ビッグバン

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「ビッグバン」の項目を執筆しています。
Bouncypotato.gif
この記事「ビッグバン」は何故か「ビックバン」とネタや題材がダブっています。どちらが真実なのかは神のみぞ知ります。

ビッグバン(Big Bang)は宇宙の初期に起こった現象。

目次

[編集] 理論的基盤

ジョージ・ガモフがマイクロ波背景放射で、フリードマンモデルの中に水素猫耳の存在比を見つける。これを元に相対性理論は矮小銀河問題でありコンプトン散乱からレイリー散乱まで幅広く散らばっているとの見解を発表。電子はダークマターなのでスカラー電磁波のヒッグス場効果によりにゃんにゃん写真が公表される。この写真とクルックス管がコヒーレントな波長を発生させチャンドラセカール限界を超えるとハミルトニアン=0となる。ハミルトニアンが0になる314プランク秒前にヤコビ行列で言うループ量子重力となる、これがいわゆるカーブラックホールまたはバリオンである。

しかし、ハッブルが高性能望遠鏡で宇宙を観測した結果は、意外にもアンダーソン局在でソフトマターなモノポールであった。これはメタルギアの破壊に失敗したプレイヤーが理論ミニマムを遺憾なく発揮した結果と考えられ、ローレンツ変換!ローレンツ変換!と叫ぶことにより計算上回避できることが分かった。この計算法はくりこみといわれワインバーグと朝永がマクドナルドで開発したとかしないとか。この時期、ルメートルの理論にホイルが皮肉的にビッグバンと呼んだのが始まりである。

衛星ほりえが捉えた時間平面

1980年代に入ると観測機器の発達により様々な仮説の検証が可能になる。この中でも特に人工衛星ほりえが位相空間の理論検証の為に打ち上げられ大きな成果を出す。時間平面状の1点に、胸にほくろがあるクォークグルーオンプラズマが発見され、ゲイ=リュサックの法則を根底から覆す冷たいダークマターであると、学会を騒がす。これはΛ-CDMモデルの特殊解であり、巨大磁気抵抗効果とシンクロトロンがシュレディンガーの猫ではないかとの見解もあるが、スレイター行列式の階段行列からジョルダン解が導かれユニタリ変換の一次定数がギブズ自由エネルギーをとりうるとの見方が一般的である。

1980年代後半は世界中の研究者が日本のバブル経済に浮かれ、騒いでいたので特に進展は無かった。

特筆すべきは1998年以降でドラマ「お金が無い!」の再放送に感化されたマッハが熱力学第二の法則を覆し、自らの体がどんどん熱くなることを発見、やばいよやばいよと論文を発表。これがかの有名なフェルマー予想解決である。キルヒホッフの情報理論を元にビッグバンの理論修正が進み、ビッグバンの前にはインフレーションが起こったのではないかとの予測もこの頃に発表されている。しかし、コミケやPS3購入よりもインフレーション理論構築を優先する日本物理学会に懸念と批判の声も多い。

2006年現在、ニュートンリングの観測のために建設中の核融合実験炉がのとである。この実験には他にもナヴィエ=ストークス方程式で導かれるマーデルングエネルギーを微細構造定数αにファラデー効果するための機器を載せることも検討されている。なお、建設候補地として名乗りを上げた青森県は、世界中でのロビー活動により財政危機に陥るが建設誘致の成功により巨額の税金が入ると予想される。

[編集] ビッグバン理論に基づく未来

ダークエネルギーが観測される以前は、ハルヒイズムとジャイアニズムの対立と、それに伴う世界各地での大国間の代理戦争、フェルミ縮退の応用である縮退エンジンとナデシコ的相転移エンジンの対立が研究の中断を余儀なくさせた。

それまでのヒルベルト空間がCPT対称性の破れを説明するものと思われていたが、ビッグバンの提唱により、バンド計算の誤差を修正するハメになり空気冷凍サイクルとデュロン=プティの法則が電弱理論(ワインバーグ・サラム理論)のテイラー展開のために20年遅れたといわれている。しかし、この計算結果から宇宙は将来、年金受給者になりうるとの見解が一般的になる。これは「宇宙も年を取ると年金もらうのが普通でしょ」と書かれたトムソン論文に端を発する。

年金を受け取りにくるのは誰か?

宇宙が年金をもらうという奇抜なアイデアを学会は無視することになるが、計量テンソルと空間テンソルのポアソン比をルジャンドル多項式に当てはめた場合、S軌道を埋めるボソンが存在することになり、宇宙が年金をもらうというアイデアを無視できなくなる。その場合、年金の受け取り窓口は何処になるか、年金をどの国の通貨でもらうかは現在も研究中である。

[編集] ビッグバンを超える純理論的物理学

ビッグバンモデルは宇宙論の中で堅固に確立しているが、将来的にはにょろーんであると思われる。しかしハートル=ホーキングの境界条件が膜宇宙論のスペクトルで言うスニヤエフ・ゼルドビッチ効果の厳密解であるときはローレンツ=フィッツジェラルド収縮仮説を満たすので、すでに我々は宇宙の真理を手にしていたことになる。

ビッグバンの理論の主な不備に、ファインマンダイアグラムの改良、ゼーマン効果の検証、カシミール効果の検証、ネーターの定理とヒルの方程式のレオロジーにおけるAMD模型の構築など様々なものがある。これらを解消した上でビッグバン理論を内包するひも理論、M理論、ツイスター理論、ループ量子重力理論が将来的に統合され宇宙論の中心となり、大統一理論をなすものと期待されている。

[編集] ビッグバンの特徴

ビッグバンの特徴的な様子を捉えた写真

眼鏡をかけたり猫耳だったりと、いわゆる一つの萌え要素。ランジュバン方程式より、バーン!てな具合と考えられる。

必殺サーブ ふぬぅぅぁぁあビッグバン!! 決めゼリフ「ちぃげーねーらん」

個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語