ピアノ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「ピアノ」の項目を執筆しています。

ピアノ(英 Key Board, 独 Klavier, 伊 Pianoforte)は、背負い式鍵盤楽器の一種である。もともとはイタリア語で、「弱い音と強い音」を意味する「ピアーノ・エ・フォルテ」と呼ばれていたが、昔から団地の多い日本では、強い音を出すと近隣にうざがられるために、ヤマハがフォルテの機能を搭載せずに開発した。そのために、フォルテの部分をすっ飛ばして「ピアノ」と呼ばれている。もちろん外国製は強い音も出せるようになっているので「ピアノ」とは呼ばれない。なお、ピアノは「小さなオーケストラ」といわれることがあるが、オーケストラのことは「大きなピアノ」とはいわないので、注意が必要である。ところで、日本人の演奏家が機械的な演奏ばかりを重視して情緒性が無いために、そのような演奏家を「タイプライター」と揶揄されることがあるが、音量幅が小さい楽器でしか練習できないことが理由の一つであると考えられている。

標準的なピアノは88鍵を備えるが、廉価版のピアノだと60鍵だったり、もっと廉価版だと8鍵だったり、エアピアノだと127鍵だったり、機種によってまちまちである。ピアノは両手合わせて10本の指で弾く楽器なので、最低10鍵あればたいていの曲が弾けることになる。しかし、ちょっとエロい人向けの楽譜は音域が異様に広く、88鍵でも足りない事がある。そのときにはハーモニクス奏法で音域を確保するらしいが、その方法は検閲により削除

[編集] 日本におけるピアノ

ピアノが発明される前の鍵盤楽器は、ピアニカであった。ピアニカは鍵盤ハーモニカであり、鍵盤を押せば音が鳴る、というわけにはいかず、鍵盤を押し、かつマウスピースから息を吹き込まなければ音が鳴らないものであった。一時期は教育の場でも使われていた楽器だが、その仕組みのせいか、何人もの児童を酸欠で病院送りにした悪魔の楽器である。そのために日本ではピアノの発達を著しく遅らせていった。

その後にアコーディオンが発明され、酸欠の多発は防げたものの、引いて押しながら弾くという一連の難解な動作が人々に著しい混乱を与えたため、普及はしなかったようである。

後に、誰でも倒れずに簡単に演奏できる楽器として、クラビノーバが開発された。その仕組みはいたって簡単で、要するにピアノの概観をしたオルゴールである。低音から順番に半音階で鍵盤を押していくだけで曲が自動的に演奏されるようになっている。しかし、曲だけ聴けば確かに良いのだが、やはり手の動きが奇妙なために本当にピアノを演奏する技術が要求されるようになってきた。

しかし、クラビノーバは上記の機構のせいで配列が狂っており、普通の楽譜を用いて演奏するだけで滅茶苦茶な音楽が流れてしまう。しかしそれでも演奏したため、それは現代音楽と称された。ちなみに現在では真面目な音列のピアノが開発されているため、このような呼称は適当ではない。

また、現在では電子ピアノとして、普通の音列でかつ自動演奏機能が収録されていて、かつてのような演奏をする必要はなくなった。

[編集] ピアノの種類

プリペアドピアノ。何者かによって弦に釘を挟まれてしまい、正常に音が出ない状態。釘で弦が削れてしまっているため、弦の張り替えが必要となる。
  • グランドピアノ
その名のとおり、グラウンドに設置して演奏する楽器である。背負えたら勇者。
  • アップライトピアノ
照明でライトアップされるピアノ。
  • プリペアドピアノ
内部にゴミがたまったピアノ。すみやかに清掃しなければ破損しかねない。
  • メゾピアノ
やや小さく
  • ピアノマン
稀に海岸に漂着する。
  • ピアソラ
タンゴを元にクラシック、ジャズの要素を融合させたピアノ。
  • ピアニッシモ
JTが製造・販売しているピアノ
  • PCのキーボード
ドイツにはこの楽器のカリスマ奏者、アレマン・ポセイドがいる。
  • 車道移動式ピアノ
その名の通り車道を走れるピアノ。昔CMで使われていたので記憶にある人も居ると思うが、道路交通法的にどうなのかはわからない。

[編集] 関連項目


個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語