プラトン

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索
古代ギリシアの哲学者プラトン

プラトンΠλάτων (Plato), 紀元前427年 - 紀元前347年)は古代ギリシアの哲学者である。ソクラテスの弟子で、アリストテレスの師。プラトンの本名はアリストクレスである。アカデメイアという名で学校を開いたため、プラトンの後継者はアカデメイア派と呼ばれる。

[編集] 概要

プラトンとアリストテレスの思想は西欧の哲学の大きな源流となった。ドイツの哲学者のハイデガーなどは、「西洋哲学などはみんな、プラトンとアリストテレスの注釈にすぎない」と断言した。事実、ハイデガーの著作のほとんどが、ギリシア語の語源を元にしたタジャレとその解説で埋められている。

プラトンは、世界で最初の、そして最強の共産主義者である。後年、共産主義者たちは、生産手段の共有を主張したが、プラトンはその理想国家論において、人間を生産する手段である女性についても共有にすべきだと主張した。モノとヒトの生産を社会化すべきだと、性の分野で踏み込んだユートピア主義者はプラトンをのぞいては、シャルル・フーリエぐらいしかいない。彼ら以外のユートピア主義者は、大抵の場合、ユートピアの住人たちに、放埒よりは禁欲を強いたのである。

プラトンは政治の世界に挫折した後、哲学の道に進んだために、哲学の分野においても野心家であった。ある時、哲学史上ライバルになるとおもわれたデモクリトスの著作を、すべて買い占めて燃やしてしまおうと画策したことがある。当時、デモクリトスは古代ギリシアでもっとも著作の多い哲学者であった。伝説では、心ある人がプラトンの企てをなんとか思い直させたことになっているが、どうした訳か、現在デモクリトスの著作は断片をのぞいて現存しない。一方、プラトンの著作については、彼が書いた以上の数の作品が残っている。つまり多くの贋作やパスティーシュがある。プラトン、やるときはやる男である。

[編集] 著作

  • パイドン
多くの弟子たちが二次元が上か、三次元が上か、二組に分かれて激しいディスカッションを行う。ある者は、生殖の繰り返しというカルマ()から抜け出した境地にある二次元が上であると云い、ある者は、実際に触れて戯れる事が出来る三次元のほうがいいに決まってるだろと云う。最後に、じゃあお前は二次元の人間になれるのかよ、と三次元派が云ったのに対し、二次元派がああ、なれるとも!、と云った所で、金髪好きのソクラテスが現れて云い、美希タンが出てくる2.5次元アイドルマスターが最高といった結論に至る。

[編集] 関連項目

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「プラトン」の項目を執筆しています。
この項目「プラトン」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)
個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語