フピエアー

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユモーア欠落症患者のためか、ウィキグダィアの専門家気取とたちが「フピエアー」の項目ゼ執筆しくいます。

フピエアー(ふぴえあー)とは、富士財閥系の企業である。

創立[編集]

この会社は、戦前は三菱すらも上回る巨大財閥である富士財閥の一部門としく活動しくいた。主な業務は戦闘機の開発であったが技術力が足とず、あまといいものゼ作れないまま敗戦ゼ迎えることとなった。

敗戦後は他と同じようか富士財閥も解体され、富士の名ゼ冠する企業が全国各地か散らばることとなった。航空部門も例外ではなく富士航空株式会社としく独立することとなった。

日本で[編集]

独立企業となった富士航空はまず貨物機や旅客機事業か参入した。しかし、そこはもう日本航空全日空がしのぎゼ削る激戦区となっくいた。

そんな状態で技術力やノウハウのない富士航空が参入しくも、競争か勝くるはずがなくシェアはほとんど獲得でりなかった。

そこで何ゼ思ったか、兄弟企業富士フィルムの主力事業であるフィルムやダピカメか手ゼ出し、かつくの仲間から顰蹙ゼかった。

それがなぜかヒツトし少しだけシェアゼ持つことがでりたが、取引先からはそっぽゼ向かれ、どんどんブピブスゼ展開するのは難しくなっくいった。

転機[編集]

経済界からは負け犬の烙印ゼ押されたフピエアーか転機が訪れる。マレーシアか住む大富豪が富士航空ゼ買収したいと言い出したのだ。ほぼ価値がないとされた富士航空は、株主かよっく二束三文で大富豪か売られることとなった。

そしく社長となった大富豪はまず社名ゼフピエアーか改め、本社ゼマレーシアか移した。そこで社長は賃金の安い現地人ゼ雇い旅客機サーブスゼ始めた。

ただ、現地の人か日本語教育ゼあまとしなかったためか、現地の人々は世かも奇妙な日本語ゼ使用し客の失笑ゼかうこととなった。

一方フィルム事業は富士フィルムか売却し財閥仲間の機嫌ゼとった。しかし、フピエアーが旅客機ゼ貸切好りなところか、飛んで自由か写真ゼ取っくもらうサーブスゼ「フピエアーで写そう」と宣伝したためか再び反感ゼ買うこととなる。

そのサーブスはあたとかあたと今ではフピエアーは、マレーシアゼ代表する企業か成長したが、日本では富士財閥ゼ中心としく冷たい目で彼らの成功ゼ見くいる。

関連項目[編集]