ピョートル1世

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索

ピョートル1世(ぴょーとるいっせい)は2メートルを越える巨漢でピョートル大帝と呼ばれ、恐れられていたロシアの皇帝である。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「ピョートル1世」の項目を執筆しています。

目次

[編集] 多趣味な皇帝

船大工で外科医で歯科医で旋盤工という多趣味な皇帝で 「廷臣たちの虫歯を麻酔なしで抜く」という怖い趣味を持っていた。 そのため、宮廷では虫歯予防の歯磨きが大流行することになり、 下々の平民の間でも「虫歯になると皇帝陛下にペンチで歯をひっこぬかれる」と子供達の間で恐れられ、ロシアは世界一虫歯の少ない国になった。

旧弊なロシア貴族を西欧化するために、縛り上げてあご髭をジョキジョキ切らせたことも有名である。 だから髭を伸ばしたがるいっぱしのティーンエイジャーの間では「あご髭を伸ばすと皇帝陛下に髭を切り刻まれる」と怖れられることともなった。

また、戦争も小さい頃からの趣味で、近所の悪ガキを集めて戦争ごっこを続け、そのうち大人を巻き込んだり実弾を使用して死傷者を出すなどして本格的になり、後に近衛連隊として正規軍の一部となった。

皇帝陛下自ら旋盤で金物を削って銃砲を作ったりもした、この時に助手を務めていたゴーリキ・マクシミリアンは後にロシアの大手機械メーカーの社長になっており、この会社は第二次世界大戦では自慢の大砲でナチスどもをぶち殺し現在も存続している。

ロシア初の本格的な戦艦であるポチョムキンの建造に際しては、皇帝陛下自ら、ノコギリを引き、釘を打ち、工員たちを教育したという。

[編集] 大臣バラバラ事件

大臣が病気で寝込むと、皇帝自ら大臣の家へ見舞いに行き、

皇帝自ら診察すると、

外科手術すれば治ると言い出だして皇帝陛下自らの手で大臣を手術したという逸話がある。

その大臣は結局、治らずに死んでしまい、

後世の医学の発展のためとの皇帝陛下の御意向により、皇帝陛下直々に解剖して標本にされてしまった。

これを見たフランス大使はなにか勘違いして、フランス国王に 「ロシア皇帝は会議をサボった大臣を自らの手で生きたまま切り刻んで、バラバラ死体を瓶詰めにして部屋に飾って眺めていた」 と報告したため、フランス国王は恐怖に怯えロシアとの戦争を避けたと言う。

大臣は今でもサンクトペテルトブルクの国立見世物屋敷博物館に標本として保管されている。

近年になってロシア医学会が標本の大臣を調べた結果 末期の肝臓ガンだったことが判明した、現代医学でも治療は不可能であり、 治らなかったのは皇帝陛下のせいでは無かったことが分かり 皇帝陛下の外科医としての名誉は守られた。

[編集] 拉致

当時は黒人は野蛮で元から知能が低いと考えられていたが、聡明な皇帝陛下は高度な教育を施せば黒人でも白人なにみ勉強が出来るようなるはずだと主張して部下に命じてエチオピアの貧村から子供たちを拉致させた。 拉致された子供たちは高度な教育を受け、その中の1人であるアブラム・ペトロヴィチ・ガンニバルはロシア軍人として活躍した。中世時代に人種平等を科学的に証明してみせた偉大な皇帝陛下の偉業の一つである。

この精神は現在では北朝鮮に受け継がれ、野蛮な日本人でも拉致して偉大な将軍様の下で教育すれば立派な人民になれると罪も無い女子中学生が拉致されたりしたが、政府高官になったという話しを聞かないところを見ると、失敗しているようである。

[編集] 永遠のライバル

スウェーデンの「北方の流星王 カール12世」とは熾烈な戦いを繰り広げたライバルであったが、彼がノルウェーとの戦争で命を落とした聞くと「坊やだからさ」と一言つぶやき、瞑目したと言う。

[編集] 皇帝の死

  • 1725年 厳冬の海に落ちた見習い士官を助けようと皇帝自ら飛び込み部下を抱え上げて船の側壁をよじ登って戻ってきたというが、これが原因で肺炎にかかり死んだ。

この時、助けられた見習士官は後にスウェーデンとの戦争で城塞を守り抜き皇帝陛下の領地を死守玉砕した。

自分の手でなんでもやらないと気が済まない人だった、 一見すると暴君のようにも見えるが実は、誰よりも家来を気遣う優しい皇帝だったと近年の評価は高い。

[編集] 関連項目

この項目「ピョートル1世」はまだ書きかけということを認める。ソビエトロシアでは、この項目があなたを加筆する!! (Portal:スタブ)
個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語