フランツ・リスト

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索

フランツ・リスト(Franz Liszt、1811年10月22日 - 1886年7月31日)は、ピアニスト・作曲家・指揮者、あるいは女ったらしである。

本名は気取り屋の父親によって与えられた、ラテン名のFranciscusであるが、あまりに長くて綴るのが面倒であったため一度も使われなかった。

趣味は本人曰く紙っぺらの上にオタマジャクシの死骸を並べること。しかし、もともと死んでいたのではなく、リスト自身が殺したという説もある。

目次

[編集] 生まれと国籍について

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「フランツ・リスト」の項目を執筆しています。

この上ない複雑な生育環境にあった彼の国籍については今も議論が絶えない。オーストリア人のようなハンガリー人のようなドイツ人のような、そんな存在である。

ハンガリー生まれだからハンガリー人だろ」
フランツ・リスト について、ハンガリー人
「ハンガリー語も喋れない癖に何言ってんだよ。民族的にはドイツ人だしドイツ人だ」
フランツ・リスト について、ドイツ人
「ちょwww テラワロスwww ドイツ語の読み書きもまともに出来なかった癖にwww フランスで教育を受けたんだからフランス人だ」
フランツ・リスト について、フランス人

ベートーヴェンツェルニーは何をトチ狂ったのか、「トルコ人」だと主張していた。また本人によると、「(少なくとも)半分はジプシー」であるようだ。

「……もうさー、地球市民ってことでいいんじゃねーの?」
フランツ・リスト について、面倒くさくなった音楽学者

[編集] 作品

[編集] 若年期

6歳の誕生日にフランツ・リストは、手の大きさが原因でよくからかわれていた。悔しさのあまりリストは、いじめっ子たちの家を親指で潰し、両親からこっぴどく怒られてしまった。やり場の無い怒りをバネにし、「ハンガリー狂詩曲 第2番」と呼ばれるピアノ曲を作曲した。それ以後の作品は、2番ほど素晴らしくはないとされ、ブルガリア的過ぎると批評された。これは、彼がブルガリアとハンガリーを(もしかしたらオーストリアも)混同していたからとされている

しかしながら、この間、彼は大規模な論争を引き起こした。彼は、混乱した最も潜在的なピアニストに先祖帰りした。

[編集] 後生

「ハンガリー狂詩曲 第2番」を作曲したときに、彼は1日あたり28時間のピアノの練習をし始めたが、誰も気にしない。大規模な騒ぎを引き起こして、王立委員会がすぐ投票を変えたので、フランツ・リストが (というかイギリスのセレブが) 抜本的に改良された彼の技能は、やむを得ず浪費家のフットボールクラブの受取にサインした。彼は、すぐ、大衆がピアニストとして彼の能力を賞賛しているだけであることに穏やかにいらだつようになった。それで、彼の37回目の誕生日に、ハンガリーのラプソディーのセットははち切れた。すぐに、彼は、差し迫っている破損状態のためやむを得ず新しいピアノを買った。

この最終的な分割払いは実際の作曲家として多くの著名をリストに獲得した。そして、彼は、すぐ、3つのノクターンを構成するために、ハンガリーの王に任命された。これらはノクターン、または夢想曲として知られるようになりましたが、名前は変わった。 理由はハンガリー王が犬アレルギーであったためである。そして、彼は犬に関する夢の概念にはうんざりだった。

[編集] 演奏会でのリスト

リストはあまりにも手が大きかったため、演奏会の度にピアノを3台は壊していたようである。そのためリストはヨーロッパ中のピアノ職人から忌み嫌われていたものの、リストにとってはむしろ誇らしいことであった。ところがベーゼントルファーのピアノはどんなにぶっ叩いても壊れなかったため、リストにとって永遠の宿敵となった。

リストの演奏を聴いてあまりの衝撃に気絶する観客がいた話は有名だが、リスト自身も演奏中に気絶することがあったという。観客がリストにサインを求めに行った際に「今日の演奏、素晴らしかったです」とお世辞を吐いたところ、これを聴いたリストは「え、僕が演奏をしていたって?記憶にないなあ」とサンスクリット語で話していたという文献がこれを物語っている。

また、演奏を聴かずにおしゃべりばっかりしているニコライ1世に向かってお手製ミートパイを投げつけたり、女の子の泣き顔見たさに普段以上にやかましい演奏でまだ幼いクララ=シューマンを号泣させたり、弟子が苦しむ様子を見たいがためにわざわざ15分近い大作を作曲し演奏を強要するなどの前科を持っている。

[編集] その後のリスト

ピアノだけでは食っていけないことを悟ったリストは、ピアノの演奏から遠のき、バイオリンや、フルートや、トロンボーンや、オーボエや、バスーンや、トランペットや、マスケット銃などに挑戦し、全てのジャンルにおいて大成功を成し遂げ、最終的にまたピアニストに落ち着いた。

また、彼は死ぬまでロリコンだった(厳密にはペドフィリアかもしれない)。なぜなら、彼の14人の妻と愛人は8歳以下だったからだ。

[編集] ハンガリー狂詩曲

リストの妙技を定義する曲である。技術的に過酷で、素晴らしい、いかなる他の曖昧な最上級もこの曲のようにはならない。ちなみにこのハンガリー狂詩曲は楽曲内にあまりにもハンガリーな要素を含んでいないっていうかリスト自身がハンガリーの民族音楽をベースに作曲をした。日本で例えるなら、股引が日本人の伝統装束であると本気で思っている外国人ファッションデザイナーが股引をベースにデザインした自らの作品をジャパニーズファッションと勝手に銘打っているようなものである。そのため、初めてハンガリー狂詩曲をお披露目した際にハンガリー国民から「股引でも食らってやがれ多重国籍!ロリコン!」等と酷評された。無理もない。

[編集] 死、そして転生

84歳のときにフランツ・リストは、スイスでコレラにかかり、その生涯に幕を下ろした。しかし、表面上は死んだとされたリストはシベリアで生まれ変わった。そこでは、セルゲイ・ラフマニノフとして知られるようになった。それ以来、何回も転生した。

なお、現在はカナダのピアニスト、マルク=アンドレ・アムランとして生きている。

個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語