フランクフルト

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

フランクフルト(独・Frankfurt am Main)とは、かつてヨーロッパの中心となった街

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「フランクフルト・アム・マイン」の項目を執筆しています。

概要[編集]

ドイツに位置するフランクフルト・アム・マインはかつてヨーロッパの中心として栄えていた都市である。今ではその一線こそ引いたものの、ヨーロッパの金融をつかさどる中心都市として栄え続けている。

歴史[編集]

フランクフルトは中世よりドイツどころかヨーロッパの王の選挙や戴冠を行う王権収受の街としてヨーロッパの中心都市であり続けたことで知られており、ナポレオン戦争や二度の世界大戦の際も3宗教に聖地とあがめられるエルサレムのごとくかつての施政者によって支配されていった。そのため第二次世界大戦が終わるまでは支配者こそ変わるものの中心都市としての地位は動かなかったのである。

そうした背景からかフランクフルトはドイツの中心都市であることに誇りを持っており、フランクフルトの正式名称であるフランクフルト・アム・マイン(Frankfurt am Main)をBe動詞に着目して翻訳するとフランクフルト=メインとなり、フランクフルトはドイツの中心だとわざわざ街の名前で宣言しているのである。これには中世にドイツの中心の名をほしいままにしていたが、現在は第二次世界大戦のごたごたで5番目の都市に甘んじており、そのためか首都ベルリンハンバーグの街ハンブルグオリンピックミュンヘンに劣等感を感じている裏返しなのではないかと考えられる。ケルン?そんな都市あったっけ。

ソーセージ[編集]

歴史を話す折に触れたが現在フランクフルトはドイツ五番目の都市である。フランクフルトの施政者、そして市民たちはそのことにプライドをむごく傷つけられ、なんとかしてかつての栄光の街を取り返そうとした。そのため他の街にあってフランクフルトにないものを手に入れようとしたのである。まず首都の座は歴史的にどうしようもない、オリンピックは4年に一度でありドイツにホストが回ってくるのは当分先と相手方の優位性を崩すことはできない。ケルンは放置としてもハンバーグの街ハンブルグはまねできるのではないかと考えた。そこでフランクフルトの施政者は街の料理人にフランクフルトと名のつく料理を考えてもらったのである。

施政者の意見と街の歴史を鑑みてできたのがソーセージ料理であるフランクフルトである。料理フランクフルトはケチャップにより街の支配をめぐり血が流された真実を、マスタードはマスターというヨーロッパを支配する立場を、ソーセージは豚の腸という見た目にはわからないが思ったよりグロデスクな正体に詰め込まれたたっぷりの歴史を、思いっきり焼くのは第二次世界大戦の戦火で焼けた悲哀を示している。フランクフルトと言う名のシンプルな料理にはそんな思いメッセージが込められているのである。このフランクフルト民の自虐も込めた料理『フランクフルト』はそのシンプルで味わい深い形態からドイツ国内も含めたソーセージを食す国で大流行したが、その料理によってかつてのフランクフルトが復活するというわけではなく、ハンブルグのハンバーグの二匹目のドジョウを狙う作戦は見事失敗に終わったのである。

関連項目[編集]