フロッピーディスク

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索
この記事にはユーモアが不足しています。治療には十分な栄養と日光愛情ナントカ還元水が必要です。
ユーモアの摂取方法にも十分気をつけましょう。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「フロッピーディスク」の項目を執筆しています。

フロッピーディスクとは、データを保存するための薄っぺらい箱。ドクター中松氏とは関係が無い。

目次

[編集] 種類

3.5インチフロッピー

フロッピーディスクには、主に8インチ、5インチ、3.5インチの3種類がある。

容量は、約640KB~1.44MBぐらいで今では使う人は非常に少ない。

なお実際の長さはミリメートルで測っているため、正確では無い。

[編集] (約)8インチフロッピー

初代のフロッピーである。 書き込み防止スイッチ(ライトプロテクト)は、シールをはがすタイプ。 薄くて柔らかいため、風に吹き飛ばされることで有名である。折れることもよくあることだ。 そのためあまり実用的ではなかった。

投げるとよく飛ぶ。全盛期は日本中でデータ交換のため8インチフロッピーディスクが飛び交った。
かつて行われた全日本フロッピーディスク選手権では、某電機メーカー社長が1位に輝いたことがある。

[編集] (約)5インチフロッピー

今のフロッピーディスクの少し前。 これの書き込み防止スイッチ(ライトプロテクト)は、シールを貼るタイプ。紛らわしい。 まだまだ折れやすい。

投げてもまあまあ飛ぶ。遠くには飛ばない。

[編集] (約)3.5インチフロッピー

今でも幅広く使われているフロッピーディスクである。 書き込み防止スイッチ(ライトプロテクト)は、スライド式である。 このフロッピーは、ワープロパソコンなどにも使われている。 一番実用的。

投げてもあまり飛ばない。シャッターがついたので、かつてのように投げると破損しやすく、勘違いしたユーザーからクレームが殺到した。

[編集] 概要

昔は情報などの管理する容量が少なかったため、そこまで容量を増やさなくてもよかったが、今では夜中にニヤニヤしながら怪しい画像を管理している困ったちゃんのために容量が大きいメモリースティックCD-ROMSDカードが使われている。

[編集] 現在の主な使い道

容量が少ないため、そんなに色々入んないので、、情報流出がしにくいという一面も持っている。そのため、今でも使われている。また検察やは重要な書類をなるべくフロッピーディスクに保存するよう強く推奨している。駆動装置はもっぱらWindowsの割引クーポンとして取引されている。

[編集] 昔の使い道

昔は全体的に管理する容量が小さかったため、ワープロなどの編集用フロッピーとしても使われていた。 今はそんなのメンドクサイなどとわがままの人がいるため、編集用フロッピーなどは姿を消した。 かわいそうな存在である。

[編集] 関連リンク

個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語