ビームライフル

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ビームライフル」の項目を執筆しています。

ビームライフルとは、宇宙世紀を面白く無くした原因の兵器。 モビルスーツが運用する。

特徴[編集]

ビームライフルは宇宙世紀0079年あたりから運用された歩兵銃の形をしたメガ粒子砲である。

発射音は町工場のグラインダーを動かした時のような音。

物語前半ではすぐに弾切れするが、後半ではテム=レイに手渡されたパーツを組み込むことで改良され、無限に弾が発射するようになった。

また「光学兵器が水中で普通に使えるのはおかしい」とイチャモンをつけられた為「偏光ビーム」という変わったものを放つように改造されたこともある。

開発の経緯[編集]

ミノフスキー粒子によってミサイルが無くなって近接での男と男の殴り合いの世界に入った宇宙世紀に、おいて地球連邦は「戦艦の主砲並みの武器を持たせればいいじゃん!」という極めて単純な思想で開発した。 当然の事ながらそのような兵器は開発不可だと思われたが、電池屋が妙にがんばったお陰でそのような武器「ビームライフル」が開発された。

これによりビームライフルの射程を知らないジオン軍兵士がまず犠牲となり、以降、連邦・ジオン含め幾多の将兵を殺す原因となってしまう。

後世に与えた影響[編集]

宇宙世紀0083年デラーズ紛争
巨大モビルアーマーに手だけ出させてビームライフルを持たせるという蛮行を行う。
宇宙世紀0087年グリプス戦役
ほとんど全てのモビルスーツにビームライフルを持たせたため、男と男の戦場はビーム輝くフラッシュバックに包まれた。
宇宙世紀0088年第一次ネオジオン紛争
極めて設計思想がおかしいガンダムが人も乗れる二連装のビームライフルというよくわからない物を持ち出す羽目になる。
宇宙世紀0093年第二次ネオジオン紛争
ビームライフルを捨てて、最後には殴りあい、そして隕石との相撲で、人類はメビウスの輪から抜け出た。
宇宙世紀0105年
またビームライフルを使い出す。やっちゃいけなかったんだ!
宇宙世紀0112年
「弾速を可変にする」さらに怪しいビームライフル(V.S.B.R(ヴェスバー))が開発される。
名前は「ヴァリアブルスピードビームライフル」を縮めたものだが、「ェ」と「バ」は何処から来たのか不明。コストがかかりすぎて量産されなかった。
宇宙世紀0116年
怪しいビームライフル搭載機二号機が作られた。
宇宙世紀0123年
アナハイムという怪しい死の商人が怪しいビームライフルをパクる。
宇宙世紀0133年
ドサクサにまぎれて怪しいビームライフルをこっそり量産する。
宇宙世紀0153年
怪しいビームライフルを何故かゲリラ組織の子供が運用する。
未来世紀60年
ようやく人類がビームライフルの呪縛から解けて、物事を殴り合いで解決するようになる。
アフターコロニー165年
トンデモないビームライフルを再び作り出し、運用する。
アフターウォー15年
変なガンダムにまたビームライフルを持たせたが、もっとトンデモ兵器の衛星砲のお陰で目立たなかった。
正暦2343年
また変なガンダムにビームライフルを持たせたがもっと突っ込むヒゲがあったので特に問題にはならなかった。
コズミック・イラ71年
またしてもガンダムにビームライフルを持たせてしまう。しかもビームが曲がったりする
西暦2307年
それ☆すたという謎の組織のみが使用。

関連項目[編集]