バリアフリー

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

バリアフリー(Barrier free , 障壁解除)とは、その名の通り、人と人の間のバリア(即ち、壁)をフリーダム(即ち、自由)にしようとする霊長類の営みである。この考えに賛同する人々を略してバリーと呼ぶ。

「限界という壁を作ってるのは自分なんだよ」
バリアフリー について、みのもんた
「ちょwwあんたはロボットだろww」
みのもんたの発言に対して について、少年
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「バリアフリー」の項目を執筆しています。

近年のバリアフリー影響[編集]

  • ヌーディストたちの多くは、外気と肉体のである服を捨てることに成功した。その結果、警察とのチェイスに日夜追われることとなったが、自然との一体感を獲得できた。
  • ドイツ市民も大いに影響を受け、東ドイツの人々と西ドイツの人々の間の壁であったベルリンの壁を崩壊させ、フリーダムを勝ち取った。
  • EU欧州連合の共通通貨(ユーロ)や、ビザ無しでの越境等が合法化された。
  • 中島らもの名曲「いいんだぜ」

起源について[編集]

もともとバリアとは各家庭に設置された防犯用対人戦闘兵器であったが、孫の顔を見に来た老人強盗と間違えられあの世へ強制送還されるという悲しい事件をきっかけに全て廃止されることとなった。これをバリアフリーという。

歴史[編集]

  • 2世紀ごろ、イエス・キリストが「隣人を自分自身のように愛しなさい」と発言(神格化したバリー)
  • 江戸時代安藤昌益の万人直耕思想(何も生産しない武士を批判、身分という壁の破壊を提案)
  • 1776年7月、アメリカの独立宣言(残念ながら、すべての人間は平等に造られていると言っておきながら、奴隷制度の廃止をしなかったので、現代でもバリーたちからの激しい突っ込みが入る。その代わり、リンカーンはバリーの中ではアイドル的な人気を誇り、信者達からは生涯通して一度もうんこをしなかったと信じられるほど崇拝されている。)
  • 1923年7月、ビームラーオ・アンベードカルは、インド芸能界のバリアフリー化を主張した。1947年にはインド独立に際して法務大臣に就任し、1950年制定のインド憲法にバリアフリー条項を盛り込んだ。
  • 福沢諭吉の「天は人の上に人を造らず人の下に人を造らず」発言(とか言いつつ、後になってアジア侵略を唱えた)
  • 社会主義における平等(残念ながら、指導者と国民の間に厚いをつくる国も現れた)

以上のように、バリアフリー思想家、即ちバリーの中には、なかなか優秀な奴がいる中、ゲテモノも多数混ざってたりする。気をつけよう。

現代のよくわからんバリアフリー[編集]

バリアフリー対策がなされている階段。
医療業界にもバリアフリーが求められている。

過去のバリアフリー思想に比べて、現代のバリアフリーは段差を極力なくすことのみを指すこととなった。 たしかにそれは高齢者にとっては有り難いであろう。しかし…

「恩着せがましいのです!段差を減らしてやったんだから、自分たちは優しい奴なんだと!恩を着せようとしているのです!着ませんよ!そんな恩~!」
現代のバリアフリー思想 について、絶望先生
「恩を着せることによって新たに高齢者とのをつくっているとしたら、それは真のバリーなんかじゃない!自慰野郎だ!」
現代のバリアフリー思想 について、ピッコロ

よって、あまりバリアフリーにしたくない人々は、腕利きのバリーたちに任せて、出しゃばったことはしないのが賢明であるようだ。(反バリー派の一例:女性専用車両

スロープも作ればいいっていうものではなさそうだf^_^;
ルー大柴が参戦した模様です
不可思議な点が多い現代バリアフリーをルーさんが優しく解説します。


現代のよくわからんバリアフリー[編集]

  1. 段差ユーザーへのバリアフリー
  • グランパたちは、加齢による各種ボディスペックがダウンする。例えば walk(即ち、歩く)ときの foot(つまり、足)のアップダウンスペックがダウンしちゃうんだよ。それだけじゃなくな。反射スピードもダウンするし、eyeもよくlook(即ち、見る)できなくなる。よって、healthy body people (即ち、健常者)なら easy (つまり、簡単)に跨げる高さ数cmの段差がlookできずにつまずき、suddenly(即ち、とっさ)に、another foot(つまり、もう一方の足)や、handで bodyを支えきれずにfallしてしまうんだから、bone breakingする例が後をたたない。
  • この対策としてfloor(つまり、床)に段差を設けずにcome and go できるようにした状態をバリアーフリーと表現する場合が多い。
  • しかし数センチ程度の lookが hard(即ち、難しい)とされる段差を lookしやすくする way(つまり、方法)や、敢えて段差を bigにする wayを think(即ち、考える)のもバリアフリーを検討していく上で forget(即ち、忘れる)してはならない。
  • 田代まさしは、世界まる見えテレビ特捜部にて、段差を登る時「段差のダンサ~♪」といって踊り出したことがある。(実話)
  1. 車椅子ユーザーへのバリアフリー
  • car椅子ユーザーの場合は、段差だけじゃなくてスロープの行き来が加わるんだZE☆
  • healthy body peopleは、段差解消の wayとしてスロープを思い浮かべるだろうなぁ。たしかに、walking people(即ち、歩く人々)には比較的 softなスロープとしてknowされてるようだな。
  • しかしなぁ、お嬢ちゃん。このスロープって代物はね。car椅子ユーザーにとってはめっちゃ hard muscle work(激しい肉体労働)なんだぜ。
  • Whyかというとなぁ。ロングなスロープの場合、四つの力が必要だ。1つはcar椅子の両輪を回し続けるarmstrong(腕力)2つ目が、そのための持久パワー。3つ目は...4つ目はforgetしちゃったよ。
  • 更に階段の dance場のように途中で stopもしくは coffee breakするスペースがないケースでは、ブレーキをかけないと万有引力に従ってバックしてデンジャーなんだ。そこんとこをよくunderstand(即ち、理解)しといてくれよ。よぉし、good girl!(いい娘だ!)

関連項目[編集]