ファービー

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「ファービー」の項目を執筆しています。

ファービー(英語表記:Furby)とは人間の言語をしゃべることのできる数少ない生き物。人間と同じ言葉をしゃべったり、食べ物を一切食べないなど他の生物には見られない特徴を多く持つ。また知能も高く、キラキラ星を歌ったという件も報告されている。

目次

[編集] 概要

1998年アマゾンの奥地へバカンスにいったアメリカのTiger Electronics社の職員が発見。「どうやって発見したのか」という問いに社員は「ファービィ星から来たみんなのお友達」と答え。しかし動物研究家ブルスコ・ヘギョミツ氏は宇宙から来たとすれば、言語や食べ物の件につじつまが合うと考えている。

その後アメリカで繁殖(繁殖の方法はアメリカの国家機密)を続け、1999年には日本へと渡った。その珍妙な見た目と豊富な言語力からミーハー女やさみしがり屋、ミーハー女、子供、ミーハー女の間で大ヒットとなったが、大きく見開かれた虚ろな目、気持ち悪い声、モルスァ(後述)などより生理的な嫌悪感を感じる人も多い。

日本に来た時には多くの人がこぞって購入して、いわゆるパチもんが多く登場した。腕が生えている、耳がウサギのようだ、機械であるなどの違いはあったがあまりに多く、パチもんをつかまされ涙を飲むものも多くいた

[編集] 習性

  • スキンシップを好み「ナデナデシテー」とよく言う。その際マッサージ器を当てると「ファー…ブルスコ…ファー…ブルスコ…ファ-」と鳴き声をだす。この状態で首元を横から思い切りチョップをすると「モルスァ」みたいなこと言いながらすごい勢いで飛んで行く。このことに動物愛護団体動物虐待だとして、しないように呼びかけている。
  • ファービーを逆さまにぶら下げると「オロシテ!オロシテ!」と泣きわめく。しかしこの状態で手が滑って地面に落としウオオオオオの断末魔とともに目玉が飛び出るケースが続出している。このことに動物愛護団体は動物虐待だとしてしないように呼びかけている。
  • 一時期に濡らすと細胞分裂をおこし繁殖するというデマが流れた。ファービーは水気にとても弱く水をかけると動きが止まってしまう。他にも光にあたると死ぬ、夜の12時過ぎに食べ物を与えると凶暴化するなどはみんなデマである。このことに動物愛護団体は動物虐待だとして、しないように呼びかけている。
  • 上記の水に濡らすのを試し濡れて衰弱したファービーを電子レンジでチンする事件が起きた。無論ファービィは死んでしまった。この事件に対しチンした主婦は「電子レンジの取扱説明書に『ファービーを乾燥させてはいけません』とは書かれていない」と主張、製造メーカーの落ち度であると裁判になり、企業側が敗訴し多額の賠償金を支払うことになった。またこの動画がYouTubeにアップされ、動物愛護団体は削除を訴えている。
  • ファービーの寿命は短く、一説によると単三電池程だとも言われている。命の灯火が消える際にファービーは飼い主に対し言葉を残す。かわいがってくれた飼い主には「ボ…ク、トモ…ダ…チ」と、上記のような虐待をするような飼い主には「ヘギョミツ」と言葉を残すらしい。動物愛護団体は関係がない。

[編集] その後

一時期はブームに乗って日本で多く見られたが、上記のような虐待がアメリカに知れ渡り、怒ったアメリカが輸出を止めブームは終わった。最近はファービー2という発達したファービーが発見されたという情報だが、パチもんの一種であろう。

[編集] 関連項目

[編集] 外部リンク

個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語