ブータン

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索
ブータン王国
ཡམཏོ
320px bu-tan.png [[Image:準国章の菊花紋章|100px]]
(国旗) 国章:菊花紋章
国の標語 : なし
ブータンの位置
公用語 ゾンカ語(慣例上)英語
首都 ティンプー(慣例上)
最大の都市 ティンプー(慣例上)
国王(慣例上) ジグミ・ケサル・ナムゲル・ワンチュク
閣僚評議会議長(慣例上) イェシェ・ジンバ
面積
 - 総計
 - 水面積率
世界第128位
47,000km²
≒0
人口
 - 総計(2004年
 - 人口密度
世界第140位
2,185,569
47人/km²
政府 不明
国民的な英雄 不明
建国 ?
通貨 ヌルタム (BTN)
時間帯 UTC +6 (DST: なし)
国歌 不明
宗教 不明
国際電話番号 975
かっこ内は国王発表値


ブータンは、ヒマラヤ山脈にある、最近まで鎖国をしていた仏教国である。タンが語尾に付くからと言っても決してイスラーム国歌や萌えキャラなどではない。

目次

[編集] 外交関係

鎖国をしていたがある程度の外交はしていた。

近代では周りの国と交友があったが、他の国が近代に西洋かぶれになったので交友が少なくなり、隣のネパールとは関係があったが、15年前にブータン南部に古くから住んでいたネパール人を検閲により削除したため嫌悪されるようになり、ついには孤立した。

国王をはじめ政府首脳はとくになにも考えていないようだが、国際的には永世中立国とみなされている。一応国際連合には加盟しているらしいが、総会にたまに顔を出して静かに座っているくらいで、討議に参加したことは一度もないらしい。

[編集] 文化

白人達にとっては自分達の文化を押し付けづらいろくでもない国である。仏教寺院や伝統的な建物が多く並び、江戸時代を感じさせられる。国民は独裁政権の下で民族衣装の強制着用、非常に厳しい景観規制、欧米文明の規制等、様様な事が制限されているが、外国の状況を一切知らないためそれでも自分達は幸せなのだと信じきっている。

また、田舎であるために海外と比較されたくないために、国王は国民に関するあやふやなGNH(Gross National haggard)という物を勝手に作り出し、これが高いほど立派な国だと思い込んでいる。

仏教については非常に信仰が厚く、その敬虔さは世界1位である。これには、チベット中国に吸収合併され統計に出なくなってしまったこと、最近はタイの若者たちが軟弱で修行をしなくなったことも影響している。また、この国はタバコ禁止だ。理由は、「げほっげほっ、おま・・・煙、キツすぎ!、もう今日からもう!タバコ禁止!」と国王ワンチュクは、国内のタバコ全て炎の中へ放り込んだという。(それによって大量の煙がでたのはお察し下さい)。また、国内へタバコを持ち込めるが国王は「まーた!吸ってる!こうなったら・・・国内への持ち込みは100%関税をかけよう!」ということだ。ちなみに国勢調査で98%がある意味で幸せを感じている。残りの2%は禁煙による禁断症状で、もがいている。

[編集] 経済

20世紀後半までは完全自給自足の経済であった。近年では観光資源の開発に躍起になっているが、厳しい景観規制や欧米文化の流入制限と相容れず、まったく捗っていない。国土の北側にヒマラヤ山脈を持ちながらも、有名な山がないため、登山客すら訪れない状況である。

ヒマラヤ山脈から猛スピードで滑り落ちる雪解け水を利用して水力発電を行っているらしいが、国民はランプとかまどを使う生活をしているため需要がなく、仕方なく電力をインドに輸出している。

日本とは比較的仲がよいことが知られており、外交活動が嫌いな政府も東京には大使館を置いている。大使館員はブータングッズを販売しているが、コアなファンからの需要があり、かなりの収益を挙げているようである。そのため経済の中心は東京であると揶揄される。

ところで駐日本大使らは日本の萌えブームを知り、「ブーたん」というキャラクターを作ることを提案したが、国王が許可しなかったために実現しなかった。ブータンは5億ドル規模の経済効果をフイにしたと試算されている。

[編集] 関連項目

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「ブータン」の項目を執筆しています。


個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語