ヒスパニック

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

ヒスパニック(英語:hys-panic)とは、すぐにヒステリー(ヒス)を起こしてパニックに陥ってしまう人々を示す形容詞または名詞である。

典型的なヒスパニックのひとり、野比玉子
ヒスパニックの日常生活

概要[編集]

ヒスパニックの語源は、「パーンの子宮」を意味するギリシャ語の「Υστέρα του Πανικόν」である。パーンはギリシャ神話に登場する牧神であり、男性の姿で描かれることが多いが、パーンが子宮を得て女性となると牧場に大混乱を生じさせると信じられていた。

ヒスパニックには女性が多く、典型的には、その女性が母親である場合にはヒスパニックである確率が高いとされている。男性のヒスパニックも存在するが、「やめなさい!男のヒスパニックはみっともないわよ」と言われてしまうため、ヒスパニックであってもそのことを隠している場合が多いものと推測されている。

ヤンデレとの関連性が指摘されることもあるが、ヤンデレは多くの場合ヒステリーを起こしても自分の行動の意味は理解しているのに対して、ヒスパニックはパニックに陥っているため自分が何をしているのかすら分かっていないことが多い。

アメリカにおけるヒスパニック[編集]

アメリカ合衆国では、ヒスパニックが増加傾向にある。

1938年、H・G・ウェルズ宇宙戦争を原案とするラジオドラマが放送された際に、多くのアメリカ人が本当に火星人の襲来があったと信じてパニックに陥り、大混乱が生じた。これが、アメリカにおいてヒスパニックの存在が初めて認識されたときであった。

現在では、全米で5000万人を超えるヒスパニックが在住しているとされる。これはアメリカ人口の16.3%を占める数字であり、ヒスパニックはアメリカ国家のアイデンティティーをも脅かす一大勢力となっている。

ヒスパニックは、日常生活の中でわずかな問題が生じるだけでもヒステリーを起こし、さらにパニックに陥ってしまうため、ヒスパニックとの間ではなかなか思うように会話が成立しない。 そのため、アメリカの多くの州では、ヒスパニックに通常人にも理解できる言葉を話させることを強制することを目的として、英語を公用語と定める法律が制定されている。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ヒスパニック」の項目を執筆しています。