース井上トロマリーはっちゃん駅長たまニャンコ先生猫ひろしなど新たに人気が出た猫のようなものが次々と登場しているにもかかわらず、ハローキティが猫擬人化枠を独占しているため紅白に出場できないという問題がある。

年度/放送回 曲目 出演順
1997年(平成9年)/第48回 1 ハローキティ(1) 21/25
1998年(平成10年)/第49回 2 あの子はキティ 24/25 トリ前(1)
1999年(平成11年)/第50回 3 ママにおてつだい 27/27 トリ(1)
2000年(平成12年)/第51回 4 ロンドンわたしの街 28/28 トリ(2)
2001年(平成13年)/第52回 5 キティとミミィのハッピーバースディ 26/27 トリ前(2)
2002年(平成14年)/第53回 6 恋しチャイナタウン[k 1] 21/27
2003年(平成15年)/第54回 7 ハローキティ(2) 23/30
2004年(平成16年)/第55回 8 ときめきの朝 27/28 トリ前(3)
2005年(平成17年)/第56回 9 みんなでパラパ!! 22/29
2006年(平成18年)/第57回 10 すてきなおひるね 26/27 トリ前(4)
2007年(平成18年)/第58回 11 ハローキティ(3) 21/28
  1. ^ ダニエルとデュエット

Photo[編集]

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ハローキティ」の項目を執筆しています。
Quqpacmanlogo3.png
ハローキティが放った発言は、後世の物好きのために、有志たちによって「Unquotable/キャラクター」へ収録されています。
この項目「ハローキティ」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)