バルサミコ酢

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
曖昧さ回避 この項目では、バルサ巫女すぅについて説明しています。スペインにおける慣用句については「バルサ・ミ・コス」をご覧ください。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「バルサミコ酢」の項目を執筆しています。

バルサミコ酢(バルサ巫女すぅ、英名:Balsamiko-Suu)とは、イタリアに渡った巫女がブドウから作り上げた聖水。聖水の方は本来は清めの儀式に使われるが、イタリアではすっかり調理酢として使われ、DOPにまで指定されている。 Balsamicoとはイタリア語で「芳香がある」という意味だが、関係があるかは不明。 正式な表記はバルサ巫女すぅだが、ほとんどの場合バルサミコ酢と表記される。


製法[編集]

  • 本物の処女である巫女を三日三晩責めなぶり、三日目の朝四時に分泌される愛液が最も良質とされる。これに葡萄の絞り汁もしくは処女の母乳を少量混ぜ合わせ(この配分によってブランドが決定される)、一週間ほど寝かせると完成する。

日本バルサミコ酢普及研究会[編集]

日本バルサミコ酢普及研究会はバルサミコ酢輸入業者及び巫女さんによる研究会。会長は家業の手伝いで巫女をやっている柊つかさ

強力な言霊を秘める[編集]

バルサミコ酢という言葉自体がかなり強力な言霊を秘めており、上記研究会会長でたまに巫女をやってる柊つかさがこの言葉を数分連呼しただけで、この声が届く範囲の全ての人間を洗脳状態、または洗脳するのに最適な軽い興奮状態に陥れることができる。 その言霊を連呼した動画がインターネット上にアップロードされたことで、電子経路を介して多くの人間が洗脳状態に陥っている。当然これが問題視されており、多くのマスコミが日本バルサミコ酢普及研究会に取材を申し込んだが、「当研究会が動画をアップロードした記録はない」とし、それ以上のコメントは控えているようだ。

また、会長である柊つかさは巫女であるため、バルサミコ酢を媒体として「バルサミコスの結界」を張ることができる。 これは姉である柊かがみにはできない芸当である。ドーマのダーツもびっくりである。

バルサミコ酢感謝祭の時に踊るバルサミコ酢に対するツンデレダンス[編集]

バルサミコ酢 やっぱいらへんでぇ~☆![編集]

「バルサミコ酢 やっぱいらへんでぇ~☆!」と言って『Caramell Dansen』の曲に合わせて踊るダンスが存在する。 「バルサミコ酢 やっぱいらへんでぇ~☆!」と言っているが、後に「ウッーウッーウマウマ(゚∀゚)」というバルサミコ酢の味への感謝する言葉を発しているためにツンデレの意味が隠されていることが興味深い、伝統的なツンデレ的性格のダンスである。
→右側の映像はバルサ巫女の2人による神聖な踊りである。→

関連項目[編集]

外部リンク[編集]