パワハラ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちによって「パワハラ」はリダイレクトページになっています。変なページに飛ばされるので、クリックしても意味はありません。

パワハラとは、権力を持つ者が、自身の知名度を高める為に、「部下をいじめる」という行為である。

一般的なパワハラの手法[編集]

部下に精神的なダメージを与えることが一般的である。 その際、言論を用いることが多い。このことを、「パワハラ発言」と言う。 部下へのパワハラ発言をするときは、以下の姿勢が要求される。

  1. 高圧的な態度
  2. 権力
  3. 暴言
  4. 相手がショックを受けるような言葉

尚、パワハラを実行する際は、後のエクストリーム謝罪と、会見に備えて、言い訳を用意する必要がある。

パワハラを行った後の経過[編集]

パワハラが発覚した場合、次のようなプロセスで知名度がアップする。

  1. パワハラが発覚する
  2. 週刊誌に載る、テレビで放送される、新聞に大きな見出しがつく
  3. パワハラを否定する
  4. パワハラを認めざるをえなくなる。
  5. パワハラを認め、エクストリーム謝罪を行う。

問題点[編集]

このように、パワハラは知名度を高めることに非常に有効な手段である。 しかしながら、何事も上手くいく事は無いのである。 実はパワハラにはいくつか問題点がある。

権力を失う
これは、多くの場合に気づいていないことである。
パワハラをすれば、当然ながら部下、すなわちパワハラを受けた側は、パワハラを報告する。すると、パワハラを行なった側に批判が殺到する。すると、知名度はアップする。
だが、それはあまり良くない意味での知名度である。しかし、多くの場合、悪い意味での知名度がアップすることに気付いていないことが現状である。
知名度はあくまでも一時的なものである
多くの場合、権力を失うことに気付いていないを説明したが、知名度はあくまでも一時的なものであることにはもっと気づいていないのである。
たとえ知名度が上がろうと、新しいニュースが入ってきたら、すぐに人々の頭から記憶が抹消される。
しかし、中にはこのことを理解の上でパワハラをしている場合もある。けれども、この例はごく少ない。また、麻原彰晃や金正恩など、歴史に残るような場合もある。しかし、両者とも、十分パワハラレベルのことをやっているにもかかわらず、両者ともサリン開発やミサイル発射などで、パワハラが目立っていないという特徴がある。これは、パワハラ界においては非常に残念なことである。
技術が要求される
前述のとおり、パワハラを行なった後には、エクストリーム謝罪記者会見などを開く必要がある。
そのため、謝罪や言い訳の能力も要求されるのである。ちなみにこれは前述の2つの問題と違い、多くの権力者が習得している技術である。

結論[編集]

パワハラは知名度を得る手段としては、有効では無い。

関連項目[編集]