バーザム

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「バーザム」の項目を執筆しています。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「バーザム」の項目を執筆してくれています。

バーザムとは、ティターンズに配備されたはずだがいつの間にか消えていたMSである。

概要[編集]

ジムの発展機であるジムIIやジムクゥエルがポンコツだった上、虎の子だったガンダムMk-IIをエゥーゴに三台纏めて盗まれたティターンズが「形だけでいいから量産型を」として企画した量産型モビルスーツである。が、アナハイムの汚職をネタにしてマラサイの一次生産分をタダで入手した上追加発注も出来るようになったため全くのいらない子となってしまった。

生粋のいらない子であるため、名の有るパイロットは誰も乗っていない。一応はMk-IIの量産型というポジションだが、外見で似ているのはヘッドフォン型バルカンポッドくらいである。角の生えた単眼フェイスはジオニック的だが、ティターンズニューギニア基地設計ということはジオニックと関係はないと思われる。そしてバーザムには腰がない。胴体から直に足を生やしている特異なデザインである。更に股間に卑猥なモールドが刻まれており、表に出すことを躊躇うほどのダメ機体となっている。

徹底的に見せ場がない上腰がないデザインのため金型が使い回せずキット化も無く、余程のマニアでなければ知らないMSである。が、21世紀に入ってからはネット上で人気を上げている(後述)。

武装[編集]

この時代の標準装備。前腕部に格納されているため、二本同時に抜刀出来ないという欠陥がある。背中に付けておけばいいものを、何故内蔵したのか。
同じくこの時代の標準装備。ただし持ち方が特殊な上Eパックがないためケーブルを繋いで使う必要がある。
ヘッドフォン。Mk-IIとお揃いだが、実はアニメで使用したことは一度もない。
設定上は存在するが、それだけ。
メガ粒子砲だとかスラスターだとか色々言われるが、詳細は不明。

その後[編集]

21世紀に入った後、何を思ったかふたば☆ちゃんねるdat板にて人気が爆発することとなった。既存の画像をバーザムに差し替える「ザムコラ」や擬人化した「ざみぃさん」など様々なネタが生まれ、datを代表するネタの一つとなったのである。

そしてZガンダム新訳劇場版でも活躍が期待された。…が、出てきたのはセンチネル仕様の所謂「Ver.ka」となり多くの「」が刻の涙を見るはめになってしまった。Ver.kaは頭部ユニット以外はジム系になっており、使い回し前提のデザインだったのである。

そんなこんなで2017年春、HGUCにて遂にプラモデル発売予定となった。オリジナルバーザムのデザインではあるようだが、どうなるのか……。


関連項目[編集]