バド・ドワイヤー

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索

Icon-not-under18.png この項目には、18歳未満には有害な記述が含まれています。

下の毛がまだ生えていない等の理由で情報入手に法的制約のある方は、お母さんに見つからぬよう背後の気配に細心の注意を払いつつ閲覧してください。アンサイクロペディアの連中は、そんな面倒臭い検閲を行っておりません

「ハイル・ヒットラー!! 私以上の政治家は彼だけである!さすがの私もここまで派手な最期は遂げられなかった!!」
バド・ドワイヤー について、アドルフ・ヒトラー
「すごくいい男でした。彼のマグナムには毎晩鳴かされたものだったわ。」
バド・ドワイヤー について、ジョアン夫人
「ああ、俺はまだ壁から彼の頭蓋骨を剥ぎ取ってないぜ。」
バド・ドワイヤー について、用務員
Wikipedia
ナニモノかがウィキペディアに「バド・ドワイヤー」の項目を執筆しましたが、要出典厨削除厨の暗躍により削除されてしまいました
彼はトロンボーンが趣味であり、よく公に演奏していた。なお、この中年男性はイメージ画像であり、本人ではない

バド・ドワイヤーBudd Dwyer, R. Budd Dwyerとも, 1939年5月28日 - 1987年1月22日)はアメリカ合衆国フェラチオ研究家である。彼は史上初めてテレビカメラが生中継する中でフェラチオテクニックを披露したことで有名である(性技の生中継としてはフロリダ州の顔射研究家であるクリスティーン・チュバックに次ぐ二例目)。

目次

[編集] 人物

チャーリー・チャップリンと共に、フェラチオを文化として花開かせた人物として同等か、あるいはそれ以上の評価を受けている。副業としてペンシルバニア州共和党に所属して政治家をやっていたようであるが、それはまったくどうでもいいことなので、ここでは省略する。知りたい人は頭の固いほうの百科事典でも見て。

[編集] 研究成果の発表

ペンシルバニアで学位を取得したドワイヤーは、そのまま州内の大学に留まり、フェラチオの研究を四半世紀に亘って続けた。そしてついに研究成果をまとめたドワイヤーは、記者会見を開いてフェラチオの技法を広く伝授し、フェラチオのエヴァンジェリストとなることを決意した。だが、彼はホモではないので実際にペニスを口に咥えるわけにはいかず、仮にそうであったとしてもテレビカメラの前でアッー!するのは放送倫理上問題があった。特に彼は共和党に所属していたため、AV出演は禁則事項ですだったのである。しかも、彼は視聴者たちのの印象に残り、彼らの尊敬を得るものが必要であった。彼らの印象に残らなければ、フェラチオの普及というドワイヤーの悲願は果たされないからである。そこで彼は拳銃を男根に見立てて弾丸を吸い出す方法で技術を披露することを思いついた。彼は記者会見を吹雪で学校が休みとなった日に開くことにした。もちろん、ペンシルバニア中の前途多望な子供たちがその記者会見を見ることを狙ってのことである。

[編集] 記者会見

記者会見において、ドワイヤーはステージに上り、最初に以下のスピーチを行った。

Quote1.png 心正しき者の行く道は心悪しき者の利己と暴虐によって行く手を阻まれるものなり。善意の名によりて暗黒の谷より弱き者を導きたるかの者よの祝福あれ。主なる神はこう言われる。我が兄弟を滅ぼそうとする悪しき者達に私は怒りに充ちた懲罰を持って大いなる復讐を彼らになす。私が彼らに仇を返すその時、彼らは私が主であることを知るだろう。

映画パルプ・フィクション」でサミュエル・L・ジャクソン演じるジュールス・ウィンフィールドが暗唱した一節。旧約聖書エゼキエル書25章17節から)

Quote2.png

なぜ聖書のこの一節を引用したのかは彼が死んだ今となっては知りうる術もない。だが、その内容から察するに、極めんとした道の困難であったこと、彼に無理解な人間のこと、そして自分がそれを乗り越えて究極の快感へと到達し、人々を善導してみせるという決意であるとされる。

ついに彼のテクニックを披露。って、これも本人じゃないって!!!

その次に、彼は友人たちに彼の有り金全てが入った封筒を渡し始めた。もちろん、彼の友人たちは彼の研究に深い理解を示し、サポートを続けていたので、彼が渡した財産を使ってフェラチオ専門の風俗店を開店し、フェラチオを作中で取り上げたエロゲアーン♥♥ビデオをあまねく流通させ、フェラチオ文化を社会に根付かせせてほしいというのが彼の意図である(封筒に同封されていたメモより)。そしてついに、彼は手元のマニラ封筒から357マグナムを取り出した。共和党の支持者は一般的に宗教右派の思想を持つ人間が多く、出席しているそうした頭の固い支持者の老人たちは彼の行為にショックを受けることと思って、彼は「気分を害されるようでしたら部屋から出てください」と警告した。

ドワイヤーの勇姿
イメージ画像。何度も言うが、決してドワイヤー本人ではない

右の画像にあるとおり、彼はマグナムをくわえた。そしてそれを使って自分の研究成果であるところのテクニックを披露したのである。なお、なんかゴルバチョフに似たおっさんがいるのは、イメージ画像か、もしくは単なる誤りである。公衆の面前でフェラチオを見せるのだから、ルックスもある程度考慮しているはずだろう?

話がそれたが、彼の研究成果そのものは大成功だったのである。しかし、そうであるがゆえに悲劇が起きた。研鑽が積まれた見事なテクニックで見事に弾丸を吸い出した。のナニでいうなら、「イった」のである。だが、その弾丸はそのままNice boat.した。彼はそのまま死んでしまったのである。生放送であったため、この光景は検閲により削除する間もなく全米に放送された。

彼の死については、一部でその死を自殺とカテゴライズする説もあるが、この説に関しては国際フェラチオ会議(IMF, International Meeting for Fellatio)、世界自殺連盟(SF, Suicide Federation)共に否定的な見解を示しており、彼の死は自らの研究に殉じた殉職であるとの見方が一般的である。

一方で、フェラチオの発展には大きく寄与したものの、イラマチオの普及に関しては不十分な点も多く、中には「イラマチオが未だにイマラチオと多くの場面で誤用されているのは彼の責任もある」と、イラマチオの奨励を怠った責任を追及する声もある。

だが、少なくとも彼がフェラチオの促進に大きく貢献したのは事実であり、その功績は「アメリカナポレオン」とも称えられることがある。

彼は死んだが、その影響は今日に至るまで残っている。この事件によって人々の間にフェラチオが大きく普及した。諸君らは、フェラチオが人口に膾炙されていく上で大きな功績のあった彼に対する感謝を忘れないようにして、風俗嬢のフェラに与らなくてはならない。

[編集] トリビア

  • ジュリー・ドワイヤーの父親である。
  • ピーナッツバターを塗ったチョコレートが好物である。間違ってもマシュマロの銃ではない。
  • 水道の蛇口には濾過装置を取り付けるのを好む。フェラチオ研究の業績ほどではないが、彼は浄水器の開発でも有名であり、彼の発明した浄水器は日米政界の交流の中で日本の政治家に伝えられるところとなり、特に松岡利勝農林水産大臣はこの浄水器を改良し、ナントカ還元水の発明に成功。これを記念して、松岡はドワイヤーを真似て、現職閣僚の自殺という盛大な花火を打ち上げた(もっとも、自殺そのものはドワイヤーがやったような記者会見の最中に自殺する華々しいものではなく、もっとひっそりしたものだったが)。

[編集] 出典


[編集] 関連項目

[編集] 外部リンク

個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語