ヒラリー・クリントン

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「ヒラリー・クリントン」の項目を執筆しています。
ヒラリーは世界一のKYを目指している。
お疲れのヒラリー。
男妻であるビル・クリントンとSMプレイに興じている様子。

ヒラリー・クリントン(Hillary Rodham Clinton、1947年10月26日 - )は、アメリカ合衆国ビル・クリントンの女夫であり、自らも選挙に立候補した野心満々政治意欲盛んな女性である。

夫と同様しばしば間違われるが、姓はクリントンであって栗きんとんでも不倫トンでもない。

目次

[編集] 来歴

イリノイ州シカゴに衣料品店の平凡な子として生まれるが、離婚により貧しい生活を強いられる。 だが貧しさにも負けずに持ち前の優秀さでクラスの成績はいつもトップ。しかもテニススケートバレーボールもたしなむ高嶺の花だった。しかし大統領の妻になるとは誰も思っていなかった。そして未来の大統領ビル・クリントンと結婚。しかしあまりに完璧な女というものに男性の心は引かれにくいものでクリントンの心はモニカ・ルインスキーへと傾く。彼女と大統領執務室でのフェラチオというアダルトビデオでも今まで実現し得なかったようなことをするもばれてしまい、夫が変態だということが合衆国中、いや世界中に広まってしまう。しかし心の広い(振りの上手い)ヒラリーは私のほうがフェラチオがうまいと許してあげる。実はレーガン夫人がファーストレディの中では一番フェラチオが上手だったと言われている。

[編集] 大統領選

そんな彼女も満を持して2008年アメリカ合衆国大統領選挙に出馬を表明する。もし当選すれば初の夫婦で大統領経験があることになる。いや、それどころかアメリカ合衆国初の女性大統領の誕生である。それに対抗し初の黒人大統領を目指すデイビッド・パーマーバラック・オバマや爽やか系の上院議員ジョン・エドワーズらが立候補しているが、女性からのの支持や夫の七光りもあって、当初は支持率トップであった。救いといえばアメリカ合衆国最凶の女コンドリーザ・ライスやアメリカ合衆国最強のエコロジストアル・ゴアが大統領の座に興味を持たなかったことであろう。

さらにニューハンプシャ―州では(もちろん嘘の)涙を見せて「鉄の女」のか弱さをアピールし支持率をアップしたりとなかなかの策士でもある。この涙の支持率アップに焦ったオバマも涙を見せたが支持率が下がった話は有名。

そしてついには、オバマ氏に対する殺人予告を行った。元首候補が他の候補を殺人教唆することは世界的に見ても極めてまれで、現地メディアは一切報道しないものの、中国ではアメリカと比べて自国がいかに優れているかを称える集会が各地で開かれる予定である。

6月3日、民主党候補指名争いでオバマ氏に下された彼女は持ち前の世渡り能力頭の回転力を活かして方針を変更、副大統領を受け入れる姿勢を示した。オバマ氏が当選した際には彼を暗殺することで大統領に昇格しようという狙いがあるのだと指摘されていたが結局はジョセフ・バイデンが指名された。しかし、放っておいたら何をされるかわからないと考えたオバマは、ヒラリーをコンドリーザ・ライスの後釜の国務長官に指名し、ヒラリーはこれを受諾した。

大人の娯楽を嫌う俺たちの敵であるため大統領になっていたら暗殺されていたかもしれないビッチ。

[編集] 国務長官

オバマの大統領就任に伴い、国務長官に就任。マデレーン・オルブライトや前任のコンドリーザ・ライスといった過去の女性国務長官と同じ穴に落ちるのか、別の芸風を見せるのかが注目される。

とりあえずピアノを嗜むライスに対抗して、ヴォーカルマイクを握ってみた[1]

[編集] 関連項目

この項目「ヒラリー・クリントン」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)
個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語