バンダイナムコゲームス

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「バンダイナムコゲームス」の項目を執筆しています。

バンダイナムコゲームス(英語名:BANDAI NAMCO Games Inc.、略称NBGI)は、詐欺・重工業・飲食店経営・アイドルプロデュース業などの超多角経営で知られる日本の企業。旧社名はナムコバンナムバンダイナムコなどの略称が存在するが、前者のほうはジャン=クロード・ヴァン・ダムとは関係ない模様。なお本稿では、当社の属する企業グループ・バンダイナムコグループ、親会社であるバンダイナムコグループの純粋持株会社・バンダイナムコホールディングス、及び当社から独立してアミューズメント部門に設立され、旧社名を冠したナムコについてもそれぞれ解説する。また社名変更以前のナムコを旧ナムコ、社名変更および独立以後のナムコを新ナムコとそれぞれ記述する。

概要[編集]

2005年9月29日の機動戦士ガンダムなどの軍事用巨大ロボットや、たまごっちという人工生命体の製造・販売で知られた株式会社バンダイと、パンチラゲームや脱衣ゲーム日活ロマンポルノといった、アレな事業を幅広く手がけていた株式会社ナムコ(俗に言う旧ナムコである)による、経営統合により誕生したバンダイナムコグループの完全なるゲーム部門として、2006年3月31日に行われた旧ナムコによるバンダイのゲーム事業統合、及び社名変更により誕生。その営業活動の広がりは国内外・地球内外を問わないことでも知られており、現在では異世界での販促活動が顕著である。なお2008年4月1日には、グループ企業・バンプレストのゲーム事業も、当社を吸収合併するという形で統合。

セガとの合併を蹴ってまでの超国家企業2社の経営統合は当時からしてセンセーショナルで、様々な風説と共に軍事バランスの崩壊が懸念された。一説には、旧ナムコの前身である「中村製作所」は「木馬」(デパートの屋上用)が主力商品であったことと、バンダイも「木馬」(左舷弾幕薄いよ何やってんの用)を主力商品のひとつとしていたことがあり、そこを共通点として意気投合したと言われている。ちなみに、2015年4月1日バンダイナムコエンターテインメントの新社名を名乗っている。

バンダイナムコグループ[編集]

2005年9月29日、バンダイと旧ナムコの経営統合により誕生。バンダイナムコゲームスは前述の通り、バンダイナムコグループのゲーム部門として設立された。

バンダイナムコホールディングス[編集]

2005年9月29日、バンダイと旧ナムコの経営統合によりそれぞれの親会社、および前述のバンダイナムコグループの純粋持株会社として設立。ほかの子会社にバンプレストなどがある。

ナムコ[編集]

2006年3月31日、バンダイナムコゲームスのゲーム部門特化に伴い、バンダイナムコグループのアミューズメント部門として同社より独立。

事業一覧[編集]

ここではバンダイナムコゲームス、およびナムコの事業を記述する。

バンダイナムコゲームス[編集]

  • クソゲー製造・販売
統合前のバンダイが得意としていたが、一方の旧ナムコも「続編クソゲー」のジャンルにおいては定評があったりした。いずれも国内外のクソゲーマニアに好評を得ており、『キン肉マン マッスルタッグマッチ』がミリオンセラーを記録したことは記憶に新しい。他の続編クソゲー代表作として、「ゼノサーガⅡ」、「ガンダム」、「縁日の達人」など。
地上戦用・宇宙戦用と多岐にわたる戦闘機開発を手がけている。日本国内の戦闘機開発事業としてはかなりの古参で、ゼビウスなどで国内の同事業を牽引していた実績を名高い。
近年においては、宇宙用戦闘機は後述の軍事用ロボットに押されて開発が遅れている一方、地上戦用戦闘機はベルカ戦争の泥沼化に従って需要が増しており、今後とも同社の主軸産業になるであろうと予測されている。


  • 飲食店運営
全国展開のイタ飯レストラン・イタリアントマトを、同社の主要株主としてコーヒーメーカー・キーコーヒーとともに共同で運営している。
  • 生物兵器開発
主に釘宮病ウイルスの開発が中心。
旧ナムコの極秘研究チームがI型ウイルスの培養及びテラーバイトの開発に成功した事が始まりとされる。これに引き続き、バンダイチーム側も携帯型釘宮ウイルス散布兵器「∞プチプチ ぷち萌え」の開発に成功。その後、旧ナムコチーム側が他社製の携帯兵器を利用したI型ウイルスの散布方法を開発するなど、組織内部で開発競争が行われているとみられている。
  • 軍事用ロボット開発
バンダイと共にお家芸、もとい中核事業として得意とする。現在は分社化が進み、事業の運営および製造は子会社のアナハイムエレクトロニクス如月重工篠原重工に委譲されている。
小型ロボット分野においてはホンダなどに一歩後れを取っているが、巨大ロボット分野においては世界屈指のブランドを確立している。特に度々起きたスーパーロボット大戦においては、必ずと言っていいほどバンダイの製造した軍事用ロボットが互いの陣営で使われていた。
その他の軍需産業としては、これ以外に宇宙戦艦の建造も行っている。
なお、軍事用ロボットの過剰生産による石油資源の枯渇が懸念されており、それにより世界的に大規模な紛争を招きかねないとして某私設武装組織が同社に武力制裁を加える予定であるとの噂が一部でまことしやかに囁かれている。
  • タレント事務所
かつてより旧ナムコが得意としており、多数のアイドルを輩出していることで有名である。
ナムコアイドル歴史は語り始めるとキリがないのでやめておくが、一般的にはカイワンダーモモワルキューレジェニファーなどといった80年代アイドル世代と、天海春香双海亜美などといったアイマス世代が有名だと思われる。多分。
最近ではバンダイの奴隷である東映アニメーションのブランド「プリキュア」まで吸収し拡大を続けている。
元は他社の製作していた作品を続編と偽装して兵器の開発も行っていた。偽装の質は大変悪く、ダイスの目が奇数と偶数交互に出るカードがあらぬ方向へ飛んでいくなど一目で偽物と分かる代物であったが、無限ループで硬直本来ブック内に組み込めないカードが突如出現してフリーズ、不必要に多いディスクアクセスなど恐るべき破壊力を多数秘めており、危険視した当局によって闇に葬られた。
  • 乗用車製造・販売
国内大手メーカーに比べると規模は小さいものの、悪魔のZなどのレーシング仕様車の世界においてかなりの知名度がある。
  • 人工生命体製造・販売
愛玩用の小型人工生命体を養殖し、全国の一般家庭に販売していた。現在では需要を失いつつあるものの、発売当時に多大なブームを呼んで、かつて傾きつつあったバンダイをセガの魔の手から救ったことでも知られる。
一方の旧ナムコにおいてもドットイーターと呼ばれる小型人工生命体の開発経験があり、同じくブームを起こしたものの、最近ではマニア以外には忘れられていたりと寂しい限りである。
旧ナムコにおいて、かつてゲームメーカー・アトラスバックアップを受けて共同で行われ、労働力の確保と悪魔の召喚を目的とした事業。またの名を悪魔召喚プログラムという。当初は源平討魔伝のために、平景清を召喚するためのものであったという。
当初、アトラスに在籍していた自称イザナギの生まれ変わりという、システムエンジニアの主導により開発されていたものである。その後、この事業の推進によって東京が崩壊したり、受胎することが懸念されたために封印されてはいたが、開発元であるアトラスにより真・女神転生のタイトルでまさかの復活。以降、アトラスは同作をきっかけに単独で事業を継続している。
あれ? こんな事業やってたっ・・・うわぁぁぁ! 窓に! 窓に!
死亡確認.jpg
死亡確認

ごめんなさい。ごめんなさい。
この時代ではお伝えできない事実が含まれていたため、投稿者は消去しました。

ナムコ[編集]

  • アミューズメント施設の経営
池袋にあるナンジャタウン神戸スイーツハーバー横濱カレーミュージアムなどを経営している。

関連項目[編集]

  • バンダイ
  • バンプレスト
  • カプコン - 大昔の765関係者が、創業に関わったとか無いとか。
  • アイレム - ここも色々と水面下で接触があったとか無いとか。実のところ、バンナム社員の何割かはバイド化している可能性が。
  • 宮本茂 - 宮本氏は765をネ申として崇めているらしい。


Takagi.gif あー、そこでこっちを見ている君! そう君だよ、君! まあ、こっちへ来なさい。
ほう、何といい面構えだ。ピーンと来た! 君のような人材を求めていたんだ!
我が社は今、「バンダイナムコゲームス」を秀逸な記事へと導く、執筆者を募集中だ。
ま、詳しくは入社してからと言う事で、まずは加筆を始めてくれたまえ
……あ、おーい、どこへ行くんだね? 我が「バンダイナムコゲームス」は、いつでも君を待っているぞ~!! (Portal:スタブ)