バイオハザード4

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索

バイオハザード4とは、株式会社カプコンが発売したギャグゲー。ジョーク好きのアメリカ人と、陽気なスペイン人が織りなすコントが各方面で話題を呼んだ。一部、過激な表現があるが、それすらも感じさせないほどの出来となっている。むしろ、それすらもギャグにしている。決してバイオハザード3の続編等ではなくタイトルユーモアでこうなった全くの別作品である。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「バイオハザード4」の項目を執筆しています。

目次

[編集] ストーリー

ナインティーンナインティーンエイトゥ… このため息から、壮絶なギャグストーリーが幕を開ける…。 主人公は強そうだけど趣味はのぞき。 今から楽しみでしょうがない。

[編集] システムの概要・特徴など

フルモデルチェンジ

今作では、ギャグを非常に重視するため従来シリーズとは大幅に異なるゲームシステムを採用している。前作は、鬼ごっこだったが今回はプロデューサーの初夢を商品化した。その初夢が、「一富士、 二鷹、三なすび、バイオ4」だった。

[編集] 登場人物

ヘタレ主人公。ギャグセンス抜群の27歳。吉本興業所属。アンダーソン君もびっくり。泣く姿はVery cute。特技は垂直の壁を走れること。映画版バイオハザードの人たちもびっくり。
バイオ2の主人公も彼であるが、整形疑惑が浮かぶくらいイケメソになっている。っていうかターミネーター2のジョン・コナーだろお前。なけるぜ。
サラザールの右腕を刺客として送った事を知った時、「右手が取れるのか?」とアメリカンジョークをかます場合もある。
ダーティハリーのファンなのか、あらゆる英語を日本語翻訳で「泣けるぜ」というセリフのオプラートに包み込んでしまう変人。
ビハインドビューという特殊能力を持っており、自分の姿を後方から見ることが出来る。彼がナイフを構えて空を眺めているときは、十中八九、後ろのアシュリーのパンツを堪能している最中である。最低な男だ。

水上バイクでアシュリーに告られるが、あっさりと拒否した。

  • アシュリー・グラハム(Ashley Graham)
別名山女とも呼ばれる本作のヒロイン。パンツの色は白。ロリ系キャラであり、おっぱいがでかい。スペイン人からの人気は絶大で、何かと付けてナンパされ、どこかに連れて行かれる。またリオン!リオン!と連呼し、そのウザさから敵よりも忌み嫌われ、わざと射殺されることも多々ある。敵の×××トイレットにされていてレオンに救出された後、部屋を通じてレオンのところまで行く際に、一時的にレオンのビハインドビューの進化形的な能力を得るが、レオンと××した瞬間にその能力は失われたようである。
ちなみに拉致されたのではなくデートに誘われただけ。
敵のモーニングスターではなかなか死なないのにレオンのナイフでは一撃で死ぬ意味不明キャラ。好きな服は甲冑。梯子に登った場所から降りる時、もう一度同じ梯子で降りればいいのにわざわざジャンプしてレオンに受け止めてもらわないと気が済まないおかしな娘。高所から降りる彼女を受け止める仕事をこなすレオンは、「泣けるぜ。」と語っている。
  • ルイス・セラ(Luis Sera)
ハンサムなプーさんを自称している元警察官。好物はハチミツ。何度も死亡フラグを立てるが、そのたびに生還してきた猛者。
同性愛者だったのか、サドラーの巨根を挿入される。しかし、それにより死亡。
ちなみにこいつに5発弾丸をぶち込むと有無を言わさずに射殺される。敵のロケットランチャー一発では死なないレオンがたった数発の9mmパラで沈む。
こいつに手榴弾やロケットランチャーをぶち込んでみよう。彼の勇士が見られる。
忘れ物や落し物をするなど結構なドジッ子である。このゲームの萌え担当がアシュリーではなく彼であることはあまりにも有名。
  • エイダ・ウォン(Ada Wong)
アシュリーとは反対に別名壁女とも呼ばれている年齢不詳の魅惑の裏主人公。萌えを狙っているのか、チャイナドレスを着ている。それでもルイスに勝てず、とうとうパンツを黒にした。ツンデレな一面もあるらしく、敵であるにもかかわらず、レオンにロケットランチャーを投げ入れてくれる。クラウザーに狙われている。クライマックスではサドラーのあそこの大きさに萌えw
彼女の年齢は知ってはいけないし知らせてもいけない。まちがっても彼女がもうm・・・あれ誰か来た。
  • ジャック・クラウザー(Jack Krauser)
「これが俺の寄生体だ!ワハハハハハ!」と海馬瀬人のごとく叫ぶ。手が夜に使うモノと一体化しているため、これで村人何人逝かせたかわからない。何かと付けてバク転をするかっこつけ。レオンとの対決時には歌舞伎メイクで登場する。マゾっ気があり、ナイフでちくちくされると跪いて頭を下げる。ちなみにエイダによってNice boat.された。理由はもちろんお気に入りのイケメンを狙ったからである。
ゲームクリア後のおまけゲームでは本編で敵キャラであったこいつが使用可能になる。左腕による攻撃はどんな敵も一撃で葬る。チート。
実はメタル界のカリスマ「ヨハネ・クラウザーⅡ世」では無いかという噂が流れ始めている。
  • オズムンド・サドラー(Osmund Saddler)
自称カリスマ。金欠でカルトもビックリな教団の運営になにかとお金がかかって困っているらしい。金集めの為に、自分の膨大な領土の中に散らばった金品の類をひたすらレオンに集めさせて武器商人に武器とぶつぶつ交換させて、交換した武器で教団を壊滅させられちゃったドジッコ。しかもレオンから絞りあげたお金は、とっくにかみっぺらになってるペセタという昔の貨幣(現在スペインの貨幣はユーロ) どうあがいても絶望 である。
アシュリーとレオンに興味があるバイセクシャルらしく、前半でアシュリーに卵を産み付けて後半ではレオンと無線でよく話をしていた。
口の中に目がある時点で人間ではない。
もし最終戦でレオンに勝っていたらどうやってもとの姿に戻るのだろう。
小学生の給食時間のノリで口に皮を剥いていない、みかんを入れている
  • ビトレス・メンデス(Bitores Mendez)
村長。日記らしきものを村のあちこちに放置している人。おかげで全ての計画がバレバレだったが、本人は完璧すぎる計画だと自画自賛しているおめでたい人。スペイン語が話せないレオンに、英語で喋りかけるほどの優しい人間だったが、村を荒らしているレオンを処罰しようとしたところを返り討ちにされ、死亡。
ちなみに義眼。村長戦終了後にレオンが村長の義眼をクッチュクッチュ(ry
  • ラモン・サラザール(Ramon Salazar)
「見た目は子供、頭脳は大人」の20歳。しかし顔はジジイ。レオンを笑わせるために、ディズニーランドもビックリの城型テーマパークを作った天才。しかし、レオンの気に召さなかったためか、レオンに殺されるハメに。最後は、母親と触手プレイをして死亡。
レオンにナイフで刺されてイヒッイヒッイヒヒヒヒィ
  • アルバート・ウェスカー(Albert Wesker)
マトリックスの世界から来たエージェント。レオンの命を狙っている。プログラムが書き換えられたのか、研究所で死んだことはなかったことにされている。アンブレラ・クロニクルズでは随分と大物扱いされたが、何故か5では典型的なヤラレキャラに成り下がった。しかし、その後死亡。
チート人間。
  • イングリッド・ハニガン(Ingrid Hannigan)
レオンと無線でイチャついてたため、サドラーに妨害される。メガネっ娘。PC版だとこいつと通信するたびにゲームが落ちる危険性があるため、PCにあまりメモリを積んでいないユーザーから嫌われている。落ちるのを防ぐにはゲーム中、ピピーという音がしたらESCキーを押しまくる事である。
  • マイク(Mike)
死亡フラグを立てて散った、まさにギャグの神様とも言うべき存在。
帰ったら一緒に飲もうぜ→あぁいい店を知ってるんだ→シュボゥン!→ドゴォーン→マイーク!!
「邪魔だ!」を無視し続けるとブチ切れる。たまにミサイルをぶち込まれることも。
こちらのロケットランチャーは何発でも耐えるのに敵のロケットランチャーだと墜落させられる。何だそれ?
  • ハンク(Hunk)
ガスマスクとフリッツヘルメットにタクティカルベストとどう見てもバイオにおいては屠られる運命の量産型特殊部隊Aさん。所属はU.S.S(正規部隊)
しかし周囲の「どうせモブキャラ」という第一印象を裏切りまくりずーっと生存。
ラクーン時代から①必ずミッションを成功させる②必ず生還する③異様に難易度の高いミッションに投入されることから会社との折り合いは①最悪②こいつは便利 のどちらかであると思われる。そんなミッションにばかり投入されてるもんだから同僚はほとんど未帰還、付いた仇名が『死神』
4においてもトレードマークのガスマスクと特殊部隊らしいサブマシンガンを持って乱入。
固有必殺技『処刑』において中二病患者でないものも漢としての香りでくすぐり一躍『渋い・カッコいい・痺れる』の三拍子そろった『カッコいいオッサン』の地位を築き上げる。
  • 武器商人 
黒色のフードを被った武器屋さん、金さえ払えば誰にでも商談するらしい。青色の炎が目印 店の主人はちょっぴり猫背ぎみ
話しかけると「ウエェェルゥカァァァァム!!!」とむかえてくれ、コートの中の武器を見せびらかせられる。これにはさすがにレオンもたじだじである。武器を購入したり、売ったりすると「ヘッヘッヘッ、センキュウゥ」と喜び、金が足りないと「ノォォーイナフキャッシュゥ、ストレンジャァ」と即答で激怒してしまうほど気持ちが声に出やすい人である。しかし店を出ると、「ガンバッテ ニート」と応援してくれているのか、はたまたバカにしているのかわからない。
また、武器の改造もおこなえるほどの腕前で、ハンドガンの作り方を教えたり、散弾銃の修理をしたりと、村人にも好かれているようである。(特に夫婦)
しかしどんな攻撃でも死んでしまい、これ以降の取引ができなくなってしまう。 焼夷手榴弾を上手いこと投げると、ゾンビのモノマネをしながらもがいて死ぬ。ちなみに卵の攻撃は一切効かず、顔にぶちくらってもまったく微動さにせず、まったくと言っていいほど笑いには無関心である。でもなんどもくらってもぜんぜん動かないどころか表情を変えないのはある意味おもしろい。
ミニゲームである的当てであるが、これは武器を的当て用の武器に交換し、その武器を的に当て、的に当たった得点を競う的当てゲームである。 ルールはわかったかな? 景品は主に現金、ボトルキャップである。ボトルキャップといえどしょせんペプシのおまけであり、コンビニにいけばたくさんある品物である。けれどもほかにはないボタンを押せばしゃべる品物のため、マニア達はコンプリートするために毎日のように的当て屋に集まるのである。

[編集] 敵一覧

[編集] プラーガ

触手プレイが大好き。他の生き物を弄んでガナードにする。他の人と遊んでないと30秒しか生きられない可哀想な子。光にはとても弱い。閃光手榴弾を受けたときの「らめぇ!まぶしいのはらめぇ!」は名言。

[編集] ガナード

プラーガと遊んでいる生物(人とは限らない)の総称。人間型ガナードには、村人・邪教徒・戦闘員がいる。仲間意識が強く、「みんな仲良く」がモットーさん、サンショウウオさん、虫さん、果ては鎧さんなどの無生物までも仲間の輪に入れてあげ、互いにコミュニケーションをとっている。最近では、アシュリーも仲間に入れてあげようと考え、アシュリーとのスキンシップ(一部ナンパ)によって交流を深めようと考えている。前述のように仲間意識が強いので、村を荒らしたレオンに対しては全員激怒していた。


  • 村人
レオンが最初に出会ったガナード。その中でも、村一番のギタリスト芸人であったAさん(仮名)は有名で、子供達からも好かれる人気芸人だった。しかし、レオンに見知らぬ人物の写真を見せられてツッコミに困り、小道具として使っていた斧でドンドットット驚かそうとしたら射殺されてしまった。それが原因でレオンは村人達に追われるようになってしまう。笑いには強いこだわりがあり、ダイナマイトを持ちながら梯子を登ったり(何故か爆発しない)、足にケガをしただけでコケて落下したりするような体を張った笑いと、オッパイをペラペラソースにしたり,レオンを捕まえて手コキをしようとしたり、ウンコを捨てようとしたり、野呂慶介がネスカフェに行ってることを教えたり、某名探偵を称えたり、スペインなのに日本人の魔太郎さんを探したりするなどのフレーズ的な笑いの二種類を上手に使い分ける。主要人物を除けば、笑いを取るのが一番上手だとの意見もあるが、その一方で対立意見もある。また、中野バーガーをこよなく愛することでも知られている。鉄火ロールとか言う意味の分からん武器を持っているらしい。また、この村では今だにゲームボーイが流行っているようで、ゲームボーイ買ったんだ♪と自慢してくる奴もいる。
  • 邪教徒
サラザールのテーマパークの従業員。HP1で出てきたり、ドアに向かってロケットランチャーを撃ったりするなど、村人とは異なるベクトルの笑いのスタイルを取っている。従業員であるためか、笑いのレベルは村人に劣っていると思われている可哀想な人達。社員旅行で行った、四国のお遍路巡りが後を引き、お遍路と呟く者もいる。口癖は萌えれ、最近は精霊萌えらしい。お客さんが近くに来るとイヒヒヒヒッとかいう笑い声で盛り上げてくれたりもする熱心な従業員。森ネズミと言うマスコットを激しくプッシュしている。※某テーマパークのネズミを意識しているのか客を発見すると、歩いて近づきつつ森ネズミ~森ネズミ~と熱心にマスコットキャラクターの良さを伝えようとするがすぐに銃殺されてしまう可哀そうな面も。雑誌の今月号が気になるらしい
  • 戦闘員
サドラーの島に住んでいる人達。電流イライラ棒をしたり、「北斗の拳」のハート様のコスプレをしたりと、パロディを用いて笑いを取る。
  • チェーンソー男/姉妹
本作を代表するボケ役芸人。レオンのショットガン級のツッコミにも耐える強さを持っている。真顔でチェーンソーを振り回す姿(ただし、袋を被っているが)で多くのゲーマーを爆笑させた。チェーンソー男は梯子を飛び越えるのに対し、姉妹は梯子を倒されるとも考えずに律儀に梯子を上っているあたりは姉妹のほうが天然のギャグセンスがあるようだ。
  • 巨大チェーンソー男
プレイヤーキャラをひたすら追いかける究極のストーカー。
  • ガトリング軍曹
元軍人のお笑い芸人。トオヤマサン(本人談)という愛称がある。ケロロ軍曹の親戚ではないと思われる。持ちネタはガトリングを撃ちながらの「ドウイウコト!?」
ガトリング軍曹
  • デルラゴ
村長のペット。いわゆるサンショウウオさん。喋れず笑いを取れなかったため引きこもりがちになり肥満ぎみになる。
  • ガラドール
常時目隠しプレイのドM。と思いきやその長い爪でツッコミをされるとなかなか痛いためドSとの意見も。
  • ビトレス・メンデス(村長)
プラーガちゃんの力を解放し、触手プレイに特化した。そのため、触手ばっかり使う。第一形態も第二形態もひたすら触手プレイ。移動するのも触手プレイ。それにしてもこの村長、ドSである。
  • U-3
本来は「雄三」という名前の人間なのだが、わけあって昆虫と爬虫類の遺伝子を持つ。左腕は触手プレイを担当し、変形すると背中のハサミでこちらの衣服の一部分を切り取りにかかる。おそらくマニアだったのだろう。なんとなくフリーザに似ている。
  • ラモン・サラザール
マザコンのサラザールが、「一人じゃ寂しいから…」ということでお友達も誘って母親と3Pをすることにした。触手プレイがとても上手で、レオン君を真ん中の触手で何回もイカせている。エロく見えるが、これもギャグである。かなりのフケ顔であるが、黙っていてあげよう。本人も気にしてるはずだ。
  • ジャック・クラウザー
登場人物の項で書いたように、性格はM寄り。人前に出るのが恥ずかしいのか、いつも顔を隠している。ちょっとやそっとの攻撃じゃイカない。昔はもっといい奴だったらしい。かませ犬という別名もある。レオンに仕留められたとプレイヤーに勘違いさせたが、
「The another order」では、エイダとも戦ったが、最終的に仕留められてしまう。クラウザーの人生で最後の良い体験は、「ウホッ!!いい黒パンツ!!」と思いながらエイダが飛んでいる時に×××したことである。
  • リヘナラドール
ゴキブリ並みの生命力を持ち、NORMAL以上の難易度だとそうそう簡単には死なない(特に、武器の強化等に苦労する1週目)足を攻撃し続けると足が吹き飛び、まるで平泳ぎの息継ぎの様なタイミングでレオンに飛び付いて来る。リヘナラドールと酷似したアイアンメイデンというものもいる。体に刺があるかないかで分類できる。違い?そこだけだが?
とあるセーブポイントの付近では、死体袋の中に身を潜め、あることをした後に突然登場し懐かしい「恐怖心」を与えてくれた。・・・エイダは、苦手なようである。
アンブレラが秘密裏に開発した性感度向上ウイルス。感染してもゾンビ科等はしない。
etとはHの隠語。etウイルス単体でできたBOWはHBOWと言われている。このBOWが繰り出す攻撃は主に、服剥がし・獣〇等である

[編集] 関連項目

個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語