ピザ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
よく寝かせて熟成させたピザ

ピザ(英:Pizza)は食物。粉っぽくて丸くて平べったいものの上に、野菜チーズなどを闇鍋状に乗せて焼いたもの。 It's party time!

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ピザ」の項目を執筆しています。

概要[編集]

食いすぎるとこうなってこういわれる↑
マリオパーティのミニゲームにも使われており、巨大なピザが登場した。

この食べ物は、そのカロリーの高さから常に空腹を訴えている貧困層には人気があることから、世界各地で販売され消費されており、デブが食うものとしても知られている。転じて、肥満の人のことをピザと呼ぶこともある。「ピザ」をこの用法で使う人々にとって、コードギアス 反逆のルルーシュに登場する女性キャラ(非肥満者)でピザが好物の者がいたことは衝撃であった。

この食品は、イタリアでこそスローフードの一つに挙げられてはいるが、世界各地ではファーストフードとして扱われるのが一般的で、このためイタリア人は世界水準から見ても酷く気の短い人種では無いかと誤解されている。しかしイタリアでは単に、ピザを作る側まで含めて極めて暢気なため、注文してもなかなか出来上がらないというだけの話である。このためイタリアでのみ、ピザはスローフードの一種だと考えられている。ちなみに一番時間がかかるのは、ピザが焼き上がってからテーブルに着くまでの間である。そのため珍しく気の短いイタリア人や外国人が複数入店すると、ピザ焼き窯に最も近い席の争奪戦となる。ヒトラーとムッソリーニの争奪戦は特に有名であり、後にチャップリンが映画化している。

なおこの食品には危険な依存性物質であるDHMOが一定量含有していることも良く知られており、これがピザへの依存を引き起こすと考えられている。これはピザ依存症と呼ばれ、日本ではこの依存者向けの商品として、ピザ味のポテトチップスうまい棒中華まんじゅうなどが出回っており、依存者が買い占めるなどの問題行動を起こしている。

起源[編集]

その形状から日本のお好み焼きが起源ではないかという説もあるが、と学会では韓国チヂミが長い過程を経てイタリアに渡り、ピザになったというのが定説である。

この伝播の過程は様々な地域に類似する食品が残っており、インドナントルコケバブメキシコトルティーヤが、このピザに用いられる粉っぽくて丸く平たい台座に似る。このため近年では韓国から日本とインドに分化し、トルコからトルティーアとピザに分化して伝播したものであるというのが定説となっている。

1970年代頃より次第にこのピザを簡単に作る技術革命が発生し、合理主義の盛んなアメリカ合衆国で人気を集めるようになった。これらでは貧しい白人がこぞってこのピザを買い求めた事がピザ産業の発達を促しており、ここ十数年の間に「ピザ一枚の値段とパソコンのローンを同等に扱う」や、「ピザの絵を円グラフと見間違える」などという、およそ経済観念や視覚概念の破綻した人たちが増加する傾向も見られる(→Mac)。

ピザ配達産業[編集]

先進国全体を覆う不況や就職難により、合衆国などでは若年労働者の30%がピザ配達人となりピザ配達産業が巨大化している。このため、配達人Aがピザ配達の賃金で配達人Bにピザを配達させて生活し、配達人Bはその賃金で配達人Aにピザを配達させて生活するというという自己完結したピザ配達経済圏が形成されつつある。

人間のピザ化[編集]

近年の社会問題としてピザに含まれる毒物により、ピザを過剰摂取した人間がピザ化するという深刻な現象が注目を受けている。ピザと化した人間は特に夏場は体表が腐敗することにより悪臭を放ち、周囲の人間を不快にするため、アメリカ合衆国はピザ化の予防・治療を国策として進めている。ピザ化した人間は肥満の人間と区別が付き難く、一般人の間では前述の様にピザ化していない肥満の人間までをまとめてピザと呼んでしまっている。デブが食うものがピザであるから肥満者がピザと呼ばれる様になったというのは俗解語源による誤りである。

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

関連項目[編集]