バレエボウル

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

バレエボウル(ばれえぼうる、英:ballet bowl)とは、バレエダンサーを転がしてピンを倒す本数を競うスポーツである。

歴史[編集]

バレーボールに飽きた古代エジブト人が始めたのが起源とされる。日本には平安時代、「蹴鞠」という変則的バレエボウルが伝わった。 中には日本流(?)に、ボウル(日本においては鞠が使用された)が宙にある間、一本背負いや跳ね腰で他のプレイヤーをなぎ倒すという離れ業が 九州地方では流行したという。また、ロシアのような北極においては吹雪の中、氷上でバレエボウルをするという過酷極まりないバレエボウルが話題を呼んだ。 このバレエボウルは20世紀になっても一部地方で親しまれていたらしく、これがバレーボールにおいてロシアやブルガリアといったチームが強豪である 理由であるという。なお、バレエボウルで頭部にボールを受けすぎると身長が縮み、1hyde程になってしまう特異性頭部収縮症になってしまう恐れが あるとされている。

ルール[編集]

競技人数:ボウラー一人以上、バレエダンサー一人以上

ピンは幅40cm,高さ120cm、重さ50kgのものを使用し、その配置は間隔が3倍であることを除いてボウリングと同じである。

  • レーンはラバー製のものが主流で摩擦がとても大きい。
  • 投げる方向がずれるミススローは、ダンサーが転がって修正しなければならない。
  • 転がす方向には「でんぐり返し」と「寝返りゴロゴロ」の2方向が認められている。
  • ごく稀に、バレーボールと勘違いしてバレエダンサーを打つ、という人がいるがこれは危険で、反則でもある。
  • ダンサーは転がり続けなければならず、回転方向を逆にするようなターンも禁止である。

関連[編集]