ブロードバンド君

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

ブロードバンド君(ブロードバンドくん)とは、美国連邦通信委員会の子供向けホームページ「キッズ・ゾーン」のマスコットキャラクターである。手に親指があるのが大きな特徴。の横縞の洋服を着ているために腹のポケットから色々なな妖しいものを出すことは出来ないのが難点。現在デザインしたデザイナーは行方不明である。

ブロードバンド君

生い立ち[編集]

  • 2000年代初頭 (1)
美国にて図案化され、美国連邦通信委員会の子供向けホームページ「キッズ・ゾーン」のマスコットキャラクターとして採用される。主に子供たちにテレビラジオ携帯電話などいろいろな通信機器について知識を分け与えることを生業とする。彼の名前にもなっているブロードバンドはここからきているとされる。
  • 2010年頃
ブロードバンド君、人々の記憶から忘れ去られる。
  • 2100年
どこをどう渡ったのか判らないが、ブロードバンド君のデザイン画が日本のマツシバ電機の手に渡る。
  • 2101年
マツシバ電機、ネコ型ロボットの開発に着手。
  • 2112年9月3日
ネコ型ロボット第1号として「ドラえもん」完成。
  • 2112年のいつか
ドラえもん、耳をネズミにかじられたショックにより体色が青色に変色。
傷ついた心をいやすためタイムマシンを使い20世紀(1969年頃)の日本に時間旅行し、元祖NEET少年の元にホームステイを決め込む。
  • 1969年
ドラえもんの漫画が藤子・F・不二雄によって連載開始。
  • 1979年
ドラえもんのアニメ(よく知られた方)が始まる。
  • 2000年初頭
ブロードバンド君のデザイナーが日本へ旅行し、旅の間に見たドラえもんにインスパイアされ、ブロードバンド君のデザインを思い立つ。(1)へループ。

パクリ疑惑[編集]

ブロードバンド君に非常によく似たドラえもんというキャラクターも日本で確認されている。日本では、ブロードバンド君はドラえもんのパクリであるとの疑いをもたれている。日本のアニメが数多く進出している美国だが、ドラえもんのアニメの放送はなく、知名度が低いために、発覚するまでに長い時間を費やした。ブロードバンド君と日本側代表の藤子プロの主張は以下の通りである。なお、現在のところ、むしろドラえもんズドラリーニョのほうが似ているという声は皆無である。おまけにマーケティングのプロにもインタビューをした。

ブロードバンド君のデザインをパクって参考に2112年に製造されたとされる狸もとい猫型ロボット

ブロードバンド君の主張[編集]

「ドラえもん?何それ?そんなの美国じゃ放映してないから知らないよ。デザインをパクった?愚言うなよ。ドラえもんとやらの製造は2112年だろ。こっちは2006年にはもう誕生してんだよ!!」

藤子プロの主張[編集]

うちは手塚プロなどという軟弱組織などとは異う。ブロードバンド君とは徹底抗戦の構えで行く。そのためには秘密道具で武装化したドラえもんを美国に送り込むことも厭わない。

マーケティングプロの主張[編集]

恐らく、締め切りに間に合わないことに狼狽し、ドラえもんのパクリであるコイツを書いたんでしょうね。全く度し難い。

関連項目[編集]


Suneohatsugen.JPG 悪いなのび太。この「ブロードバンド君」は3人までしか見れないんだ。 ま、のび太はドラえもんに頼むのがお似合いだけどね。 (Portal:スタブ)