バリー・ボンズ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「バリー・ボンズ」の項目を執筆しています。
ステロイド?つかったよ。文句ある?

バリー・ボンズ(Barry Lamar Bonds, 1964年7月24日 - )とは史上最強の打撃兵器である。生物化学兵器工場であるBALCOによって大量に生産された生物兵器の中では最終兵器とされる。

目次

[編集] 進化への道

筋肉増強ステロイド(報道によれば、"Testosterone decanoate", "Trenbolone", "Stanozolol", "Clomid", "Nandrolone", "Norbolethone"などと言われる)、インスリンなどのヒト成長ホルモン、アンフェタミンなどの覚醒剤バファリンといった薬物を最高時一日20錠飲んだとされるドーピングを用いた肉体改造を行った結果、地上最強の生物に近い力を受けた男である。それは近代文明が生んだ最凶の男と呼んでも差し支えない。差し支えないのだが、よく考えると肉体改造以前に本塁打王を一度、打点王を一度獲得。肉体後は本塁打王こそ一度獲得しているが打点王は0、なぜか首位打者に2度と肉体改造の目的が達せられたかどうかは今ひとつ不明な点でもあるが、四球も増えているので筋肉を増やすと本塁打は増えないが四球は増えるのかも知れない。ちなみにボンズの半分は、やさしさでできている。

[編集] 能力

ボンズは握力だけでを捻り潰し、一撃のパンチでトラを殺害するほどの実力を持ち、球場では打球で球場を破壊することもできるとされている。

[編集] 批判

近年、ホームラン記録を塗り替えファンが抗議を行っているが、ボンズによって消されているのであまり話題とならない。だが、ファンはゲリラ戦を展開し、2007年11月15日に遂に起訴する事に成功した。それらに対しボンズは「俺は今ステロイドを越えた」「信仰が暴挙を生み、暴挙のみが奇跡を生む」と述べている。

[編集] 関連項目

この項目「バリー・ボンズ」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)
個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語