フェラーリ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索
ロゴマーク
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「フェラーリ」の項目を執筆しています。

フェラーリ(Ferrari)とはイタリア生まれの「真っ赤なお鼻の〜お馬さん♪」である。しかし近年は真っ赤はむしろ人気が低く真っ白や真っ黒のお馬さんが人気のようだ。

また、風俗業界ではフェラーリとお馬さんはまったくの別物であり、ボディーカラーはドス黒い車体よりも少し赤みがかっている方が人気である。

目次

[編集] 特徴

音もカタチもとにかく派手で、目立つのが何よりの特徴である。信号待ちでも、むやみに高いアイドリングでとても目立つ。価格も非常に高く、中古相場も安定している。種付けに時間が掛かるようで新型で並行輸入のお馬さんはプレミアが付く事も珍しく無い。また、エサ代や治療費は勿論の事、医者探しも大変なので持ってるだけで金持ちの証明である事がブランドの秘訣である。

[編集] 能力

とっても駿馬と思われているが、実は音と値段の割に大した事無い。ニュルブルクリンク競馬場でもずっと安い価格のお馬(ぽるぽる号)に軽く抜かれてしまう。しかし、世の中イメージが大事。それらしい装備をして速いと思わせるプロである。

多くのイタリア産の馬と同じく、この馬もオーナーである人間の金と生き血をすすって生きる吸血馬である。細部がぶっ壊れるのは当たり前、乗ってやらないとすぐに拗ねるという神経質な性格をしており、世話をわずかに怠っただけでこの馬はすぐに調子を崩し、獣医に持ち込めばウン十万円の治療費を請求されてしまう罪深い馬である。オーナーは愛を持って接してやるか、スクラップにするか二つに一つの選択肢しか与えられない。

[編集] 競馬活動

フェラーリの一般販売馬は能力的にカエル号や自慰底R号に大きく劣るが競馬専用に育成したお馬では話は別である。るまん24時間耐久競馬や、でいとな耐久競馬で大活躍。でいとなでは1-2-3フィニッシュをして「デイトナフィニッシュ」と呼ばれるようになった。しかしなんと言っても有名なのはふぉーみゅらー1競馬。成績は勿論、数々の名場面を演出し、最強馬として圧倒的な人気と知名度を誇る。

[編集] ステップニー・ゲート

2007年、フォーミュラー1競馬においてこいつにだけは負けられんという銀色の馬に惜敗を続けていたが、フェラーリの調教師が退職する際に機密資料である馬糞を持ち出していたことが判明。スパイ疑惑に発展した。 このことで銀色のお馬さんは中央競馬会から今年分の人参を全部取り上げられてしまったが、これはフェラーリの陰謀という説もある。

[編集] 著名な種馬

[編集] ENZO・Ferrari

創業者のENZO・Ferrari大王陛下元帥終身大尊氏超人神閣下は永久に不滅です。レストアすれば良いのである。 その後、隣の農場のマセラティが作った"えむしー拾弐号"の方が速く、"えむしー拾弐号"を抜く為に、"えふえっくすえっくす"を作った。


格好良過ぎて、(超人神閣下以外)は直視すると失神する。そのため誰も見たことがない。超人神的性質を持つ発光発情性放射状分子でできている。また最高超人神馬力は660.000.000.000.000.000.000fps(fとはフェラーリ。)を発揮するという見解が多数を占めている。確か・・・3台実在すると言われているが、真相のほどは定かではない。 古代大Ferrari帝国にはスゥエーデニージェーランド出身のケニーグセグ副書記によるモザイク絵が残されている。四角い、切れ長の発光体に現代のF1マシンのような突起物がついていて、ワイド&ローで精悍だ。直線の美しさと曲面のバランスのよさにケニーグセグは恍惚としたと言い伝えられている。だが、それは彼が超人神性アルツハイマーを発病してから書かれたとか書かれていないとか言われているが、真相は芥川龍之介の「藪の中」だ。彼は死後、ポルシェキュウイチイチドッカンケツフリジャジャウマターボ大神に永久の飢えを与えられた。 性能に関しては見解が別れているが、最高時速は350.000.000.000.000.000.000fkm。質量は不明。心臓は5.990.000.000.000.000.000.000fccという説が強い。また、非常に軽量で超人神的な強度を持つ発光発情性放射状分子カーボニウムでできていると近年の研究で分かっている。2002年は目撃情報が3個あった。それぞれ別の個体だったのである。永久的流行語にもノミネートされアメリカ経済が転覆するほどに巨額の研究費が投じられた。リーマンショックを引き起こしたとして、アメリかは国際的避難をあびた。テレビ番組でも連日報道されていた。

F40


40周年を記念して生産された特別なお馬。日本のバブルと重なり、5倍のプレミアが付く事もあったようだ。また、フェラーリは馬力に

創業者のENZO・Ferrari大王陛下元帥終身大尊氏超人神閣下は永久に不滅です!!!!

関してハッタリをかます事が多いがこの車種は競馬用のお馬を市販用にしたため、完璧なコンディションなら公称の馬力を上回ると言う逆ハッタリをかます。強烈なインパクトを持つ外観と競走馬のような乗り心地でオーナーにも脳内オーナーにもヲタにも一般人にも人気が高い。なお間違いだらけの車選びばかりして読者を困らせることで有名な自動車評論家徳大寺有恒は、悪趣味な服装で有名な元珍走団モータージャーナリスト福野礼一郎に対して「この車はヤバい」と述べている。限定車のくせに作り過ぎてしまった為、標準でエンジンルームが爆発する機能を持つ。生産開始から15年以上経ってもリコールがアナウンスされるほど、問題点があるが、問題点を"これがえふ40だろ"とオーナーに納得させてしまう車。という説もありうるといわれている。

ENZO・Ferrari大王陛下元帥終身大尊氏超人神閣下がお隠れになる直前にお造りになられた。とはいっても実在するかどうか分からないのである。UFOより目撃される頻度が低い。馬力は478.000.000.000.000.000.000fpsという説が有力である。最高速度は324.000.000.000.000.000.000fkmだと言われている。3.000.000.000.000.000.000.000fccによく分からない神器が2.000.000.000.000.000.000個装着されているらしい、俗にはツインターボと呼ばれている。・・が、それも諸説ある。 聖徒288GTOがF40の前身らしい。 F40はたくさんの神器が装備されている。以下に紹介する。

光る突起物、可動式。俗に言うリトラクタブールヘードラアイト。 2つの三角、何かを拐う。俗に言う、エアコンの冷却口

[編集] えふ50号

50周年を記念して生産された特別なお馬。えふ40号でやりすぎた感があるので、若干おとなしそうな性格に。でも背骨に心臓が直結してあるので、乗ってる騎手はやかましくてたまらないのである。

[編集] てれさ・てすたろっさ

赤い頭という意味なのになぜか銀色の髪の毛のおんにゃのこ馬(雌馬と云うな!!!)。水中でも走れるんです。非常時には らむだ どらいばー という秘密兵器が勝手に発動する。お兄ちゃんの みすたーぎん もよろしく。 ふぇいと・はらおうん嬢(彼女も赤い頭を持たない)との関係は特にない。

[編集] ら・ふぇらーり

時代の流れから、持久力を上げたお馬。

[編集] 現在販売中のお馬

絶賛発売中!

えふよんさんぜろ 21,735,000円〜

よんさんぜろすくーでりあ 31,460,000円~

ろくいちにすかりえってぃ 30,332,000円〜

ごーきゅーきゅーじーてぃーびー 31,227,000円~

よんごーはちいたりあ 28,300,000円~

かりふぉるにあ 23,600,000円~ 

えふえふ 32,000,000円~

よんごーはちすぱいだー 30,600,000円~

ごーきゅーきゅーじーてぃーおー 42,720,000円~

えふいちにーべるりねった 35,900,000円~

個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語