ハワード・フィリップス・ラヴクラフト

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索
「センスに問題があるだろwwww」
ラヴクラフトの愛読者 について、風間賢二
ラブヤン.jpg

ハワード・フィリップス・ラヴクラフト(Howard Phillips Lovecraft、1890年8月20日 - 1937年3月15日)は、現代アメリカを代表する詩人の一人。その作品は格調高い文章と深遠で寓意に満ちた内容で定評がある。世界中にコアな読者がおり、死後には日本においても全集が刊行された。愛猫家という一面もあったが魚介類は苦手としていた。東洋文明にも一定の理解を示しており、三味線を愛用していたという噂があるが真偽は定かではない。無数の幻想的な作品を数多く残した。

目次

[編集] ラヴクラフトの創作傾向

一般にラヴクラフトの作品は「幻想的恐怖」「科学的思考」「晦渋・重厚な文体」で知られている。英国のダンセイニ卿の影響が多々指摘されるところだが、ロマン主義文学の最終形態というのが本当のところだろう。彼の荘厳な文章は文学史上の大詩人達の作品と比較してもまったく引けを取るところがない。しかし昨今では「ゆとり教育(愚民化政策)」の影響か、浅い次元での理解しかされないことが多い。

[編集] 寓話としての解釈

ラヴクラフトはその幻想的な作風のイメージに反し、実生活では徹底したリアリストだった。要するに作中で描く妖怪だのといったものは全く信用していなかった。ではなぜそんな作品を書き続けたのか? そのヒントは彼が生きた時代にある。ちょうど大恐慌と世界大戦の時代である。そういった歴史的な「脅威」を怪物として寓意していると解釈する向きもある。たとえば似たような例としてフランスの作家カミュが書いた『ペスト』という長編小説が挙げられる。題名の通り「町を襲う疫病」という暗喩で大戦中のファシズムの脅威が寓意されている大作である。もっともラヴクラフトの場合は「寓話」ばかり書き続けたことが特殊と言えば特殊かもしれない。

[編集] 人物の歴史的研究:ラヴクラフト諜報部員説

隠者さながらの生活を送っていたために、その執筆の経過は長く闇に包まれていた。しかし作者の死後、時間が経つにつれて幾つもの不可解な事実が明るみに出てきた。そういった事情でその作品もまた、歴史的な面からの研究成果を加味して再度考察される必要性が増してきている。識者たちの間では盛んに議論がなされ、どうやら最近では恐るべき真相に近づいてきたかに見える。ここ数年ほど仄めかされている「ラヴクラフトは実は軍と繋がりがあったのではないか」という説が典型である。それに照らせば前述した「隠者さながらの生活を送っていた」という定説さえ怪しくなってくる。新説が正しければ他人に機密を漏らさないための表向きの姿であった可能性が高い。そもそも「アメリカンドリーム」の言葉に示されるとおり、アメリカは上昇志向の強い国柄である。ラヴクラフトのような優秀な頭脳を持った人間があえて世をすねるというあたりに既に矛盾があると指摘できよう(彼の知能の高さは作品を読んだことのある人間ならば自明である)。彼は実は軍の特殊な諜報部員だったのではないだろうか。もしそうだとすれば、おおっぴらに世に語ることができない体験を彼は寓意を借りて表現していたのではないだろうか。以下で、具体的な作品を挙げながら考察することにしよう(記憶がやや曖昧なのだが)。

[編集] 作品タイプ

[編集] 『神殿』に見る観照的哲学、ラヴクラフトのテオリア

『神殿』という掌編がある。潜水艦が沈没し、仲間はみんな気が触れて死んでしまう。しかし主人公は恐怖と戦いながら正気を保って周囲の観察を続ける。そして最後に海底で「怪しい光」を見出して、臆することなく正体の確認に赴くのである。この物語は「脅威に向き合った人間の不動心観照的態度を示している」として早い段階から研究者達の注目を集めてきた。しかし近年の説を鑑みれば、この主人公の姿は諜報部の潜入捜査官のようでもある。もしラヴクラフトがヨーロッパへの潜入調査のための移動で潜水艦を頻繁に用いていたとしたならば、この「潜水艦の物語」の中で自分自身の信念や哲学を吐露してもおかしくはない。

[編集] 『クトゥルーの呼び声』や『レッドフックの恐怖』は潜入工作体験か?

ラヴクラフトの作品で最も多い類型は「旅行者や探検家が得体の知れない脅威と遭遇する」というものだ。しかしこれは本当に偶然なのだろうか? 本当は自分自身の潜入捜査の実体験をホラー仕立てで脚色したのではないのか? 特に『レッドフックの恐怖』などは「調査」というテーマ性がある。テレビゲームの「バイオハザード」シリーズが戦後にようやく表に出てきた戦前から戦時中の極秘資料をネタにしているのは有名な都市伝説だが、『レッドフックの恐怖』はもろにその世界である。ひょっとするとラヴクラフトは実際に(かなり頻繁に)そういう経験を積んでいたのかもしれない。

[編集] 『エーリッヒの音楽』は暗号傍受か?

奇怪な音楽だの、精神交換だのの話がある。これは秘密通信の傍受や暗号の解析作業の暗喩である可能性が高い。戦時中に専門の暗号解読官が置かれていたのは有名な話だ。その一例に二次大戦中の英国の「ブレッチレー」がある。そこでは暗号の解読を専門とする人々が集められ、ドイツのエニグマ暗号と日夜格闘していたことが知られている。そこで働いていた人々は戦後も緘口令が敷かれていたため、自分たちの働きを長い間口外することが許されなかった(「戦時中に戦わなかった」として白眼視されるなど、随分と辛い思いもした模様)。彼らの功績が公に認められたのはつい最近の話である。ラヴクラフトもまた、そういった(おそらくは数段高度な)仕事に携わっていた可能性がある(創作に励んだのは機密保持のためのストレスが一因かもしれない)。ラヴクラフト自身は二次大戦勃発前に死亡しているが、諜報戦は表向き平穏な時にも続いているものである。

[編集] ダンセイニ風の初期作品

彼の初期作品はダンセイニなどの影響を受けたらしく、ファンタジックな物語が多い。しかし作風が確立するにつれて幻想性は薄れ、逆に科学的とさえ言える思考に組み立てられるようになる(手の込んだ真実の脚色・隠蔽と考えることもできる)。この変化は作者自身の実体験が強く影響しているのではないかと考えられる。ゆえに初期作品とそれ以降の作品は区別して理解されるべきだろう。

[編集] 『魔宴』『宇宙からの色』に見る合衆国の暗部

一部の研究者が述べるところによれば、『魔宴』などは注目すべき作品であるという。理由は「怪物が身内だから」である(主人公は親戚の会議に招集され、そこで親族が怪物と共にいる現場に連れて行かれる)。これなどは合衆国の暗部を象徴的に示していると推測することが出来る(ラヴクラフトが生物兵器の開発現場に出くわしていたとしても不思議はない)。『インスマウスの影』では主人公自身が怪物の血を引いていることを知って絶望する作品である。これなど、あるいはラヴクラフト自身が改造人間だった可能性すらも否定できない(写真を見れば分かるとおり、ハンサムなフランケンシュタインを思わせる風貌である)。また『宇宙からの色』はまるで化学兵器の惨劇の予言のようでもある(ラヴクラフトの死後数年後、英国首相チャーチルは対ドイツ戦で化学兵器の使用を考えたが、『宇宙からの色』を読んで思い直したと囁かれている)。

[編集] 関連項目

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「ハワード・フィリップス・ラヴクラフト」の項目を執筆しています。
個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語