バレンティーノ・ロッシ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「バレンティーノ・ロッシ」の項目を執筆しています。
バレンティーノ・ロッシ

バレンティーノ・ロッシValentino Rossi1979年2月16日 - )は、イタリア出身の。モーターサイクル世界選手権に参戦し、ワールドチャンピオンに10回輝く等「世界最強最速の猿」として高い名声を持つ。同選手権に出場中のロリス・「カピ」・ロッシは実兄にあたる。

またその外見から、現実の偉人ルパン三世と混同されることもある。

はじまり[編集]

幼少の頃から切磋卓磨するロリス・カピロッシとバレンティーノ・ロッシ

まだ世の中が混沌として天地分明定かならざる時代。東勝神州傲来国(イタリア)の花果山から生まれたロッシは、小さい頃からオートバイに興味を持ち、ロッシを拾った親父がレーサーだったことから自然とレースの世界へ馴染んでいった。

頭角を現す[編集]

稀に見るバランス感覚とマシン(キン斗雲)を扱う腕は、イタリア中をあっと言わせることとなり、アプリリアで怪人アラーダと出会い修行を重ね、天下統一の基礎を学ぶ。

親日家[編集]

若き日には青木三兄弟の家に転がり込み食事をせびったりゲーセンでつかう100円玉をせびリ尽くした。また、日本人を愛するあまり「イエローモンキー」となるべく派手な蛍光イエローの服やライダースーツに身を包み、猿を彷彿とさせる表情や髪型を好んでいる。この為欧米では日本人ライダーは「イエローモンキー」の座すら奪われ現在では「サムシング」と呼ばれるようになった。しかし「IT」と呼ばれる朝鮮人よりは幾分かマシではないかととある評論家は話す。

すごいよすごいよ[編集]

その後、ホンダに拾われたロッシは250クラスから500クラスへの参戦すんだよぉ~ そんでそんで!! ホンダ2st、晩年のイヤー、MotoGPクラスでは初チャンピオンになっちゃうんだよねぇ~

つまんねー[編集]

ホンダで勝ちまくってたんで、つまんなくなりヤマハへ移る。

ホンダ陣ブチ切れだけど、おまいらもアプリリアから引き抜いたんだから一緒だろと反論し実績を見せつけて、強かった。

2005年はまじで最強。

2006年は特攻野郎牛魔王のせいでチャンピオンを逃す。 ペドロザの恨みのタックルのせいで、ニッキー・ヘイデンがチャンピオンになってしまった。

2007年ケーシー・ストーナーにチャンピオンを持って行かれたが、実は中の人が男装した憧れの女性であることを早期に見抜いたため無理しなかったという説が濃厚。

2008年はやっと王座復帰。ご苦労様

まあ、いずれF1WRCに転向しようと考え中とか。またWRCに出るらしいし。