パーフェクト・ディザスター

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索
1991年の大災害を描いた  2001年作映画の劇場用   ポスター

Translated from Perfect Disaster

パーフェクト・ディザスターとは、ビジュアル的に迫力満点であると同時に、感動的な人間ドラマを生み出しやすい大規模大災害のこと。

こういったディザスターは一連のほぼ有り得ない事件がうまく連動して起こることによって始まり、結果として様々な個性豊かなキャラクターが運命の出会いを果たし、メッセージ性の高い、なおかつ見所の多い展開が繰り広げられるというパターンが一般的。パーフェクト・ディザスターは大災害の猛威の中に巻き込まれる人間のお互いへの密かな想いをさらけ出し、数々のカップルを成立させた時点で必ずなんらかの手段によって鎮められエンディングを迎える。

近代において唯一知られているパーフェクト・ディザスターは実際に1991年10月に起きた。この大災害は、低レベルの破壊力とドラマ性をはらんだ数件の(やや信じ難い)出来事が重なり、段々と非現実的極まりない(が、不思議に有り得るように思えてしまう)大事件に展開していったことが原因だった。その結果、目を疑うほどのすさまじい破滅が訪れ、各避難地に一握りのフォトジェニックな生存者を孤立させ、劇的なストーリーの幕を開けた。この事件に基づいて、映画監督ローランド・エメリッヒが2000年に映画「パーフェクト・ディザスター」を完成・上映させた。

[編集] 1991年のパーフェクト・ディザスター

1991年のパーフェクト・ディザスターを解説するならば、まずは最初のうちからその実現を予測していたが、米大統領になかなか信じてもらえなかった数人の人たちを紹介するのが有効と思われる。

1991年10月1日の午前8時、元地震学者で現在古気候風士兼素人コンピューターアナリストのニール・ハッカー博士が、本格的っぽい精密機械から映し出される3DCG映像から恐ろしい事実を知った。そのCGの示すとおりに事態が推移すれば十年以内、いや、もしかしてその日のうちにパーフェクト・ディザスターが起こり得ることが判明したのである。

この危機の到来を大統領に知らせるべく彼がホワイトハウスへ急行している間にも、世界各地で大災害の兆しがすでに現れ始めていた。グリーンランドでは棚氷が大きく崩落し、そこで観光していた家族が危うく踏み潰されそうになった。一方、ニューヨークでは絶え間なく続く暴風雨が大規模な交通渋滞を招く。宇宙では、迫りくる宇宙人軍団が月面に不吉な影を落とす。アトランタの米国疾病対策予防センターでは、ある科学者がアフリカのジャングルから新型疾病研究用に入手したサルに噛まれ、高熱の伴うインフルエンザ様の症状を示す。シカゴの中富ガラス・ワールド・スカイ・センターでは欠陥配線による火災が人の見えないところで勃発する。ヨーロッパではエッフェル塔、ピサの斜塔など、とても分かりやすい記念建造物が小粒の隕石に衝突され、洪水や小規模地震にさらされる。ただし、ヨーロッパでは壊滅的な被害はあったとはいえ、魅力的な人物造形やわが身の危険を顧みない勇敢さは全く見られなかった(特にフランスにおいて)。

パーフェクト・ディザスターがどのように引き起こされたかを正確に解説するならば、運命に引き寄せられサバイバル劇を生き抜いた人たちを最初に紹介するのが最も有効と思われる。

悲劇の朝、将来有望なジェット機パイロットで片手間に消防士のバイトをしているジャック・ハンターが妊娠5ヶ月の妻と挨拶のキスをし、最近買った郊外のマイホームを後にする。ニューヨークに住むホームレスのトレバーはペットの豚・スキッピーを連れて宿と食べ物を探している。一方、成績優秀なジェーミー・ドナルドソンとそのエスニック風友達のアニーシャが卒業旅行でメトロポリタン美術館に入場している。クラスメートでツッパリ役のサム・カローラはいたずらをしたためにエンジェルウッド先生から指導を受けている。

その後訪れる悲劇を知る由もなく、以上の人たちがいつもと変わらない一日を過す中、その日に訪問していた父親とともにハッカー博士がホワイトハウスに到着する。ハッカー博士は自分の携帯電話で「17歳の息子の迎えは忘れない」との旨を元妻に伝え、同時に大統領とアポを取ろうとする。しかし、自己の権益しか頭にない陰険な副大統領のチック・デイニーは、ハッカーの警告を自然共存主義のたわごとと軽蔑し、勇敢で気高い大統領(映画ではジョージ・クルーニー)に取りついでくれない。

F-16戦闘機でトルネードに攻撃を仕掛ける大統領

このあたりで様々なスリリングな大災害がこれでもかと連発し始める。

まずは最初に、17個の竜巻が同時にロサンゼルスを襲い、有名な建造物をぶち壊しながら数台のスクールバスを無残に吹き飛ばし、市民におもしろおかしく衝突させ死亡させる。ロスは全滅し、スリーマイル島の原子力発電所がオーバーヒートしだし、発電所職員がメルトダウンによる大型爆発を避けながら必死に避難しようとするものの、超迫力の最後の爆発が全施設をぶっ飛ばす(事件後に行われた調査では、従業員47名ほどが火の玉から追われながら廊下をドラマチックに逃げ回っていたことが判明した)。発電所が次々と科学上あり得ない連鎖爆発を起こしているころ、ディザスターがついに宇宙軍団をワシントンD.C.襲撃に乗り出すように仕向け、その結果あらゆる記念建造物が破壊される。しかし、ハッカーとその父親、大統領は命からがらホワイトハウスからの脱出に成功する。ま、当然ながら副大統領はグロテスクかつ苦しい最後を迎える。

3人が崩壊するワシントンD.C.からの脱出を図る最中にハッカーは大統領にディザスターの原因を微に入り細をうがって説明し、大統領がもっと早く耳を傾けてくれさえいれば全ては避けられたのだということをこれでもかというほど思い知らせる。ハッカーたちが政府の秘密地下基地に向かうころ、ディザスターはニューヨークに広がり、世界貿易センターが一瞬にして生き返った恐竜によって崩壊させられる。その直後、くだんの恐竜は伝染性の高い殺人ウイルスに感染するが、まもなく都市の大半を滅ぼす巨大な火の玉の下敷きになって死ぬ。

運命のヒーローたち3人は、津波による洪水、流星雨、街をさまよう3匹の狼、爆発寸前の火山、そして猛毒を持つと思われる徘徊中のイモリなどの脅威によって、メトロポリタン美術館に閉じ込められている。ディザスターの猛威が増す中、ヒーローたちは寒さと戦い、狼たちを追い払い、食料を探し、溶岩を回避し、イモリを食べる誘惑に負けないように自制し、劇的な結末を迎えてそれからやっとお互いへの密かな想いが告白できるような適切な時期が訪れるまで、極端に厳しい状況をしのごうと奮闘する。

一方、地下の秘密基地では、大形地震によりラスベガスが、テロリストによりデンバーが、そして謎のブラックホールによりシアトルが崩壊したとの情報が入る。そのときハッカーに解決策が閃く。ヒントとは父親の何気なく言った一言であった。パーフェクト・ディザスターを鎮めるにはパーフェクト・ソリューションが必要だ!(ババーン:効果音と雷光)。パーフェクト・ソリューションを用いれば、劇的なシーンで数人の登場人物が自らの命を犠牲にし、その尊い犠牲によって破壊の手が止められ、さらに(このディザスターによって魅力的な人物造形が成し遂げられた)登場人物たちが感動の再会を果たすはずである。

決断力に優れた大統領は直ちにソリューションを実行に移した。

そしてディザスターの通り過ぎた廃墟を前に、残り少ない勇敢な生存者は避難所から出、瓦礫の山々となった街がロマンチックに照らされる風景を眺める。最後に、宇宙人の巨大戦艦との戦いを終えたばかりでまだ戦闘服姿の大統領が、環境問題、移民政策、税金制度改革などの様々な社会的、政治的な問題、そしてアメリカ国民としての価値観に関するスピーチを述べることでディザスターが終末を迎える。

映画の終わりにハッカーはついに妻と息子と再会する。ジャック・ハンターは、夫は死亡したという誤報(実際に死んだのはその僚機に乗っていたドナルド)を信じていた妻と再会する(ちなみに、ドナルドにも妻はいたが、ジャックの妻ほど美人ではなかった)。ジェーミーはディザスターの生み出した様々の危険から5回も命を助けてくれたツッパリ役のサムに愛の告白をし、二人は街の狼たちに喰い殺されたアニーシャの死を深く悲しむ。

[編集] トリビア

  • パーフェクト・ディザスターの構想を始めて聞かされたローランド・エメリッヒ監督は思わずその場で射精したという。
  • 事件後に行われた調査結果によると以下のことが分かった。
    生存者は約32万の小人数のグループ(一組約8.4人)に別れて過ごしていた。そのうち、1.4人は黒人、6.3人は10代の若者、1.2人は命に関わらない程度の怪我を負ったが、他のメンバーにおんぶされるなど、人道的な行為で助けられた。

[編集] 名台詞

  • 「ビリー!!そこから逃げるんだ!嵐と嵐が衝突したぞ!」(大統領、息子に向かって)
  • 「最後までどうなるか分からない。」(ハッカー、解決策が実行に移された直後に大統領と気まずい沈黙がしばらく続いてから、全てがうまくいく自信を示すシーン)
  • 「俺の地球から出て行け!!」(大統領、トルネードを挑発して)
  • 「地球環境保護をもう少し考慮すればよかったか!」(副大統領の最後の台詞)

個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語