パリ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

パリ(仏:Paris、巴里)とは、フランス首都である閉鎖都市。花の都としてロマンティックな空気が漂う、世界中の少女たちの憧れの街である。芸術の街としても知られ、おしゃれな印象も強いが、実際は花の都というよりはむしろ臭いゲイ拝火教の都である。

2024年にパリでオリンピックが開かれた場合の、原子力大国フランスならではの光景

歴史[編集]

中世には、セーヌ川のまわりのぬるぬるした湿地帯のまわりに、小集落が存在するのみであった。当時先進地だったイタリアから見ればまさしくド田舎で、パリの語源も「田舎者」もしくは「乱暴者」である。

フランスの首都になった後は、小汚い集落のまわりにカタツムリよろしくうねうねと螺旋を描くように街を発展させた。そのころ、街には下水道がなく、住民は汚物を道に投げ捨てていた。道は汚水であふれ、そのためにハイヒールが生まれたと言われているほどである。なお同時期の江戸には屎尿を肥料に用いていて、金を出して引き取ってくれる業者がいたという。この当時、どっちの街が美しいといえたかについては、考えるまでもないだろう。

現在では下水道こそ整備されたが、ごろつき(サルコジ談)が街にあふれている。子どもたちも、すり、ひったくりなどを日常的に行う危ない街である。

印象改善[編集]

そのように決して美しい街とはいえないパリの印象をなんとかよくしようと、さまざまな試みが行われてきた。

ルイ14世ベルサイユ宮殿を豪華に造りかえた。これは「ベルばら」などで紹介され、一定の効果があった。ただ、そんな華麗で壮大な宮殿にもトイレはほとんどなく、建物内でも男性諸氏はいたるところで立ちションをし、庭には人糞が撒き散らされていた。

戦後は「おお、シャンゼリゼ」という歌によってイメージアップが計られた。たしかに耳に心地よいが、要するにナンパで女の子を引っ掛けることを歌ったものである。しかもこの歌は、もともとはロンドンを歌ったものをパクったのである。パクリで名をあげようとは、パリ人の根性の悪さがよく出ている事実である。

なお、現在は人糞こそないがの糞は街中に転がっている。

パリジェンヌ[編集]

住民は自らのことをパリジャン・パリジェンヌと呼ぶ。気取った人間が多いことは良く分かる。また日本からのスイーツが腐って返却される様を嘲笑う感性を持つ。更に現在でも人口は210万人程度で、京都の1.5倍。中国人に言わせれば、今なお小都市の田舎者である。

彼らは数学に弱いらしい。ようするにおつむが弱いのである。おつむだけかと思いきや、簡単に普仏戦争時にはプロイセン軍、第二次世界大戦時ではナチ軍に占領を許すなど、腕っ節も弱いらしい。強いのはプライドだけである。さすが京都の姉貴分だ。

観光スポット[編集]

  • シャンゼリゼ通り
新凱旋門から、ガラスのピラミッドまで。古い街並みよりもいまではそちらのほうが注目されている。
  • ルーブル美術館
モナ・リザが展示されている。1913年以降は贋作に置き換わっているとか。
  • オペラ座
地下に怪人が住んでいる。そのため怪事件がよく起こるらしい。
  • エッフェル塔
ヨーロッパ最大級のホテルの隣。完成前から、鉄の塊と散々罵倒された建物。第1テラスから飛行服を着て飛び降り、即死した人もいる。
  • 下水道博物館
下水道の歴史を紹介しているが、パリが下水道を整備したのはごく最近のこと。モヘンジョ・ダロ藤原京の頃から下水道を整備していたアジア人からは見向きもされない。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「パリ」の項目を執筆しています。
Quqpacmanlogo3.png
パリが放った発言は、後世の物好きのために、有志たちによって「Unquotable/都市伝説」へ収録されています。