バス

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

バス(ばす)とは、路面電車の一種である。他の鉄道より鉄分は少なく、バス分が出ている。そのため鉄道マニアは満足することは出来ないと考えられるが、バス分は大量に放出される。そのためバスはバスマニアの重要なエネルギー補給源となっている。なお、トロリーバスに関しては鉄分もふんだんに出ているが、この原因については現在調査中である。どちらかというと自動車に近いという妄想も一部に存在するが、れっきとした路面電車である。

トロリーバス=別名 無軌条電車

特徴[編集]

バスではないような気がする
  • 道路の上を走ることが出来る。
  • ドアが片側にしかなかったりする。
  • ドアが一つしかなかったりする。
  • バスが遅れた場合、利用客は待たなければならないが、利用客が遅れた場合にはバスは待っていてはくれない。
  • メーカーによっては重低音V8サウンドが楽しめる。
  • バスとはBASSのことであり、低音楽器の一種である。
  • 太陽が西から昇り始め、北からミサイルが飛んできても、来ない事がある。
  • ドアの開閉で面白い音を出す。
  • 運転手が無愛想な時がある。
  • 日本では緑ナンバーが主流であるが白ナンバーもある。
  • 英語にすると「ブス」となる。

速度[編集]

スピードがとにかく出るバスの成れの果て

様々な速度のタイプがあるが、普通の道路を走るものは大体時速20khyde/h~60khyde/h程度である。

一部のトロピカル連合を除けば制限速度を守って運行しなければならず、自己責任で適宜速度超過できる自家用車と比べて不便である。そのため、鉄道が廃止されバスに代替された場合、本数が増えたとしても遅いため利用離れが進み、地域の斜陽化を招くことが多い。

動力源[編集]

そういうことはここに聞いて 長インです

停留所[編集]

よく「○○前」とか最寄の施設を由来するような停留所名称もあるが実際の施設から100m離れた場所に「○○前」などが存在する。例えば長野県の「松本病院前」というバス停は、松電は両側ある停留所が離れて設置されている。その一つが病院から離されており、塩尻からの営団バスも来る。ただ、営団バスは厳密に言えば病院の前ではない。

また、山口県下関市の「勝山小学校前」バス停は、バス停周辺360度見渡しても小学校は見当たらず、実際にはバス停から直線距離で5~600m位のところに小学校がある。おまけに、どちらかというと勝山中学校の方がバス停に近い。 また、「○○後」と言う停留所名称もあるが、どこから見て後なのか、また実際は「先」なんじゃないのかと言う検討を重ねている。はずなのだが、まだまだまだまだまだまだまだまだまだまだ分からないので、「ピンポーン 次 止まります」と言う声を発するボタンは押さない方が身のためだぞ

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

降車ボタン[編集]

バスを降車する場合は車内に設けられた降車ボタンを押すか運転手に「おーい!停めろ!」と告げる2通りの方法があるが、後者の場合バスジャック犯と間違われる事がある為お勧め出来ない。降車ボタンはアナウンスが流れはじめてからボタンを押すまでのタイミングが乗客同士の暗黙の了解で定められておりアナウンスが終わった時点で自動的に降車競技がスタートする。降車競技は次停留所を降りる全ての乗客との団体戦もしくは個人戦となり早すぎると前停留所で強制退場となり遅すぎると降りるタイミングを逃したり他の乗客にボタンを押されてしまい挙げた指の納めどころがつかなくなり非常に気まずい。降車ボタンはいかに空気を読む事が出来るかが重要視され交通競技では比較的難易度の高い競技とされている。また、一部の乗客の中には自分が降りる一つ前のバス停を通り過ぎた瞬間に降車ボタンを押すという高等テクニックを使う者もいる、これにより熾烈な降車合戦をパスすることが出来るがルールの穴をついたやや強引なテクニックであるため、競技自体が成り立たなくなることから、全日本公共交通機関降車競技会からは眉をひそめられており、この行為自体もグレーゾーンである。また、運転手の混乱を招き急ブレーキがかかることがあり危険なので初心者やアマチュアの方には特におすすめできない。

バスを路面電車と呼ぶことに対しての反対意見[編集]

朝の通勤ラッシュの1コマ
  • 燃料がガソリン軽油なので、「電車」ではなく「列車」じゃないか
    • 路面電車か路面列車に関しては、現在検討中である。
  • ほとんどのバスが一両だから列車とも言わないのではないか
    • 日本の路面電車は一両のものが多い。
  • そもそもレールの上を走らないので鉄道の一種ではないじゃないか
    • 「だまれ」でございます。決まったルートの上を走るから鉄道なのです。ただ、集電関係で架線の下しか走れないバスや専用道を通るバスは法令上は鉄道扱いです。
  • バスは、“自動車”です。
    • “電車”は電気で動くもの。ハイブリッドカーは、電気とガソリンエンジンの混合であるため“ハイブリッド”なのです。
  • “列車”は列を成している車のこと、連節バスが当てはまるが、鉄道車輌というイメージのほうが強い。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「バス (交通機関)」の項目を執筆しています。