プラハ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索

モルダウ(ヴルタヴァ)

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「プラハ」の項目を執筆しています。

プラハ(Praha、英:Prague、独:Prag)とは、中世より現代に至るまで、世界中の人々をその美しさで魅了(英:enchant - 「魔法をかける」の意味も)し続け、永遠の輝きを放ち続ける魔法の都である。

目次

[編集] 概要

旧市街の賑い。

ヨーロッパの中心に位置するチェコ共和国の首都。旧市街一帯は世界遺産に登録されている。

ヨーロッパを例える際、しばしば頭を東に向け横たわる女神に見立てられるが、その際、プラハは女神の心臓に位置する。即ちこの街はヨーロッパ中のエネルギーが集まり、そして広げていく「ヨーロッパの鼓動の中心」であることを示している。

共産主義政権崩壊後の現代、古都の趣をそのままに残すヨーロッパ1美しい都として、人々のハートに直に語りかけ、そしてとらえて離さず、ヨーロッパのみならず世界中から観光客を集めている。近年はインターネットという現代を代表する高次魔法により、さらにあまねく世界中の人々をとらえ続けている。

「ヨーロッパの心臓」に相応しい、赤い屋根が広がる街並みをひとたび目にすれば、この街のあらゆる鼓動が五感に響きかけ、たちまちにして心を奪ってしまう。美しい、なんて言葉はこの街を語るには陳腐過ぎる表現である。その魅力は正しく「プラハ」という言葉でしか表現できようが無いと言えよう。

[編集] 歴史

[編集] 「黄金のプラハ」~第二次世界大戦

14世紀半ば、中世ヨーロッパ史上に英名を残す魔術師ボヘミアカレル1世神聖ローマ帝国皇帝カレル4世)が登場し、国力の充実、文化振興を図り、またプラハにおいては中央ヨーロッパ最初の大学であるカレル大学をの設立、カレル橋建造、都市開発及び整備を行うなど、平凡な都市であったプラハを魔法都市へと造り替え、「黄金のプラハ」と讃えられる時代を築き上げた。

16世紀後半には高い教養を備え、錬金術や占星術に巧みなことから「魔術王」と呼ばれ、おまけで神聖ローマ皇帝も務めたルドルフ2世が登場し、彼の尽力の元プラハは芸術都市としてその美しさを讃えられるようになった。

その後、オーストリア帝国支配による属州化といった雌伏の時代にもボヘミア人としての彼らの誇りは朽ちることはなく、1918年第一次世界大戦の終了によりチェコスロバキアは独立を果たす。錬金術、文化的感性という魔法力を技術力に巧みに応用することでわずかな期間に先進工業国への変貌を遂げた。

[編集] 結界

カレル4世の治世下より、プラハを護るべく結界が形成され、貴族聖職者庶民問わずプラハを愛する者達が様々な形で強化を図ってきた。ルドルフ2世の治世下にはプラハ城内に結界の高次連結化に専任する錬金術師達が招聘され、更なる強化が図られた。

とは言え、三十年戦争・属州化などの苦難の時代が降り掛かり決して結界が万全に機能したわけではなかった。しかし、そんな雌伏の時代を乗り越えつつ各世代を生き抜き、チェコ、そしてプラハを誇りとする市民達によって「美しい街並」と「チェコの文化」という魔法の2つの源泉は護られ続けた。

結界、といっても物理的な障壁となり破壊から街並を防ぐのではない。心を攻める、即ち美しき街並全体に余すところなくかけられている魔法により、古今の並居る英雄、そして歴史のうねりすらも魅了しその心を操ってしまうのである。

第二次世界大戦に際し、チェコスロバキアはナチスドイツにより解体させられ、開戦後はヨーロッパのみならず世界中の都市が破壊され、プラハもまた迫りくる戦火の中最大の危機を迎える。しかしながら、プラハの魔力はデマゴーグの天才であるアドルフ・ヒトラー、そしてスターリンという世界史に名を残す独裁者すら魅了してしまう。その結果、両者の思惑が複雑に交錯する中「プラハは破壊できない」との信念が一致し、よって戦火による被害を最小限に留めることができた。だが、天文時計がある旧市庁舎はドイツ軍爆撃を受け、現在も未修復のままである。[1]

[編集] 第二次世界大戦後~現代

世界大戦後、チェコスロバキア社会主義陣営に組み込まれ、無骨で非感情的な共産主義的都市計画の前にプラハの街並みは第2の危機を迎える。しかし、既にプラハに魅了されていたスターリン、そしてチェコスロバキア共産党員達には街並みを改造することは出来ず、中世以来の美しい街並みはそのまま残されることとなった。

それから40年余りにわたる共産政権下の冬の時代にあってもプラハの街並み、そしてチェコスロバキアの文化は人々の誇りとして心の支えとなり続けた。民主化の1968年の「プラハの春」では挫折を味わうも、1989年、無血革命として世界史上に永遠に栄誉として語り継がれるであろう「ビロード革命」において達成された。

民主化後、年間6千万人もの観光客がこの街を訪れ、この街に魔法をかけられ続けている。

2008年には、持ち前の雄弁で人々の心を掴み、アメリカ合衆国大統領に就任したバラク・オバマが就任直後の演説の舞台にプラハを選んだのも、プラハの魔法力を自らのアピール能力と共鳴させることにより、世界中に増幅して自らの魅力として伝えようとの意図があったと思われる。

[編集] 観光案内

この街ではイチローならずとも、皆こうなってしまう。
プラハ分摂取完了。繰り返すがこの街では皆こうなるので誰も気にしない

旧市街入口にある火薬塔より中央広場を経由し川辺に抜け、プラハ城までの2.5㎞の道のりは「王の道」と呼ばれ、約4世紀にわたり歴代の王が戴冠パレードを行ってきた道であり、現在のプラハ観光のメインルートともなっている。

王の道一帯には世界中から観光客が訪れ、土産物屋・飲食店が軒を連ね活況を呈し、また大道芸人やストリートミュージシャン、絵描き達のパフォーマンスが皆を楽しませる。この道を歩けば、如何にこの街があまねく人々に愛されているかがわかるであろう。激動の時代にあってもその気品を失うことのなかった中世さながらの街並みを闊歩し、街が刻み込んできた歴史を堪能しつつ街中の魔法分をとりこんでみてはどうだろうか。

ただ、体が馴れないうちは急激な高純度の魔法分の多量摂取でテンションが上がりまくるだろうが、ここではそんな人は珍しくもなんともないなので誰も気にしない

[編集] プラハ国民劇場

プラハ駅の近くにあり、大通りの起点にそびえ立つ。チェコ文化の基盤でもあり、旧市街の東より魔法を発動し続ける。ここでは毎晩のようにコンサートオペラバレエ演劇といったチェコの土壌、そして人々が育んだ数々の魔法が幻想的な時間を提供してくれる。チケットは入手困難な魔法じかけのプラチナ製・・なんてことはなく、大概の公演は劇場にて当日券が容易に入手でき市民・観光客問わず手頃な値段で観賞できるのは魔法みたいな本当の話。

[編集] ヴァーツラフ広場

国民劇場近くにある国立博物館より長さ750m、幅60mにわたる大通りであり、プラハ1の繁華街。1968年の「プラハの春」、1989年の「ビロード革命」の舞台ともなったため、歴史映像等で眼にしたことがあるかもしれない。中央部が公園になっており測道沿いに気ままに散歩できる。駅より旧市街へ向かう観光客のみならず、チェコ人の歴史にとってもまさに道標とも言える。

[編集] 旧市街広場

ヨーロッパの心臓とも称されるプラハの心臓部。広場の中央にて15世紀の宗教改革者ヤン・フス像が街を見守り続けている。彼の像を中心に魔法陣が幾星霜を経て多次元的に連結化されている。そんな高純度の魔法分が介在するエリアを訪れても大丈夫なのかと不安になるかもしれないが、ここは様々な魔法磁場が調和し合っているため賑やかでありながら穏やかな場所である。旧市庁舎にある天文時計には毎正時前には多くの観光客が詰めかける。

[編集] ヴルタヴァ川

旧市街広場を抜け、観光客達でごった返す通りを抜けると、急に視界が開け、目の前にヴルタヴァ川が広がり、対岸にプラハ城を据えつつただずむ、というプラハのイメージ通りの壮観が現れる。この川はプラハ市街の中央を流れ、プラハの魔法力、そして市民・観光客達の街への愛情によりともすれば過熱しかねない街にあって、その気品漂う穏やかな流れにてそれらをクールダウンさせる役割を果たしている。プラハ城を眺めつつ川辺で一休みし、心を落ち着かせては、と言いたいところだが眺めの優雅さには興奮と感動を止めるのは無理な話であろう。

[編集] カレル橋

15世紀に完成した全長520m、幅10mヨーロッパ最古の石橋。橋の両側に並べられた聖人達の像の魔力と加護を受けているため、決して朽ちることはない。観光客、商人、演奏家、絵描き達で橋の上と思えない程賑わう。橋の中ほどに掲げられている聖人ヤン・ネポムツキー像の彫刻には彼の魔力が高純度で析出されているため、数百年たった今でもピカピカである。そのため彫刻に直に触れることで僅かながら魔力を授かることができ、その時に念じた願い事が叶うと言われている。

[編集] プラハ城

プラハ城から旧市街を望む。
カレル橋を過ぎ、坂道をしばらく登っていくとプラハ城に到達する。カレル4世の治世下完成したその偉容は、宮殿や教会のみならず博物館や美術館もありまさに魔法都市の砦に相応しい。聖ヴィート大聖堂のステンドグラスには「ほえ〜、魔法ってすごいもんだ」と感嘆することうけあい。

[編集] 展望台

プラハ城の南にある丘(ケーブルカーで登れる)にある展望台から、赤瓦の屋根が広がるプラハの街並みを堪能できる。旧市街の外にあるため、ここからは旧市街とプラハ城の全景を同時に一望できる。その眺めのあまりもの美しさに思わず思考、そして心臓の鼓動すら止まり、その場から離れることができなくなる。「息を呑む」とはまさにこのことを言うのかも。ここはまさにプラハ観光のクライマックスに相応しい。だからと言って決して「時よ止まれ、お前は美しい」などと叫んではいけない。きっと魂を取られてしまうことであろう(とはいえとっくに心は奪われているかもしれないが)。

[編集] 魔力が込められた技術

[編集] 建築

プラハには、「百塔の都」「建築博物館の街」という別称もある。中世以来の様々な建築様式が魔力を媒体とし見事に調和しあい結界のさらなる高次連結化の礎となっている。

[編集] 工芸品

チェコを代表する工芸品であり、世界に名高いボヘミアングラスはプラハの魔法力を錬金術師や職人達が魔法工学の粋を駆使して凝集し結晶化させたものである。その宝石のような気品漂う美しさ、芸術性はあえて語るまでもないであろう。

[編集] 音楽

プラハには、「ヨーロッパの音楽学院」という別称もある。後述するモーツァルトスメタナを始めとした世界的な音楽家がこの街をこよなく愛し、この都市に散りばめられた魔法を旋律化させることにより、世界中の人々を永遠に魅了し続ける傑作を誕生させた。現在も広場や屋敷にてミニコンサートが毎日のように催されて、人々の心を楽しませている。毎年5月には音楽祭「プラハの春」が開かれプラハ中でコンサートが催される。

プラハはまた、世界中の才能ある若者達が未来の大音楽家を目指しこの地に足を踏み入れる、音楽留学の舞台としても知られている。

ドラマのだめカンタービレ」でも出だしにプラハが登場するが、留学先はなぜかプラハではなく寧ろ芸術ファッションの本場と言うべきであるパリ、という設定を取っている。映像作品として興行的な成功を収めた同作品であるが、知名度が高く視聴者の食いつきが良さそうなパリ、なんて安直な発想でなく、魔法音楽都市プラハを舞台に選んでいれば不朽の名作となっていたかもしれない。

[編集] プラハに魅了された者達

列挙するときりがないので、世界的な有名人のみを挙げる。

[編集] モーツァルト

ご存知、不世出の大作曲家。プラハをこよなく愛し、生涯幾度もプラハを訪れた。彼を採り上げ1984年アカデミー賞を獲得した映画「アマデウス」では、ユーモラスなストーリー、美しい音楽をアクセントに撮影舞台となったプラハの美しい街並が余すところなく登場し、観客を魅了する。ん?誰だ、妻コンスタンツァのおっぱいとモーツァルトがオルガン演奏の締めにをかますシーンしか覚えていない、なんてのたまう御方は。

[編集] スメタナドヴォルザーク

「モルダウ(ヴルタヴァ)」で有名なスメタナの「我が祖国」、ドヴォルザークの「スラブ交響曲」「新世界交響曲」は聴いたことがない者はいないであろう。ドヴォルザークはまた「交響曲第8番」にてプラハの魔力を旋律化している。「チェコ人の生命は音楽の中に」(スメタナ)との信念のもと、まさに心血を注ぎ作り上げた名曲の数々は世界中の人々の心に直に響く。まさにチェコ、そしてプラハが織りなした魔法の中でも最高傑作と言えよう。

[編集] ソリッド・スネーク

ご存知、エクストリーム・かくれんぼ永世王者。プラハを舞台にした2008年隠れんぼ大会に参加し活動するうちにやはりプラハに魅了されてしまい、後に街の只中に段ボール製の別荘(移動式)を構えたとか。

[編集] 脚注

  1. ^ 天文時計が狙われたのは、「プラハの美しさを時を止めて永遠に残し続けたい」との思惑が思わぬ形で暴走してしまったがゆえかもしれない。

[編集] 関連項目

[編集] 外部リンク

個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語