ファビピラビル

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ファビピラビル」の項目を執筆しています。

ファビピラビル(Favipiravir)とは、あらゆるRNAウイルスを倒す現実世界のノートンのようなものである。アビガンという名称で世間には認知されている。

性能[編集]

ファビピラビルは摂取したヒトの体内でスキャンを行い、ウイルスを検出すると、検出したウイルスの増殖を徹底的に妨害することによってヒトをウイルスから守る。 しかし、この薬には重大欠陥があり、RNAウイルスしか検出しないうえに、ノートンとは違い検出結果を一切開示しないままウイルスを破壊する。よってDNAウイルスを検出することは一切できない(例:アデノウイルス)。よって、RNAウイルスに感染していると分かった場合でないと投与しても効果は期待できない(ウイルスの存在の確認には違う手段を用いるしかない)。また、ファビピラビルを大量に含んだ錠剤が人体に投与されてからどのようにしてウイルスの増殖を徹底的に妨害しているかは以下のプロセスで説明される。

  1. 全身の細胞の内部に潜り込んで細胞膜の中にウイルスが侵入するのをを待つ。
  2. ウイルスが侵入したらウイルスが脱衣するのを待つ。
  3. ウイルスが脱衣することでRNAが見えるようになった瞬間にRNAをすべて盗む
  4. 盗んだRNAをファビピラビルの内部に格納する。

これによって、ウイルスのRNAの複製を妨害することによってウイルスの増殖を妨害する。 一見するとファビピラビルは変態のように見えるが、ファビピラビルはウイルスの性別に関係なくRNAを盗むので変態ではない。変態ではないならRNAフェチなのかといわれるとそれは否定できない。

注意点[編集]

ファビピラビルを体内に取り込むにあたっては以下の注意が必要である。

  1. 末期症状の感染症患者に投与しても意味がない。
  2. 妊婦に使用すると胎児に危害が及ぶ。

1.に関しては上にあるファビピラビルが作用するプロセスを見ていただくとおわかりいただけただろうが、あくまでもウイルスの増殖を妨害するだけで、末期症状でウイルスが増殖しつくした状態でウイルスの増殖を妨害したところで焼け石に水であるということである。 2.に関しては具体的なプロセスは不明だが、動物実験で2.のようなケースが報告されているようなので、使いたい場合は使用前後でアーン♥♥をすることは厳に慎むべきである。

使用例[編集]

ウィキペディアを見ろ。

関連項目[編集]