ブラジャークラッシャー

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

ブラジャークラッシャーとは、ブラジャーをいとも簡単に破壊してしまうような人のこと。あるいは実際にブラジャーを破壊する人のこと。

被害内容[編集]

  1. 胸が張り裂ける
  2. 乳房の切り傷(出血を伴うこともある)
  3. 乳がんリスクの増大
  4. 動悸・息切れ
  5. 脳溢血心不全による死亡

以上を見るに、ブラジャークラッシングによって、ブラジャーを破壊された者は恐ろしい被害を被ることがわかる。

環境要因[編集]

  1. 爆乳乳房
  2. ブラジャーの複雑な機構に対する知見の無さ
  3. 一時の気の迷い
  4. 一瞬の気の緩み
  5. ピーチ・ジョン等の耐久性の低いブラジャー製品
  6. ヌーブラ

以上を見るに、様々な方向からブラジャークラッシングの原因が提供されているのにも関わらず、実際に遭遇することが稀であるのはこの世、少なくとも日本がまだまだモラル溢れる社会であるからと言える。

想定される人物像[編集]

  1. 自分の乳房爆乳以上である
  2. 一瞬でブラジャーを外すことができる超能力を持つヤリチン、もしくはよく訓練された女(極一部が1. にも該当)
  3. 不器用で手を滑らして外すべきホックの場所を間違えてしまうシャイガイ、もしくはドジッ娘(一部が1. にも該当)
  4. 趣味やサイズの合わないブラジャーを意に介さない人物から貰った下着マニア、もしくは生理中の女(大半が1. にも該当)

以上を見るに、様々なシーンにおいてブラジャークラッシングな状況は生じるものであり、この世においては少し好奇心を持てば遭遇することも珍しくはないと言える。

対策[編集]

  1. 乳房爆乳未満であること - 美容整形、さらしによる発育抑制など
  2. ブラジャーに対する正しい知識 - ホックの位置の種類、ストラップの有無、ヌーブラであるかどうかの把握
  3. 気合 - 指使い・動作スピードの維持、適切な布地の寄せ方、理性の維持、スタントの抑制等
  4. 頑丈なブラジャー製品 - ワコールトリンプなど
  5. 体型維持用ガードル・ボディスーツの着用 - 中年向けであると尚望ましい
  6. 救心

以上を見るに、ブラジャークラッシングを避けるための行動はあらゆる方面から非現実的であることが少なくない。運を天に任せるしか無い、極めて残酷な種類の事故であることが窺い知れよう。

最後に[編集]

以上を見るに、ブラジャークラッシャーになる確率は、交通事故の当事者になる確率と同程度と言える。ルールとマナーとをもって、正しい方法で、ブラジャーを外しましょう。

関連項目[編集]