ヒラメ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ヒラメ」の項目を執筆しています。

ヒラメは、寿司ムニエルといった小生意気な料理になるカレイとは違い、煮付けや唐揚げ等の大衆向け料理に使用されるの一種。姿かたちはカレイに似ており、判別の仕方は目のある方が体の左側で、日本では「左ヒラメに右カレイ」といってカレイ類と区別する。

概要[編集]

目が左側にあるヒラメ。不恰好なその容姿も大衆ウケする理由の一つ。

ヒラメは薄っぺらい姿をしており、その姿から漢字では、平目と書かれている。生息地域や種類も多く、浅瀬から深海、種類は100種類以上が確認されている。このことから水揚げ量も多く、大衆魚となった。

普段は海底に生息しており、目が有る方を上にして海底に寝そべっている。これは、目がある方が周りの砂や泥の色と似ており、擬態をする為である。逆に裏側は真っ白であるため、うっかり反対に寝返ろうものならたちまちその姿が人目(魚の目かもしれない)に晒されてしまう。また、体色は有る程度変えることができ、周囲の環境に合わせて体色を変え擬態することもできる。これらの特徴を活かし、ダイバーの間ではヒラメを使ったオセロが流行っている。

餌は主に小魚や海底の無脊椎動物を食べる肉食性だが、似た姿をもつカレイとは違い、どんくさく動きが早い餌はなかなか捕らえることが出来ず、動きが遅い餌にはなりふり構わず飛びついていく。釣りの際には、カレイ釣りでは小魚やリアルな動きのルアー等を用いるのに対し、ヒラメ釣りではゴカイやイソメのほか鈍重な動きのワームを用いる。

ダイバーからはオセロとして、釣り人からはどんくさいイメージを持たれるなど、散々な扱いを受けているように思われるが、これは逆に多くの人に愛されているという証拠でもある。カレイのようにお高く止まった魚ではなく、中流家庭の台所に流通するヒラメこそ、愛されているのだ。

また、大衆向けで多くの人から愛されているヒラメであるが、その人気をあやかりたかったのか、ヒラメという名前を持つ女の子が漫画じゃりン子チエにも登場している。この女の子は主人公ではなく、特に目立つわけではないが、他の泡沫キャラクター達とは違い、主人公であるチエといつも仲良く遊んでいる。

魚のヒラメといい、漫画のヒラメといい、メインをアシストする名脇役なのである。

食材[編集]

キャラクターだけでは台所に流通するはずはなく、今日までヒラメが多くの家庭で食べられてきたのは味がずば抜けてよいからである。身は白身であるが、他の白身魚と違い安く仕入れられる。用途は多いが手間が掛かるものは少なく、身を切っただけの刺身、甘辛い液体(成分は不明)に浸して火を掛けるだけの煮付け、ただ焼いただけの焼き物、油に通しただけの揚げ物などお手軽料理ばかりである。これらが多くの人に愛されている理由であるが、産卵前のヒラメは卵巣が特に美味であり、子持ちヒラメとして冬の味覚として好まれている。

関連項目[編集]