ファイナルファンタジーV

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索
ファイナルファンタジーシリーズ > ファイナルファンタジーV
ファイナルファンタジーV
FF5jpnbox.JPG
FF5のパッケージ。
開発元 スクウェア
(現スクウェア・エニックス)
発売日 1992年12月5日
ジャンル RPG
対応機種 スーパーファミコン
ランク B
織田信長はプレイしたことがある? はい

ファイナルファンタジーVは,ファイナルファンタジーシリーズの第五作目であり、時代を反映したハーレム美少女ゲーである。簡単なストーリー,バリエーション豊富なコスプレシステムを特徴としており,それゆえか信者によるやり込み作品の数が非常に多い。

原作はオスカー・ワイルドが1887年に発表した中学生・高校生向けの小説【老ガラフと孫娘、あるいは意思を持つ邪悪な老樹】

目次

[編集] 概要

スーパーファミコンで発売された、名目上はRPGである。アドバンスプレステでもリメイクされ、WiiWii Uのバーチャルコンソールでも配信された。 『ファイナルファンタジーⅢ』と同じジョブシステムを採用し、やりこみの幅が広いということで一部に大人気。

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

[編集] ストーリー

モンスターから助け出した女の子がたまたまお姫様だったり、女海賊に気に入られたうえソイツも実はお姫様だったり、6歳も下のこれまたお姫様と体当たり合戦をする仲になったり、しかも全てのお姫様が自由に着せ替え放題と言う恩恵を受けるなど非常に女運に恵まれた青年。

  • 更に帰りを待ってくれている故郷の幼馴染がいて、お金を貰える程の踊りのセンスと本職の吟遊詩人に褒められるピアノの腕も持っている、完全なる勝ち組
  • どうでもいいんだけど、回想シーンでクルルが「おじいちゃんのバカ!」とガラフを叱責していたのは何が原因だったのだろう。勝手にクシでも使ったんだろうか。

[編集] 戦闘シーン

FF5の戦闘シーン。

一応、表向きは一般受けするようロープレ要素も採り入れている。けど、実際の所は二次元コスプレプレイを楽しむショータイムに過ぎない。一方、主役たちが勝手にモンスター扱いしている連中は一般庶民であり、コスプレイヤー一行の奇抜な姿に恐れおののいているだけである。彼らに襲いかかるのも本能的な自己防衛に過ぎない。

[編集] コスプレシステム

ファイナルファンタジーⅢ』の延長上のものと考えられるが、3が無味乾燥な玉ねぎ型ヒューマノイド4体だったのに対して、今回は清純系正統派美少女+男装のクーデレ麗人+不思議系ロリお嬢様に加え、一部の需要に応えたショタ美青年(ガラフ?ああ、あの老害ね。消して正解だったわw)という取り合わせであり、スタッフも実に流行を読んでいる。各キャラクターは、様々なコスチュームに変身することができる。またアドバンス版では衣装が多数増えており、その中にはもはや誰が着用しているのか分からなくなる衣装まで含まれている。このため、コスプレだというのはスーファミ版当初から現在までの長期にわたる大本営発表であり、実際は禁則事項ですの道を我が物顔で練り歩く目的で製作された変装セットではないかという疑いがもたれている。

ただし、すっぴんでも服を着ているので変な期待をしないように。

[編集] 登場人物

[編集] 光の戦士

世界を救えるのはもはや光の戦士だけだ!さあ、今のうちにエクスデスを倒すのだ!
他の主人公よりも強さは半端じゃない。

プレイヤーキャラクター。バッツ、レナ、ファリスはストーリー序盤からのメンバーで、クルルはストーリー後半からプレイヤーキャラクターになる。男女構成が1対3だが、プレイヤーキャラクターを全員女子にしたせいでギャルゲーになったFFX-2より人気が高い。

バッツ・クラウザー
主人公。自宅警備員から勇者に目覚めた青春の20歳。けど、ショタ。レナに惚れられ、ファリスにもちょっと敬われ、クルルとも仲がいいが、彼の本命は禁則事項です。自称高所恐怖症だが塔で最上階から飛び降り、飛竜の背に飛び乗り、高所恐怖症ではないことが発覚した。
自覚は無いが相当なラッキースケベ。心の中じゃ「ぐへへへ、役得、役得ゥ!」ぐらいの事は思っているかも知れない。しかし、誰も気にしないし、武器のないランスなんか敵ではないぜ。
なお、次元の狭間に取り残され帰ってくるまでの1年間『飛竜』と言う名でストライダーズに入隊していた経歴有り(史上最年少で特A級まで上り詰めたとか)。
冥王であるあのお方ですらたった一人でSATSUGAIするその仕事っぷりをみるに、意外と仕事に対する姿勢は熱心である事、
同時に主要メンバーの中で、実は戦闘能力がずば抜けて高い事が伺える。
ジョブマスターすると頭に星が浮かぶ恥ずかしいビジュアルに変化。実は頭の中がピヨッているためビジュアルにして分かりやすくしたという説も浮上している。
また、女3人に対して多少欲情したりフラグを立てたりしながらも最後まで一線を越えない理由は、彼がゲイ寄りのバイだったからだということが異世界の出来事から判明している。
そっちの世界では尻尾の生えた16歳盗賊や老けた顔の17歳とフラグを立てまくる。
とはいえ200年後に子孫がいるのでやることはやってる模様。
レナ・シャルロット・タイクーン 

中の人:蟹股王女だったことがあるが、なかったことに等しい。

年齢は禁則事項です(ただし、最低でも3桁であることが確認されている)。唯一スリーサイズも公式で載せられたこともある人物。魔物に憑かれたり毒矢を受けたり魔物にファリス諸共攫われたりゴブリンに犯されかけたりと災難に遭う回数が禁則事項です回。FFシリーズの中では相当不幸な部類。好物は飛竜草。飛竜にこれを食われまいとするべく、よく似た毒草をわざと食べて倒れるという体を張った偽装工作をしたこともあるが、その時は飛竜に本物の飛竜草だけをこっそり食べられてしまい、失敗に終わる。また飛竜の舌も大好物で、夜中にこっそり切り落として食べようとしたものの、あと一歩のところで父親に止められた経験もある。
つーかナイフ一本で風の神殿に行こうとする時点で無謀ですよお姉ちゃん(しかしこのナイフが実は世界に一本しか存在しない、ラグナロクより貴重な品だとは本人も気付いていない)。
エロ本絡みでは仲間にいない時でもバッツに声が聞こえる不思議。他も女がいるのに。
気付いた人も多いかもしれないが、チョコボの不思議なダンジョンに出てくるシロマのモデルでもある(あれはの玉ねぎ君からじゃね?)。そのためシロマを描く絵師はレナなんだかシロマなんだか解んなくことが多々あると言う。
レナ専用ジョブ「ひぐらし」があり、ジョブレベルは5まである。竜宮レナの前世だとわかる。
長宗我部風亞理子」(ふありす(ファリス・シェルヴィッツ)
長宗我部元親の後を継いだ海賊集団の頭。「サリサ・シュヴェール・タイクーン」という人がいるが間違いである(本人曰く)。バッツとじじいに襲われかけたが本人は知らない。
顔はどこかのマシーナリーの国王や某国のドリスコルによく似ている。
実は一番の美人で、バッツとガラフのホルモン分泌MAXであった。それにはレナも「お姉さまには敵わない」と思われつつ「お姉さまなら操を捧げてもいい」、クルルからはあれをもんでみたい」と発言されている。
本業の海賊業はその辺の自称海賊を名乗る二流の連中と異なり、誰からも疑われることもなく「サリサ」の名前を勝手に使ってタイクーン王国の政権を奪っていることからも、相当の腕前であることがわかっている。
クルル・マイア・バルデシオン
ガラフの孫娘。モーグリやチョコボなどの動物と会話する事ができるのでハルヒの仲間らしい。もちろん変な電波を受信してたりはしない。クルル曹長でもない。ガラフがお役御免になってからようやく仲間になる。変態エクスデスの棘にアソコを刺される。
でもガウは仲間。「わたし どうぶつのことば わかる」
ちなみに寝込んだりする体なのに素手でバッツをぶっ飛ばすほどの実力。ガラフと言いクルルと言い、素手に縁が深いキャラである。
FF内で、なぜかモンスターとして登場する。「クルルルル…」とか叫ばず、カエルしか好まない。クローンという説もある。
Domokunyellownbackground.jpg この節はうろ覚えで書かれたものです。
誰か、の代わりに僕の記憶の穴を埋めてください。(Portal:スタブ

[編集] 暁の四戦士

ガラフとクルル。仲が良い。
ギード「カメェェェッー!」
ガラフ・ハルム・バルデシオン
何度でも蘇るさ!
ラピュタの悪夢を体現したジジイ。文字通り何度でも蘇るその様は正にゾンビマスター。ステータス異常「ゾンビ」を受けても通常通り死なずに味方を攻撃し続け、「老化」を受けてもなんともない。エクスデスが唯一恐がる戦士。持っていた武器が隕石ワープのショックで壊れてしまい、素手で風の神殿に乗り込もうとするバカぶり。
どうにも個性が薄い暁の戦士の中で、結構キャラが立っていた所謂「勝ち組」。アフガン航空相撲の名力士でもある。
しかしガラフの姿が消えたのにもかかわらずなぜ蘇ったのか?そう、クルルに乗り移ったのだ。
ゼザ・マティアス・サーゲイト 
ピエロみたいなおっさん。バリアの塔でどうりょくろの爆発に巻き込まれ死亡。
ぶっちゃけアトモスが強過ぎてイマイチ印象に残らないであろう人。
断末魔は「ウボァー」であり、のちに"こうてい"としてよみがえった。
ケルガー・ヴロンデット
容量の問題で最期すらカットされた悲しい人。人狼であり得意の分身攻撃は女たらし放浪者バッツにいとも簡単に破られてしまう。
ジョン・ドルトン・クラウザー(ドルガン・クラウザー)
バッツの父。科学者でもある。異世界ではただの変人であり生活は妻のステラに任せっきりであった。しかし、容量の問題で最初から死んだことになったケルガーより悲しい人。
ギード
カメェェェェ!!!
エクスデスをマジギレさせた亀。ドラゴンボールに友情出演していると言うが、真偽は不明。エクスデスと高速で切り結ぶ一方、ひっくり返されると自身では起き上がれない。エクスデスは紳士なのでひっくり返したりはしない。亀なので簀巻きで海底に沈められたこともある。
エクスデスをマジギレさせたため彼によって真っ先に次元の狭間に放り込まれる。エンディングでは次元の狭間に吸い込まれた街や城は元通りになっているのでおそらくこの亀も復活したと思われるのだが一切描写がない。まあ、亀だし生きてようが死んでようがどうでもいいよね。

あっ、五戦士になっちゃった。というか、かつてエクスデスを封じた者達だな。

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

[編集] 暗黒魔道士と配下・次元の狭間の魔物たち

エクスデス(ネオエクスデス)
町を壊したり、アンサイクロペディア荒らしたりいろんな悪い事をしたが、ひとつだけ良い事をした。それは検閲により削除。樹なのにマグマだらけの熱い城に住む。燃えるぞ。ガラフ一人に相打ちだがボロ負けもしている。終盤に本来の樹としての姿をあらわした。暁の四戦士とタイクーン王の禁則事項です無の力を押さえ込んで最終決戦を挑むことになる。最後は正体の老樹とは似ても似つかない合体モンスターな姿になるらしい。クルルのアソコに棘として刺さったド変態。どんな声かと思いきや異世界の中の人はおっさんであった。若い声も意外かもだったのに。
ファイナルファンタジーⅩⅡ』では召喚される。
座右の銘は宇宙の 法則が 乱れる!
ギルガメッシュIN京都市
ギルガメッシュ
間に合った!ここままだと地味なまま歴史に残っちまうからな!
一応敵役だがエクスカリーを使ってしまったり、仲間を助けたりして憎めないキャラ。とんでもない筋力の持ち主で、本来ダメージ1しか与えられないはずのエクスカリーで40とか平気でたたき出す。もちろん40HITしているのである。と言うか光の4戦士より目立ってるってどうよ。
しかし、最期はネクロフォビアと相打ちで消えた。ありがとう、君のことは忘れないよ。もちろん、バッツが正々堂々と戦ったら、だけどね。仲間になっても源氏目当てで後ろから攻撃されるしね。
ファイナルファンタジーⅥ』や『ファイナルファンタジーⅧ』などほかの作品にもしばしば登場る。
エンキドウ
ギルガメッシュのホモだちの召喚獣。実際は彼のパシリであり雑魚にアブダクターという双子の弟もいるため、あっさり倒されて忘却の彼方である。
オメガ
宇宙から贈られてきた謎の物体。プロトタイプとかマシンヘッドとかよく似たのがたくさんいるが気にしてはいけない。滝の洞窟でうろうろしており移動のもろに邪魔。これがなぜ存在しているのかについては禁則事項ですである。倒すと皇帝から勲章が贈られる。
しんりゅう(神竜)
宝箱を無断で開ける無礼な来訪者たちに対して怒ることもなく、登場早々「ねがいごとを言え…」と言うが、当然ここまでやって来れた者は喉が渇いている。親切な彼はその願いを汲み取り、大量の水を恵んでくださるのである。その証拠に、来訪者たちはその直後に彼の前から姿を消す。水晶竜とかいうよく似たのがいるが気にしてはいけない。オメガを追っているらしいが宝箱に閉じ込められ無理だぜ。
しかしバッツたちにとっては武器竜の髭や調理道具竜の牙を盗み取る鴨であり、お人よしの彼は何も気付かれていない。倒すと皇帝から紋章と神剣ラグナロクが贈られる。実はリアジューシネマという映画館を経営してる。リア充が大嫌いでリア充を見かけるとすぐメガフレアを撃つ。
メリュジーヌ。
メリュジーヌ
騙すことで有名なクソ女。現実世界でもくまぇりとして放火しまくったが逮捕された。弱点を頻繁に変えるためウザいが眠らせてファイガ連射で大体終わる。
若い女を乗っ取ってメリュジーヌ復活…まさに外道!
ストーカー
文字通りの変態。3人の分身を連れている。バッツ達を女子供連れのハーレムパーティと油断して返り討ち。
トライトン、ネレゲイド、フォーボス
カラフルで「ブィー」な豚人間。デルタアタックが得意技だがオーディンの斬鉄剣で瞬殺される程のあまりに役立たずでエクスデスに見捨てられた三兄弟。
この光・・・お前たちには渡さん!
ネクロフォビア
無敵バリアが友達さ!なんか一休さんそっくりの敵である。しかし、ギルガメッシュの自爆に巻き込まれ消滅。また、「エクメトテロエス」という合言葉を生涯覚えることができなかった。
アポカリョープス
自爆をラーニングした!
戦闘中にラーニングするというバッツたちでも出来ないことを平然とやってのける、真の青魔道士。
あぱ☆んだ
イフリートこわいよー ぶるぶるっ
どうやら九州でスーパーマーケットを営んでいるらしい。びぶ☆ろすという親戚もいる。
カタストロフィー
対策はこれで十分
リフレクトリングを装備させたキャラをあらかじめレビテト状態にするだけでゴブリン以下。「レビテト」→「重力100」→「レビテト」→「重力100」→「レ・ビ・テ・ト!」→「 重 力 1 0 0 」。このロリコンどもめ!!
ハリカルナッソス
バッツたちをカエルに変えようとしたクソ女。もちろんバッツたちに仕返しされて死亡。ざまあみろ
ツインタニア
得意のギガフレアでパワーアップすると瞬殺される哀れな奴。
カロフィステリ
森で待ち構えるヒステリーおばさん。魔法剣サイレスで黙らせば所詮ただの雑魚。
アルテ ロイテ(ジュラエイビス)
牢屋で回っている宝箱マニアのボケじじい。金の針がツボにきてヘブン状態。竜に変身しても斬鉄剣で瞬殺される弱さである。
ランス
イストリーの滝壺の石版の前に現れたエクスデス13人衆のひとり。が、リヴァイアサンがバッツたちと間違えた為瞬殺された。別称「リヴァイアサンに瞬殺された奴」。鬼畜王だと思われるがリヴァイアサンに瞬殺されたので詳細不明である。さらに悲しいかな、詳細が判明する可能性はゼロである。

[編集] その他(登場人物)

シド・プリビア
優しいおじさん。ただし、スターリンではないし『トリビアの泉』にも出ていない。おなじみ飛空艇はロンカというのの遺物なので火力船というすぐに沈んで出番終わりの地味な発明マニア。カタパルトに変な塔が出来て歯車に挟まれた危機一髪状態!
ミド・プリビア
シドの孫。古代図書館に入り浸っている本の虫。魔物だらけの場所で後ろに魔物がいても読み続ける変人ぶり。
アレクサンダー・ハイウインド・タイクーン
タイクーン王。レナ・ファリスの父。登場早々エクスデスに拉致られパシリにされ、あげくクリスタルに殺される悲惨な最期を遂げる不幸な親父。暁の四戦士(五戦士)になれず最後まで悪あがき。

[編集] その他(敵)

エヌオー
名前だけで忘れられた人。エクスデスに食われたが甦った。元祖死霊使い(ネクロマンサー)である。アドバンス版では大本営とも呼ばれる。
アトモス
吸引力の変わらないただ一つのボス。人間を吸い込む地獄の門。イベント的には見せ場はないがバリアの塔でゼザの出番を奪う強敵。
ファイナルファンタジーⅨ』でも友情出演。
セイレーン
船の墓場の悪霊のボス。じじいがボケていたのでバッツ達は助かった。
ファイナルファンタジーⅥ』と『ファイナルファンタジーⅧ』では敵を黙らせるパシリ。
マギサ&フォルツア
飛竜狩りの密漁ばばあとその筋肉バカのパシリの夫。レナを奴隷として売り飛ばす外道。夫は馬鹿なので痴呆症。山の地面を割る程の実力かと思いきややっぱり弱い。
アダマンタイマイ、キマイラブレイン、ガーゴイル
これらのモンスターは本来はザコだったが、本作ではボスに昇格されていた。
ミノタウロス
ホーリーが使えないのに使用して自爆するバカ兄。
全てを知る者
黙らされると最弱なことを知らないじじい。
セクメト
ピラミッドで雑魚扱いのミノタウロスの弟。
カーラボス
運河で押しつぶした海老煎餅の化け物、ただの雑魚のはずが重要キャラというか竜に致命傷を与える何気に大金星。飛空挺のストーカーのクレイクロウという従兄弟もいる。
サンドウォーム
砂漠のながい害虫。4つの穴が友達で穴ぼこを殴ると虫とは思えない高度な重力を操るきつい反撃を食らわす。が水を浴びせられるとあっさり消滅するヘタレ。
ギルガメ
金の亡者。ギードの従兄弟といわれるゾンビ。ゾンビなので自分の甲羅を外してぶつけたり甦って何度も襲い掛かる。
倒しても皇帝から勲章が贈られない。
ものまね師ゴゴ
主人公の物真似しかできないといいつつ7分間以上水中で息ができる奴。ものまねといいつつ強力な反撃ばかりする反則野郎。無理矢理倒すマゾゲーマーを増やしている。
飛竜草&飛竜草
魔物化した飛竜の餌。食物連鎖を覆したが勝手に死んでは生える花の花粉以外何もできない棒。

[編集] その他(マスコット)

飛竜
レナ・タイクーン王、そしてガラフ・クルルのペット。竜なのに山を越えれない黒チョコボ以下の残念な生き物。さらに餌であるはずの飛竜草に食われて絶滅しかかっている洒落にならない有様。よく似た不死鳥がいる。
シルドラ
ファリスのペット。竜としては飛竜同様残念な奴だが、後に激変。飼い主が女であるのを見抜いて興奮さいている。
チョコボ(ボコ)
バッツに焼き鳥にして食われそうになった下僕。後に逃げ出してSEXしている。
黒チョコボ
竜よりすごい鳥。これの吐瀉物だらけのクリスタルを光の戦士は拾わされる羽目になる。
Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

[編集] アドバンス版について

アドバンス版限定のFF5ボス大本営

ボス「大本営」が追加された。しかし、非常に強く具体的にいうとFFXのすべてを越えし者ですらかわいく見えてしまう強さである。 しかも、隠しボスではないので、上級者ですら苦戦を強いられている。

したがって、初心者にはお勧めできないゲームである。おとなしくスーファミ版を買うことをお勧めする。

ただしジョブ コスプレ衣装 変装セットが増えているけれど誰も気にしない。というかボスが強すぎてそれどころではない。

また、会話文の左側に謎の顔が表示されるという致命的なバグが存在し、これを目撃したユーザーが俺の嫁があああ!と叫んで自閉症になる事例が多数報告されているが、メーカーはノーコメント。 なんでレナとファリスが金髪なんだと小一時間…。明らかに原作レイプである。

[編集] 極限低レベル

この作品をクリアするにあたり,極限低レベルは以下の2通りである。

  • 2-1-1-4 (平均レベル重視)
  • 2-2-2-3 (最高レベル重視)

[編集] 名所

  • タイクーン城
    • 立派なお城。レナが住んでいる。しかし、王はエクスデスの生贄にされて死んでしまった。後に政権をファリスに乗っ取られる。
  • リックスの村
    • 主人公バッツのふるさと。ここにいると心が和むらしい。周囲の山岳地帯のおかげでおいそれと近づけないが、バッツはここを徒歩で越えることに成功した。しかし平和ボケしている村民はそのことに誰一人気付かなかった。
  • ウォルス城
    • 後でシヴァは取らせないというエクスデスの陰謀で沈められた不幸な城。地下のガルキマセラは倒せないと兵士が怠慢な様子。
  • カルナック城
    • クリスタルがないと10分間で自爆する時限爆弾が仕掛けられた危険な城。ショックのあまり女王は寝込みっぱなしである。
  • トルナ運河
    • 女ばかり狙う変態のタコイカが生息する危険地帯。スタッフの触手プレイ。レナやクルル(この時点ではいない後者)はともかくファリスの正体をパーティより先に見抜いている。
  • ウォルスの塔
    • 沈んでも壊れない頑丈な塔。
  • ビックブリッジ
    • ビッグブリッヂの死闘を聞きに観光客が来ている。
    • しかし音楽的にも実はギルガメッシュのための場所なのだ。
  • 滅びの町ゴーン
    • そのまんまの場所。滅んでいるのに「町」である。ロンカ遺跡の出現により消滅。
  • バル城
    • 元ガラフの城。しかし不死身のはずのガラフがエクスデスにより殺されてしまった。
    • 現在はクルルが治めている。実質的にはクルルに乗り移ったガラフが治めているが。
    • 地下には宙を浮く石像という迎撃システムがある。
  • サーゲイト城
    • ゼザの城。バッツが狙うFF名物エロ本(エッチな本)がある予定だったらしい。
  • ムーアの大森林
    • 暗黒魔道士の生まれ故郷。が奴に燃やされてしまい狭くなった。後に長老の木だけになった。無残…。
  • ギルの洞窟
    • 怖いギルガメの生息地。カトプレパスの森と海底洞窟くらい忘れられやすい。
  • エクスデス城
    • 暗黒魔道士の城。普段は化けているが本当はグロい。回復の水は溶岩でありバッツ達はよく飲んだな。
    • エクスデスは樹なのにこんな暑苦しい所で燃えない。
  • ピラミッド
    • 流砂の砂漠の古代遺跡。中のミイラはロンカ人のなれの果てである。
  • 孤島の神殿
    • 第1世界でも山岳地帯に囲まれてこんな所入れないだろう無理という場所。ビックブリッジでつながった。中はパイプだらけで勝手に流れて移動しにくい上にバッツ達はストーカーされる。
  • 大海溝
    • 正体不明という名前のゾンビやアンデッドがうろつく海底。モンスターの扱いが実にいい加減である。
    • ドワーフが地味に登場。完全に存在は忘れられている。次回作からは抹消された。
  • イストリーの滝
    • トンベリが潜む滝。落ちないと石版にたどり着けない難点の場所。ランスがリバイアサンに抹殺された。裏側には何かが…。
  • フォークタワー
    • シドを閉じ込めたホーリー、フレアのある凶悪な塔。敵が右は魔法に左は打撃に猛烈反撃、これは死ぬはな滅茶苦茶な場所。
  • 蜃気楼の町
    • 森に現れる変な町。住人は男か商人ばかりに見えるが、女もいるらしい。次元の狭間の魔物たちには無視される。
  • 次元の狭間
    • ラストダンジョン。最初は何も無い空間だったがエクスデスが開拓した。砂漠、遺跡、森、塔、本棚、次元城、クリスタルのフロアと遊べるテーマパーク。

[編集] エンディング

希望は大地に恵みを与え
勇気は炎をともらせ
いたわりは水を命の源とし
探求は風に英知を乗せる

いつかまた『無』が世界を包む時
人々に4つの心あれば
光は生まれん

『無』に浮かびし4つの心
ふたたび
輝きを生まん…

ちなみに主人公だけ生還した場合、すばらしいエンディングを見ることができる。

真のエンディング、ハーレムエンド。


Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「ファイナルファンタジーV」の項目を執筆しています。
個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語