晩暗death

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索
出典: 八百科事典アンサイクロペディア(大丈夫、本当の項目名はバングラデシュだから。君は間違っていないよ。

晩暗death(バングラデシュ)とは、多すぎる人口を洪水や汽船でのエクストリーム・スポーツで処分することを国技とするガンジス河口の小国家である。

目次

[編集] 基幹産業

見よ、人が雲霞のようだ

この国の基幹産業はエクストリーム・災害死に参加するために引き起こされる各種の災害である。毎年やってくるボンナという破壊的水害に対する備えをあえておざなりにし、人災点と組み合わせることで、毎年高得点を記録する。しかし、余りに毎年参加するので、エクストリーム・スポーツの審査委員会から、

「人為的にやっているのでは高得点になりません。毎年では減点により平ボンナ点数しかつけられません。晩暗death国家様

と警告を受けている。

仕方がないので、晩暗デシュ政府はサイクロン以外の災害死亡者数を育成することを決議した。そして、通勤列車に人を山乗りさせて将棋倒しになる回数を上昇させようとしたり、意図的に定員以上の客を小舟に乗せて転覆させたりして、国際ニュース経由でエクストリーム・スポーツ審査委員会の耳目を惹きつけようとしている。最近では国民の大半がムスリム(その数1億以上)であることを利用して、エクストリーム・侮教者殺しにも参加しようと目論んでいる。そのマスコットはチッタゴンという恐竜で、2012年9月にはコーランを焼いた仏教徒の小学生に復讐するために、大量の無関係仏教徒が襲われ、なかなかの高得点を稼いだ。

2013年には経済発展のための基幹産業の縫製工場で大火災が起きて、700人以上が焼死し、責任者はノーベル殺人賞エクストリーム・謝罪の有力候補に同時ノミネートされた。1000台以上のミシンが同時作動して炎のPR活動を行っている。ユニクロプライマークといった晩暗death進出企業はソーシャル・ビジネス[1]の名の下で行っているエクストリーム・激安の暗部を暴くのかと暗い反論を行っている。

[編集] 敬愛の国旗

そんな国のカタカナ名バングラデシュとは本来「ベンガル人の国」という意味である。その国旗は日の丸の白地が緑になったものだ。なぜこのようなデザインなのかというと、これも日本と関係がある。

独立間もない1977年、日の丸色のイカレ軍隊ムンバイで飛行機を乗っ取り、首都の空港に強制着陸させたことがあった。迷惑極まりないバングラデシュ人は自分たちと同じく、すぐに軽い命としてチリになるだろうと人質や犯人を憐れんだ。

しかし、時の福田赳夫首相は「人の命は地球より重い」と言って、犯人の要求した身代金支払い要求に応じ、人質に一人の犠牲も出さずに解放させた。テロに屈したと国際的反発が沸き起こったが、はかなき晩暗death人にとっては望外の行為だった。「洪水に押し流されるだけで、空気より軽い自分たちの命に比べると、日本人の命はなんと重いことダッカ。そんな国に生まれダッカ」と大いに親近感を寄せ、策定間もなかった国旗を今のようなデザインにしたのだった。通貨がダカなのは、この時の声の語尾に由来する。

今の政権もその恩を忘れてはいない。政府関係者が東京にやって来ると、誰彼問わず「停電ばかりで晩暗いんデシュ。お小遣い恵んで欲しいんデシュ」と円借款の慈悲を望みに来る。日本語表記が「晩暗デシュ」となるのは、決して偶然ではない。

[編集] 晩暗なる歴史

この国の国土は、大英インド帝国が分離する時、ベンガルのムスリムが多い土地を選んで分離形成されたものだ。今では信じがたいことだが、独立当時は何の地理的つながりもないパキスタンの一部だった。しかし、インドと交戦状態になったままでは、国土を有機的に連結できるわけもなく、1972年分離独立することになった。

もちろん、分離独立への抵抗はあった。そして自由闘士ムクティ・バヒニとの闘争になったが、最終的にはパキスタン国軍が「このキヨイ国パキスタンが発展しないのは、晩暗な奴らがいるからだ。インドとの戦争に勝てないのは東方の奴らを抱えているからだ」と判断し、自ら独立を付与した。

そして、左翼政党のアワミ連盟党首だったムジブル・ラーマンが独立国の初代大統領になった。彼は「ベンガル人はベンガラのように赤くなるべき」と考え、パキスタンのズルフィカル・アリー・ブットーと同じく反イスラム型の国づくりを行おうとした。

すると、アワミ連盟に反対する軍部のジアウル・ラーマンがムジブルを晩暗deathして右寄りのバングラデシュ民族党を創設、イスラムの大義を護るべく軍事政権を敷いた。ジアウルも81年晩暗deathされたが、エルシャドが跡を受け継ぎ、1990年まで先軍政治を行った。その後はムジブルの娘であるシェイク・ハシナらが二大政党を建前にして、春樽というエクストリーム・ストライキを主な武器として晩暗な政治を展開している。それを糾そうとしたイスラム政党ジャマーテ・イスラーミーの指導部に対しては、「独立戦争でお前ら晩暗deathしてただろう」との理由で、Death判決が下された。

[編集] 外交政策

歴史的にその一部だったパキスタンとの関係は同じイスラム国にも関わらず望ましいものではない。これは、パキスタン人が過去、「ウルドゥー語を売るどー」とベンガル語の公的地位を一切認めなかったためだ。パキスタン人にとってのベンガル語は、「便が軽くなる言語」で学ぶ気が起きなくなる言語のようだ。

なので、今最も重要なパートナーはインドとなっている。大英帝国のベンガル分割令で分離させられて以来の市場統一が求められている訳だが、国境のマングローブ林世界遺産だからという名目で、交渉は遅らされるばかりだ。バングラデシュ側が鉄道の軌道をバラバラにしてインドとの統一を待望しても、インド側から「また事故りそう」と恐れられているのである。

東側ではミャンマーと接している。仏教国ミャンマーにはロヒンギャというムスリムの少数民族がいて、ミャンマー版の「ムスリム特権を許さない何たらの会」(ム特会)から迫害を受けている訳だが、バングラデシュは彼らに国籍を与えることを拒んでいる。なので、ロヒンギャ族は「俺たちも晩暗deathしろというのか。ギャー」と晩暗な政府を頼ろうとしない。

旧宗主国の英国にはバングラ移民のコミュニティーができている。ただ、良心的とされる英国人でも、晩暗な部分にしか関心を持とうとはしない。

地味だが、国連の平和維持活動に積極的に参加している。ただし、赴任先はコンゴソマリア等の晩暗な国ばかりであり、先進国の軍隊は彼らと共に行軍するのを大いに嫌がる。

[編集] ブラックな金融

そんな国にも近年、マイクロファイナンスという新しい名物が誕生した。モハマド・ユヌスグラミン銀行らが率いるこの金融機構は、少額、低利子でこれまで無縁とされてきた女たちに融資を行い、黄麻産業等で起業の門を開いたと、一般メディアから高い評価を受けている。

しかし、連帯融資で弱者に貸し出すという側面から、この金融に怪しからんものを感じるのは自然な感覚だろう。そうした黒い点は、この金融の主な担い手がブラックというNGOであるところに顕現しているかもしれない。それでも、良き面の方が多いということにされている。

しかし、融資遂行はなかなか苦労する。イスラム金融では利子をとってはいけないことになっているため、支払い不能になると、「利子を取るマイクロファイナンスは反イスラム」という反論が村単位で沸き起こる。そのため、ブラックならざるを得ない場面も登場してしまう。上のような主張を行う者は、「晩暗デシュの基幹産業はエクストリーム・ジハード」であるべきと唱え、1億4000万の人口を少しでも減らそうと晩暗なdeathノートにブラックの娘たちの名前をせっせと記している。


11059583579444.jpg この項目「バングラデシュ」を執筆した人は、キラの力により殺されてしまいました。そこでこれを見ているあなたにこの記事の未来を託します。
無理にとは申しません。だって執筆者は殺されている訳だし…。 (Portal:スタブ)

[編集] 関連項目


太陽は沈まない。
アンティグア・バーブーダ | イギリス | インド | ウガンダ | オーストラリア | ガイアナ | ガーナ | カナダ | カメルーン | ガンビア | キプロス | キリバス | グレナダ | ケニア | サモア | ザンビア | シエラレオネ | ジャマイカ | シンガポール | スリランカ | スワジランド | セーシェル | セントクリストファー・ネイビス | セントビンセント・グレナディーン | セントルシア | ソロモン諸島 | タンザニア | ツバル | ドミニカ国 | トリニダード・トバゴ | トンガ | ナイジェリア | ナウル | ナミビア | ニュージーランド | パキスタン | バヌアツ | バハマ | パプアニューギニア | バルバドス | バングラデシュ | フィジー | ブルネイ | ベリーズ | ボツワナ | マラウイ | マルタ | マレーシア | 南アフリカ共和国 | モザンビーク | モーリシャス | モルディブ | レソト
個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語