フェルナンド・アロンソ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
アロンソさんの 眉は大きいです。可愛いですね。

フェルナンド・アロンソ(Fernando Alonso Díaz、1981年7月29日 - )とは、スペイン人のF1ドライバーである。

概要[編集]

フェルナンド・アロンソは、スペイン人F1ドライバーである。デビュー当時ロクな評価の下されていなかった同国人のF1ドライバーにしては総じてレベルの高いドライバーであり、特に評価の高いルイス・ハミルトンキミ・ライコネンら並ぶドライバーと称されているが、設計段階からそのわがままぶりが指摘されている。

ルノーで当時絶対的王座に着いていたミハエル・シューマッハを破り、さらに勢いで2年連続のワールド・チャンピオン獲得後、2007年にはトップ・チームとして名高いマクラーレンにスカウトされ活躍するが、シーズン中にわがままを頻発するようになり、その結果、同チームをクビにされてしまう。

2008年には古巣のルノーで活動し、その後の去就が注目されたが、本人は「ここの飯が一番うまい」(後述)との理由でルノーに居座る。非公式に赤牛が配備獲得に動いていると噂されているが、既に涼宮ハルヒばりに高くなってしまった自身のプライドを考慮すると、契約の締結は難しいとの見方が一般的である。

実は二次元にがおり、その妹を溺愛している。しかし、妹は幼少のころ母親の死を間の当たりにし、視力を失い自らの足で立つことすら困難であった。そのためフェルナンドはF1のチャンピオンになってこの世界を妹にやさしい世界にする必要があった。しかし、3年連続でのチャンピオン獲得かと思われた矢先に、彼はその座から転げ落ちてしまったのだった。

そして、2008年から彼の反逆が始まった。これが俗に言う、「フォーミュラワン 反逆のアロンソ」である。  

特徴と問題点[編集]

特徴[編集]

フェルナンド・アロンソの最大の特徴は、なんと言ってもその豪快なまでの噴射能力と馬力にある。F1デビュー当時は自他共に認める弱小チームであり、現在すでに存在していないミナルディに所属していたが、お世辞にも良いといえないチーム体制(当時、すでにチームは財政面以前に国家自体の存亡の危機に瀕しており、レースどころではなかったとの見方もある)、さらにチーム成績が毎年最下位に低迷している中、シーズン途中に眉毛を移植したことが当たり最大出力が飛躍的に上昇。結果、レースではしばしば上位に食い込むなど、そのポテンシャルを遺憾なく発揮した。その能力は同時期に所属していたタルソ・マルケスの約156倍に匹敵したとも言われている。

この活躍が後のルノー、及びマクラーレン移籍の布石になったことはよく知られている逸話である。

問題点[編集]

しかし、同ミサイルには致命的な欠陥が存在する。

わがまま[編集]

同ミサイルは、開発当初から完成までの間に何度となく実験会場に移動するのを嫌がる拗ねるクルーに対して高圧的な態度を取る食事に対して文句を言う…などと言ったわがままを繰り返し発生させていた。これにより開発は大幅に遅れ、当初マシン搭載を予定していたチームが契約を見送るという事態にまで発展している。結果、デビュー当初は弱小団体であるミナルディに所属せざるを得なかった。

この欠陥はデビュー後、及びプチ整形後も続き、同じチームに所属している別のドライバーに対し悪口を言うチームフロントへの文句や批判をマスコミの前で公言する食事に使われるパスタの銘柄をいきなり指定し、さらにレースごとに銘柄とメニューを替えるよう要求するなどの行為を連発した。この結果、ミナルディーのケータリングチームの調理スキルが飛躍的に上昇したとされる。なお、皇帝シューマッハが他チームであるにも関わらず毎回ペペロンチーニとエスプレッソを求めてブースに訪れていたのは有名な話である。

ツンデレ[編集]

その一方、所属しているチームの代表にだけツンデレの症状を呈していたことも特筆すべきであろう。特にフラビオ・ブリアトーレロン・デニスへのツンデレっぷりは筆舌に尽くしがたく、まるでシャナのようであったとも言われている。これによりチームの士気が格段に低下し、レースに多大な影響を与えるという事態に陥った。最終的にロン・デニスとは袂を分けたが、これは当のデニスがアロンソによるあまりのツンデレっぷりに嫌気がさし、その当時頻発していたわがままを逆手にとって戦力外通告へと追い込んだ、という説が有力である。しかし最近はそのツンデレ属性が失われつつあるという話もある。

ヤヲンソ[編集]

2009年シーズンに取り沙汰されたクラッシュ・ゲート疑惑では、その関与を巡り議論があったが、これ以降「ヤヲンソ」という呼称も使われるようになる。これは2008年のシンガポールで自身を犠牲にし愛するアロンソの勝利に貢献したペケ子、またその二人の仲を引き裂いた悪いオヤジを始め、複数のルノーチーム、FIA関係者との愛憎の物語が多くの腐女子に共感を呼ぶことになり、801(ヤオイ)と呼ばれる文芸で多数の創作が行われたことを受けた、801とアロンソとの合成語である。余談だが一連の事件そのものが腐女子層へのファン拡大を意図したものだったとする説もある。

来歴[編集]

ミナルディ時代[編集]

2001年、ろくなテストもない中で弱小チームのミナルディに配備され、当然BARチームの尻を追い掛け回すだけの失敗作となったように思われたが、あるとき行った眉毛のプチ整形によりその評価を高め、万年最下位チームとまで揶揄されていたチームの建て直しに成功。同時に同チームの食事の建て直しにも成功。アロンソの名前をF1中にとどろかせた。

この才能をフラビオ・ブリアトーレに見出され、ルノーチームに移籍した。

ルノー時代[編集]

やっぱり眉毛太…

ルノーでは、その才能を発揮、2005年2006年と連続でフェラーリの赤い皇帝を破り、ワールド・チャンピオンに輝いた。もちろん、この時点でのルノーの調理技術もワールド・チャンピオン級であった。(この頃、それまで食事に関する限り無敵を誇っていたミナルディは、アロンソの移籍と共に急速に衰退・滅亡し、F1の食事における1つの時代が終わりを告げていた。)しかし、2006年初頭にマクラーレンへの移籍が公になると、欠陥のひとつであるわがままが頻発。マクラーレンでの活躍に疑問符をつける関係者がいたほど、前途を悲観する声も多かった。

マクラーレン時代[編集]

2007年マクラーレンに移籍。表向きは契約切れだったが、実は代表のロン・デニスがオマケとしてお食事券をつけたため移籍を承諾したという。しかし、デニスがあまりにも露骨に黒人第一号を擁護したため、シーズン中に以前から指摘されていた致命的欠陥であるワガママが多発し本来のポテンシャルを発揮できないレースが続いた。その結果なんとかワールドチャンピオン争いには加わったものの、フェラーリのキミ・ライコネンに王座を奪われてしまう。(ただしフェラーリのチームオーダー(反則)の陰謀説あり)特にシーズン中よりわがままを多発していたことが災いし、ロン・デニスは最終レース後にクビを宣告、アロンソはチームをクビにされてしまった。

移籍先が見つからないアロンソは2008年ルノーに出戻ることにした。(この間、”飛ばないほうのフィンランド人”は、2007年には眉毛の抜けたルノーに、2008年には眉毛の抜けたマクラーレンにあてがわれ、結果として地味に一流チームを渡り歩いている)←つまりトレード。

家を出てった女なんてこんなもんだよね。

ルノー復帰後[編集]

マクラーレンで肩身を狭くするハメになったために耐え切れなくなり、結局古巣のルノーへ出戻った。

だがこのときのルノーはマシンがホンダほどではないが見た目がダサい上にタダでさえ遅く、セカンドドライバーは「あんなの」のため非常に苦しい 戦いを繰り広げていた。

しかしアロンソが注目していたスーパーアグリが解散する旨を聞いた後、鈴木亜久里と思われる人物から何者かの眉毛が手元に届く。それを移植して再び眉毛をプチ整形したアロンソは、ワガママぶっていた今までの様子とは打って変わって努力家に転じ、苦しいながら続けてきた自身の奮闘が功を奏し、F1初のナイターレースとなったシンガポールGPでピケ子の多大なる協力の結果(フォースインディアのカレーの効果もあってか)実に久しぶりの勝利を挙げた。さらにその後の日本GP(富士)でも勝利を挙げ、アロンソの復活の日を願うファンは狂喜乱舞した。

すでに来期もルノーで走る予定が組まれている話であり、彼の復活の日もひょっとしたら・・・近いかもしれない。

ルノーからフェラーリへ[編集]

2009年のアロンソは、全10チームの中で最もミットモナイ車(本人曰く、「今までに乗った中で最低のF1マシン」)で、なんとかかんとか頑張ってポイントを稼いでいた。他方、ピケ子は真価が問われる2年目にして絶不調。怒ったルノーはピケ子を解雇するが、逆ギレしたピケ子が禁則事項ですを暴露してしまい、ルノーはチーム代表を永久追放のうえ罰金という処分を受けた。

そんな中、一連の不正で最も利益を受けたはずのアロンソは一切お咎めなしであったため、チーム内では浮いた存在となり、チームの外からは一斉に疑惑の眼差しが向けられた。再び肩身の狭くなった彼はフェラーリへの移籍を決行する。記者会見で「夢が叶った」とデレデレの台詞を吐くが、かつてマクラーレンでツンデレ合戦を繰り広げたルイズが「あの人、ウチ(マクラーレン)に来たときも、そんなこと言ってたんだから!」と明かしてしまい、色々な因縁のあるチームメイトの傍らで、早くも肩身の狭い思いをし始めている。ツンデレを続けるのは、もう年齢的にムリなのかもしれない。

復活、そして伝説へ[編集]

2010年、シーズン前

マッサ「フェルナンドとの関係は良好。彼はもっとチームに馴染むべきだ」

アロンソ「……」


同年、ドイツGP

アロンソあんな遅いのが俺の前にいるなんて、おかしいだろ!お前ら何とかしろよ!!」

チーム「(……んもう)フェリペ、聞こえるか?フェルナンドの方がお前より速いぞ。理解できるか?そういうことだ。」

マッサ「……」


以後、現在まで

アロンソ「フェリペとの関係は良好。彼はチームにとても貢献している。すぐに本来の調子を取り戻すはずだ。」

マッサ「……」


……実に見事な復活である。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「フェルナンド・アロンソ」の項目を執筆しています。


ビブ君.png この項目「 フェルナンド・アロンソ 」は、ピット作業中です。
一刻も速くコースに復帰させるために給油とタイヤ交換をしなきゃ!さ、急いで! (Portal:スタブ)