パンチラ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

あれを想像した人は、直ちにこのページから去ってください。


パンチラ(ざんねんでした)とは、の品種であるチンチラから分岐したボクシングの得意な猫。ミッキー・ロークは関係ない。

パンチラの仔猫
油断していると鋭いフックを食らう。仔猫吸引には向かない。
パンチラの主食。全部見せては駄目である。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「パンチラ」の項目を執筆しています。

概要[編集]

パンチラは、チンチラのように長い毛質を持った猫である。顔面はボクシングに適しするよう、立体視を重視して平坦である。またそのフワフワな姿に似合わず、根性で食い下がる性質が強くてかなりのブルファイターである。

本来は白→灰色の緩やかなマーブル模様ではあるが、余りのブルファイターであることから、ほぼ日常的に返り血を浴び、(凶暴)艶やかな黒→赤暗色→赤茶色→茶色→オレンジ色(ややおとなしい)であることが多い。本項の写真である仔猫のパンチラは、まだ幼いためそれほど返り血を浴びていない。特に黒や赤暗色のパンチラは非常に好戦的であるため、近づけばノックアウトされるまでは、逃げ出すことすらできない。

大きさは普通の猫よりも多少大きいくらいでは在るが、ちょうど金的をアッパーカットで直撃する大きさであるため、屈強の男といえど一撃である。

非常に危険なので近づかないほうがいいだろう。

風がとても苦手である。

関連項目[編集]