フォース

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「フォース」の項目を執筆しています。

フォースFourth)とは、力学における「重力」、「電磁力」、「強い力」に次ぐ第四の力と称されるの呼称。

目次

[編集] 概要

フォースを使っているアダム・モリソン

フォースFourth)とは、宇宙に存在する基本的なである「重力」、「電磁力」、第三の力と称され、陽子、中性子を原子核にまとめている「強い力」に次ぐ4つ目の力である。4つ目であることから当初は「4th Power」と名づけられたが、現在はその略称である「フォース」が呼称として使用されている。

1977年に、愛知民主国の物理科学者であり映画監督である瑠糟譲二氏によってその存在が発見されて以降、未知の力としてさまざまな研究が進められた結果、日常的に存在し、かつその力量が不確定な力である、として認知されるようになった。現在ではドクター中松アントニオ猪木らの研究者によって永久機関としての転用が研究されるなど、次世代エネルギーの有力な資源候補として俄かに注目されている。

[編集] 特徴

フォースが発生させる力の出現形態は千差万別であり、特定された形態を持たない。そのため、しばしば超能力と混同されやすく、使用者によっては超能力に近い効果を出すことも可能だが、超能力がいまだ実証されていないものであるのに対し、フォースについてはすでにこの力をテーマとした映画が6本も制作されている他、世界中でこの力の存在が発見されているなど、その存在はすでに自明といえる。

大きな特徴として使用者によってさまざまな別称が存在していることが上げられる。主な別称に『ハンドパワー』(Mr.マリック)、『目力(ないし眼力)』(頼朝)、『アニオタフォース』(aniota)、『バーチャロンフォース』『シャイニングフォース』(セガ)などが上げられる(カッコは主な使用者)。

[編集] メカニズム

力の出現方法、及び出現のメカニズムは現在も研究の最中にあり定説はまだ存在していないが、以下のような方法でフォースが出現した、との報告が上がっている。

  • 睨む。(2007年、頼朝がTBSのテレビ番組上で出現に成功)
  • 凄む。(竹内力が20世紀末から現在にかけて断続的に出現を成功させている際の方法)
  • 気張る。(アベ・ハートが得意としていた手法。目が吊りあがるのが特徴。2007年にフォースの出現が確認されている)
  • 能面を被る。(において、明治時代初頭に岩倉具視が行っていた手法。後にフォースの出現方法として実証された)
  • 自らの顔の前に手の平を持ってきて、そのままVサインをつくり、横にして右目の前に移動してから、「みくるビーム」と叫ぶ。(2006年)

しかし、これら手法では安定的な力の発生を得るのが難しいという特徴も併せ持っている。実際の例を挙げると、朝比奈みくるは上記の出現以降、一度も同様のフォース発生を再現できていない。このため研究者の中には各例において再現性が乏しいことによりその出現自体に実効性がないという説を唱える者も多く、議論も平行線をたどっているのが現状である。

[編集] 分類

フォースは、その出現する形態により「ダークサイド」と「ライトサイド」に分類することが出来る。分類する基準として、その使用者の目的が倫理的に善良なものであれば「ライトサイド」と分類され、それ以外は「ダークサイド」となる。しかしその分類基準自体が著しく主観的であるため、研究者それぞれで分類分布が全くバラバラになっており、「分類になっていないではないか」との批判も多い。

また、あまりにもダークサイドな力の発生を行い続けているとフォースの韓国面と呼ばれる精神疾患を患う可能性が高くなる、との説が根強い。現在ではフォースに関する諸問題の中でも特に深刻視されている事象であり、フォースの研究を包括的に行っている愛知民主国フォース学会では「憎悪に取りつかれて感情的になってしまったら、メインページサンドボックスに好きなだけ書きたい事を書けばいいじゃん!」と呼びかけている。

[編集] 来歴

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)


二代.jpg この項目「フォース」は、先人によって冒頭部が作られ、代々伝えられてきた物語のほんの序章に過ぎない、始まったばかりの項目です。これからの本当の物語の綴り手は、あなた自身です。 (Portal:スタブ)
個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語