ブルース・ウイルス

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索

ブルース・ウィルスとは、劇症化した際に深刻な結果をもたらす恐れのある、最も脅威的なレトロウィルスの一種である。潜在的な感染者数は相当な数にのぼると予想されるが、劇症化した例は公式には数件しか報告されていない。ほとんどの場合は、ちょっと憂鬱(ブルー)になるだけである。

目次

[編集] 症状

  • 潜伏期
数時間から数年間、さらにはキャリアのまま生涯発症しない例もある。
  • 発症期
なんかちょっとツイてない雰囲気になり、「やれやれ・・・」などと投げやりな発言が目立つようになる。この憂鬱そうな様子から、ブルース・ウィルスという名称が用いられるようになった。発症に関しては、恋人に振られる、エレベーターに閉じ込められる、謎の組織が襲ってくる、などといった日常的なストレスが誘引因子となるとの説が有力である。
  • 劇症期
完全にキレて、少人数または単独で、強大な組織に立ち向かってしまう。暴力的かつ非常識かつ無謀な行動にでるので、予測不能な状態になる。いくつかの症例が映画化されて公開されたため、劇場期という別称を用いる研究者も存在する。一部の軍事産業では、兵器としての使用を研究している。

[編集] 防疫

感染経路など、まだまだ謎の多いウィルスであり、感染を防ぐ方法は確立されていない。また、テロの手段としてウィルスの散布がゲリラ的におこなわれている恐れがあるとの報告もあり、映画館等、不特定多数の集まる場所では、周りに感染者が居ないかどうか、注意を怠らないようにすべきである。


[編集] 主な感染者

[編集] 映画

  • ダイハード
  • ダイハード2
  • ダイハード3
  • ダイハード4.0
  • ティアーズ・オブ・ザ・サン

多すぎるので割愛

[編集] 関連事項

個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語