フォックス・マクラウド

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索
Fox McCloud氏
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「フォックス・マクラウド」の項目を執筆しています。

フォックス・マクラウドFox McCloud)とは、星狐シリーズに登場する主人公で、任天堂株式会社少佐兼中隊長である。任天堂一、いや宇宙一不幸なである。

目次

[編集] 生い立ち

身体の仕様上、季節によって服装も変えるようだ。

雄狐の子供なので当然狐だが、母親が狐かどうかは怪しい。もっとも彼の出張元が京都にある任天堂なのでひょっとしたら安部ちゃんと兄弟なのかもしれない。

父親はジェームズ・マクラウドとか言うF-ZEROレーサーであったが、同志のおだて豚に裏切られ、非業の死を遂げた。優等生で、事あるごとにを殺しに行ったり、最近はを倒してWiiで世代交代をするつもりらしい。

彼の同志は実に多種多様で、彼がリーダーを努めているらき☆スターフォックスには、

が所属している。最近兎はよぼよぼのに代わって将軍に昇格したらしい。

一方彼のライバルに狼が勤めるらき☆スターウルフには、

がいる。時々雌狐が雄豹にナンパされるが、雌狐には異種交配の趣味はないのでシカトしている。

[編集] 作品での活躍

スポイラー
スポイラー

警告:以下の文章にはネタバレ、いわゆるスポイラーが含まれています。これにより記事はより空気力学的に洗練され、その結果としてより高速で疾走できるようになります。

もしあなたが、 セフィロスが一種の人造人間であることや、レドナにかかっているフォーチュンのロウはシドのアンチロウで無効化されることや、アンサイクロペディアウィキペディアのパロディであることを知らないのであれば、充分注意して、Wiiリモコンやコントローラーを手放さないようにしてください。

[編集] スターフォックス

赤ん坊の時に母親が爆殺され、おやっさんが出番無しに射殺され、いきなり戦災孤児…。(※実話)15、6歳くらいのときに初めて参戦。目つきが怖い。おかげで主人公のクセして悪役の雰囲気が漂うとんでもないキャラとなってしまった。

親父が作った巨大戦艦のローンを返すため必死になって戦ったらしい。とりあえずは成功したが…

なお、設定や時系列はこの作品で独立し、以降の作品と矛盾点が出てくることがあるため、実質的には本作は黒歴史である。

[編集] スターフォックス64

第一作と同じストーリー、でも内容が違う(父がやとわれ遊撃隊のリーダーだったり、そうめんが元宇宙暴走族だったり、他多数)。

士官候補生のクセして字は案外と汚い。目つきが変わったりしてようやく主人公としての風格が出た。成長劇が物凄い。まさにニュータイプ。無口がモットーの任天堂製の人物にしては珍しく日本語がペラペラ。

ラスボスのアンドルフが豪語する「偉大なる脳味噌」がグロい為、トラウマになった子供たちが沢山いた。たいていは顔のアンドルフの吸い込みで殺されるが・・・。

[編集] スターフォックスアドベンチャー

今回は犬の将軍様のご命令を受けて恐竜が生息する惑星に墜落。ご都合主義の集大成と言わんばかりに、墜落した先に落ちていた怪しげな棒切れを拾って敵と戦った。

そのときに例の雌狐と会ったが、禁則事項ですなことをしたりして云々…。ちなみに今作のフォックスは英語しか喋れない(将軍様の圧力とも言われる)。

レア社の最先端技術(当時)を結集して造られたCGは毛並みまでをも再現してリアルである。ただし等身は縮んだが…。ちなみに任天堂がそれを恨んで製作会社の株をマイクロソフトに売り払ったらしい。レアは悪くありません。いやむしろ悪いか。そんなことないか。

[編集] スターフォックス アサルト

これまたナムコの陰謀で二作連続で他社にいじられる。更に、必死こいてローンを返しているグレートフォックスをウサギに壊されたらしい。ああ、カワイソスww。

声が変わった。「今回から資料設定は一切出さない」とコ・プロデューサーの似顔絵職人が発言しているため、裏設定はあるだろうが永遠にアンドルフの脳内で眠ったままであろう。

[編集] スターフォックス コマンド

「正義感が強く曲がった事が大嫌いだが少々融通が利かない」という設定が災いし、恋狐に逃げられ、仲間達も離れていった。人生最大の不幸のラッシュ。とうとう年齢設定が無くなり、「永遠の年齢不詳」にクラスチェンジ。

ただし場合によっては例の雌狐と結婚して子供が出来たりする場合も、そうめんと一緒にレーサーになったりする場合もある。

[編集] スマブラシリーズ

64版の第1作より登場。服装はDXまでは64版に似せたデザインで、Xでは『コマンド』のものにアレンジを施したもの。スリッピーの開発した飛び道具反射板やブラスター、そして白兵戦技能で世界の人気者任天堂の黄色い破壊兵器平面世界からの訪問者音速針鼠らと戦う。

Xの『亜空の使者』ではアーウィンを二度も撃墜され、グレートフォックスも敵に撃墜されるなど相変わらずである。ちなみに、二代目のグレートフォックスは登場していない。ライラットクルーズのステージとなっているものを二号機とほざく馬鹿がいるが、これはプレアデスという旅客機である。

全作通じてアーウィンがステージに登場するが、星になって自殺する初心者が後を立たない。

また、DXではそうめんと、Xではそうめんとライバルと一緒に登場した。このことが災いして、早々からネット掲示板などで各方面(特にこの人の支持者というか狂信者)から一斉に叩かれるなど、色々と散々な目に遭っている。自業自得というか何か・・・。

[編集] ぼやき

Fox McCloudってMcついてるからアイルランド系でしょ。じゃあ直訳したら、「アイルランド系のクラウドさんの子孫の」になっちゃうじゃん☆以前に、どうぶつの森にも出てきたとき、キタキツネという事実が暴露されてるし。え? McDonaldや…あの…それは・・・・・・・・・お察しください

ちなみにO'DonnellのO'もアイルランド系の苗字の接頭語。

[編集] 関連項目

個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語