ビーバー

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索

ビーバー(Beaver)とは、ダム堤防の建設、堆積に従事する作業員に対する俗称である。侮蔑的なニュアンスもあるので、軽率な使用は好ましくないとされる。

[編集] 概要

河川は時に溢水、氾濫を起こし、人家に激甚な損害を及ぼす。そんな水害から人々の生活を保全するため、ダムの構築は必須である。

防水設備の建造に従事する人々の労働環境は、お世辞にも良いとは言えない。労働基準法に抵触するような劣悪な環境で働かされ、控訴を起こした事例も、枚挙に暇がない。

彼らは、どちらかといえば社会の下層の人々であることが多い。そのため、上役からは侮蔑され、家畜のような扱いを受けて酷使される傾向がある。ビーバーとは、カリフォルニアの言葉で「働く事しか脳のない連中」という意味で、上役達が使い始めたのを切欠に波及し、全世界に定着したものとされる。

なお日本には声優・歌手として活動しているビーバーも存在する。

[編集] 特徴

ビーバーと呼ばれる人々は臀部に扁平な板のようなものをつけている。これは一種の足枷で、職場から脱走しないように上役から支給され、装着を強制されているという。

また彼らは前歯がやたらと伸びて突出しているが、これは栄養失調と不衛生な生活リズムによる弊害だとされている。

しかし、この不衛生な生活の産物である前歯が、非力な彼らに武器を提供した。肥大化、先鋭化した歯は強力な武器として機能し、彼らは自分達を酷使した上役に「口で控訴するくらいならおれは牙をむくだろうな」と言わんばかりに逆襲することがある。フランスのアムステルダムでは建造工事の途中にあまりの劣悪な労働環境に激怒したビーバー達が叛逆を起こしダム計画は頓挫した。その後、ドイツの斡旋により彼らを使役していた富裕層との和睦が成立し、アムステルダムは富裕層とビーバーが共存する街として発展した。フランス人には出っ歯の比率が多い傾向があるが、それはこういう経緯があったためである。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「ビーバー」の項目を執筆しています。
個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語