バナナ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索
このバナナは一応馬鹿にはなっていますが、文章構成など変なところがたくさんあります。
早くりっぱな馬鹿にしちゃってください。
バナナは卑猥な意味も持つ。

バナナノノノノノ)とはスイーツ(笑)かデザートか怪しい果物である。

皆の想像するバナナのイメージとして、ジョージ・W・ブッシュがバナナを貪っている姿が頭に浮かぶだろう。 人間がバナナをおいしいと思うのは、はるか遠い記憶が残っているからかもしれない。日本ではエクアドルから来た留学生の永禄ことひじき埼玉東京を中心に売りさばいている。

目次

[編集] バナナ論争

完全に熟したバナナ。通常は完熟する前に出荷されるので、なかなか目にすることはできない。

バナナは日本国における児童とその指導者の間で争いの耐えなかった食べ物である。こんなときに悩むのなら親に従った方がいいだろう。

~以下現在残る希少なブラックボックスからの音声の記録をとったもの~

児童:先生、バナナはおやつに入りますか?
先生:入りません。
児童:でもおかあさんが入るって言ってましたよ、先生。
先生:おかあさんが何を言ってもバナナはおやつに入らないのよ。だから遠足の時にはバナナはもってっちゃダメなの。
児童:それは、指導者という立場を利用したただの押し付けとしかとれません。僕はこれを不服として先生を提訴します。

こうして2007年年家庭裁判所により、「バナナはおやつに入るか」という日本全国に旋風を巻き起こした裁判は開かれた。

第1審では指導者側の勝利となったが、児童らはこれを不服とし、2009年高等裁判所に戦いを場を移した。 激しい裁判が続き、高等裁判所での裁判も指導者側の勝利となった。児童らはまたもこれらを不服とし、遂に最高裁判所に場を移した。 そして、2012年。激しい「エクストリーム・裁判」の中で、児童ら側の勝利という逆転裁判を納めた。 一時は新聞などに「エクストリーム戦争で決着をつけるか」などとの言葉も見られた。

現在では児童がおやつにバナナを持ってきていることを注意された親が学校に乗り込んでくる事例が複数認められている。バナナは争いの火種であることと、モンキーの行動は人間の理解の範疇を越えているということは不変である。

ちなみに、先にバナナを「争いの火種」と書いたが、バナナには無い。

[編集] 戦争とバナナ

兵器獲得を狙うチンパンジー

バナナは極寒では釘が打てるほどの硬度となり、鈍器のようなものに変化する。大戦中、フィリピンからシベリアへ転戦した日本兵はフィリピンから持ち込んだバナナでロシア兵を数人撲殺している。

しかしながら、温暖な環境や熱帯環境ではぐちょって武器としての価値は全くなくなってしまう…と言いたいところだが、皮だけを地上に敷設する事で敵を転覆させる事が出来る、ただ、自軍も引っかかる可能性も否めない。

非常食も兼ねているバナナは、まさにオールマイティ且つ経済的な兵器としてイラク戦争中の米軍に近年注目されている。

[編集] バナナの成分

  • バナミン - 必須アミノ酸の一種で、果実からアミノ酸が取れるのは珍しい。
  • バナナジン - バナナの皮から抽出される成分で弱い幻覚作用を持つ。南米マフィアが皮を集めバナナジンから粗悪な麻薬を精製して資金源にしている。
  • ブフォテニン - バナナの皮に含まれる主成分。ヒキガエルの表皮に分泌されている毒液(ガマの膏)と同じで幻覚作用を持つ。古くなるとポツポツ出てくる黒点はこの成分が原因である。

[編集] 関連項目

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「バナナ」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文を読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「バナナ」の項目を執筆しています。
個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語